FC2ブログ

ペーパームーン

主に大人になって習い始めたピアノについてのブログです。 その他日常雑記。腐女子のため、たまに内容注意(笑)

本当はレッスンの記事を書こうと思っていたのですが、
感動が薄れないうちにフィギュアの四大陸選手権のことを書くことにしました。
最近フィギュアの記事ばかりですね


一昨日の土曜日から3日間に渡って四大陸選手権が行われました。
日本からは真央ちゃんと、村上佳菜子ちゃん、鈴木明子さんの3人が出場だったのですが、
なんと言っても真央ちゃんが3A(トリプルアクセル)を入れてくるだろう大会ということで、
個人的にすごく楽しみにしていた大会でした。
今シーズンずっと3Aを封印していましたが、年末辺りから仕上がって来てる様子が伺え、
世戦前に思い切って試せるチャンスのこの四大陸で試さないはずがないと思っていましたが、
思いがけず、ショートとフリーの両方に3Aを、さらにフリーは信じられないことに
3F-3Lo(トリプルフリップ-トリプルループ)も入れるという、
予想の斜め上を行く挑戦の情報が入って来て、俄然テンションが上がりました!!
3Aは毎年跳んでいましたが、3F-3Loは試合では4年ぶりくらい?
もうもう、早く試合が見たいぃ~!と、じだんだを踏みたい気持ちになりました(笑)。
しかし、ショートのあった土曜日はレッスンの日だったんですよね~
一瞬、先生にお願いして日にち変えてもらおうかと大人げないことを考えましたが(笑)、
いやいや、TVの放送は夜だし、実際の試合時間の時は夕方のレッスン前の練習の時だから、
携帯で実況版で結果見れる!と思い直し、当日は練習室でドキドキしながら携帯と睨めっこ。
「真央ちゃん、ジャンプノーミス!アクセル降りた!!」の文字に、
思わず飛び上がってガッツポーズしました!
すごく良い演技だったことをその後の内容で知って、これは絶対見逃したくなかったので、
先生に今日は早めにレッスン切り上げてもらうようお願いして猛ダッシュで帰宅!
(私が真央ちゃんファンなのはよくご存知なので笑いながら快く了解してくれました・笑)
ゆっくりTVで見れたのですが、予想以上にショート素晴らしかった
3Aの助走短い!高い!幅がある!――完璧な3Aでした
久しぶりの3Aに会場中が固唾をのんで見守る中助走態勢に入り、ふわりと高いテイクオフ、
着地した瞬間怒涛のような歓声があがり、思わず鳥肌が立ちました!
真央ちゃんすごい!!!!
その後のジャンプも危なげなく決め、アクセルの成功で気持ちがノってるのがわかる
いつもの以上にキレキレのステップを踏んでフィニッシュ!
本当に久々のガッツポーズも出て、本当に久々の心からの真央ちゃんスマイルを見れて、
なんだかもう泣けてしかたなかったです、真央ちゃん~~涙涙
そして、興奮も冷めないうちに迎えたフリー、放送はまたもや録画で夜放送だったので、
リアルの試合時間にはネットにはりついたのですが、前日以上にドキドキしました
いやだって、3Aと3-3(←しかも3F-3Lo)を同時投入ですよ、
リロードをクリックする手がちょっと震えました
3Aは両足着氷、3S(トリプルサルコウ)が2S(ダブルサルコウ)になったものの、
3-3は着氷、他のジャンプも成功とのことで、3-3着氷聞いただけでもう泣けてきました
実際TVで見てもうボロ泣き
惜しくも2ndがアンダーローテ(←ダウングレードまでいかない回転不足)取られましたが、
試合で3F-3Lo見れただけで、もう(>_<)!
キムヨナのせいで2ndループ(←3-3の2ndジャンプの3Lo)が奪われてから苦節4年、
またあのフリップ-ループが試合で見れて本当に本当に嬉しい~~泣泣泣
いやでも、3Aと3F-3Loの同時投入で、しかも4年ぶりの3F-3Lo投入で、
しかも密度の濃いあの白鳥プロで、よくあそこまでまとめたと思います。
真央ちゃん、本当にすごい!!!!!
構成上げての初戦でここまでやれたら上出来だと思います。
細かい取りこぼしはありましたが、滑り込んでさらに良くなっていくでしょうし、
世戦がさらに楽しみです
セカンドループの認定来て~!

しかし、採点はやっぱり今回も納得がいかない(-“-)
真央ちゃんに厳しいと思わずにはいられません。
3Aの両足着氷はともかく、2A-3T(ダブルアクセル-トリプルトゥループ)の
2ndの3Tのアンダーローテは絶対納得いかない、どう見ても足りてるだろこれ
3F-3Loのセカンドループのアンダーローテも厳しい。
認定されてもおかしくないレベルに見えるんだけどな、これも(90度以内の不足に見える)。
ISUのジャッジの規定では、疑わしきは選手の利益に(なるようにジャッジをする)、
ということになっているのですが、真央ちゃんの場合、ちょっとでも微妙だと即落とされる。
意地でもセカンドループは認定しない気かもしれませんが、
今はダウングレードの前にアンダーローテという救済項目も出来て、
回転不足取られても以前ほど大ダメージはないので、
もうジャッジを気にせずどんどんセカンドループ跳んでいけば良いと思います。
ジャッジに見せつけてやれ、真央ちゃん~!!







しかし、高難度への挑戦はやっぱり燃えますね!

スポンサーサイト



2013.02.12 00:10 | フィギュアスケート | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示