FC2ブログ

ペーパームーン

主に大人になって習い始めたピアノについてのブログです。 その他日常雑記。腐女子のため、たまに内容注意(笑)

少し遅くなりましたが、一昨日の日曜日に堂島倶楽部(堂島ホテル内にあるバー)で、
またまた大阪フィルの佐久間さんたちの演奏会が久々にあったので行ってきました(^^ゞ
出演者は、ヴァイオリン:佐久間聡一さん・田中美奈さん、
       チェロ:織田博嗣さん、
       ピアノ:藤井快哉さん
プログラムは、


  ・タルティーニ/ヴァイオリン・ソナタ ト短調(悪魔のトリル)
  ・シューベルト/ピアノ三重奏曲 第1番 第2楽章
  ・クライスラー/テンポ・ディ・メヌエット
         /プニャーニの主題による前奏曲とアレグロ
         /ジプシーの女
         /シンコペーション
  ・モシュコフスキー/2つのヴァイオリンのための組曲

  ≪アンコール≫
  ・バッハ/2つのヴァイオリンのための協奏曲(ドッペルコンチェルト)第2楽章
  ・アイルランド民謡/ロンドンデリーの歌


本当に久々のコンサート、ものすごく楽しかったです❢
佐久間さんたち相変わらずの和やかムードのコンサートで、
そんな雰囲気の中で佐久間さんたちの音楽を聴いて、ホント生き返った気分です(笑)。
やっぱり生演奏聴くの好きですね~♪
今回のメインはなんと言っても悪魔のトリルでしょうか。
これ、すっごく好きな曲なんですが、なかなか聴く機会ってなくて、生で初めて聴いたかも!
今回、佐久間さんが力を入れて弾いてくれたのでとても嬉しかったです(^^♪
長原さん(大阪フィルのコンマス)のガツンとくる演奏をCDで聴いたことがあるので、
ちょこっと物足りない気はしましたがそれでも素敵でした~
佐久間さん音がすごく柔らかいので余計そう思っちゃったのかもです。
でも、後半のクライスラー、佐久間さんと美奈さんが2曲づつ交互に弾かれたのですが、
男性なのに柔らかい音の佐久間さんと、女性なのにちょっと太くて力強い音の美奈さんの
お2人の対比が面白かったです♪美奈さんカッコイイなぁ(笑)!
時間結構オーバーしてたのにアンコールも2曲して下さって、
とてもたっぷり聴かせて頂いたコンサートでした♪
しかし、次にコンサートに行けるのいつだろう…(涙)。

ちなみに、悪魔のトリルは下の動画の曲です。全部は長いので少しだけUP♪
とても有名なのになぜあまり演奏されないんでしょう…??
難曲で有名ですが、ツィゴイネルよりは難度高くないと思いますし、
負けず劣らずの名曲だと思うんですけど…謎です(笑)。




スポンサーサイト



「悪魔のトリル」初めて聴きました。
素敵な曲ですね♪
切ない旋律の中にドラマティックな要素もあり好きな曲調です。
クラシックのコンサートって行ったことが無いのですが、
聴いてる内に何だかとっても行きたくなりました。

ホテル内のバーでのコンサートってオシャレですね☆
バーっていうとジャズって感じがしますが、
クラシックも素敵でしょうね。
かなり癒されたようで良かったです。
また練習頑張れますね(^^)/

2011.06.15 12:23 URL | すい☆ #- [ 編集 ]

「悪魔のトリル」、素敵な曲ですよね~i-189
これも大好きな曲ですが、なかなか演奏されることがないのが残念ですi-201
好きな曲なので、すい☆さんが気に入って下さったようで嬉しいです(^^♪
きっかけがないと、コンサートってなかなか足を運んだりしませんが、
ぜひ1度生演奏を聴きに行ってみて下さい^^;

ホテルのバーでもコンサートも、また雰囲気が違って良いですよ♪
ジャズも場所柄似合ってすごく素敵だと思いますが、
クラシックも意外と合ってとても素敵ですi-189
久々にクラシックの生演奏を聴いてすごく癒されて帰ってきました(^^ゞ
ホントに、これでまた練習頑張れそうです~(笑)

2011.06.15 21:27 URL | エラニユース #ZB19ZV5w [ 編集 ]

こんばんは。
「またまた」とか言ってますけど、久しぶりですよね?
最近、エラニユースさん、演奏会記事ないな~って(笑)

悪魔のトリルって私は知らなかったのでどんな怖い曲だろうと思いましたけど、素敵な柔らかい曲ですね♪
私的にはジプシーの女とかバッハとか聴きたいかな~。
よく「バー」とおっしゃってますけど、そうおうこじんまりした所だと、直接お話出来たりするのですか?

2011.06.15 23:56 URL | らべんだ~ #iydQorAY [ 編集 ]

生演奏はやっぱりいいですね。私も行きたいなあ。
7月まではスケジュールいっぱい入っていて無理っぽいです(涙)

「悪魔のトリル」って、夢の中に悪魔が出てきてヴァイオリンを弾いて、その演奏がこの世のものとも思えぬほどすばらしかったので、夢から覚めたタルティーニが夢中でそれを五線紙に書きとめた、という有名なエピソードがある曲ですよね。
昔はもっと頻繁に演奏されていたかもしれません。
私は学生時代に、グリュミミオーという往年のヴァイオリニストの昔の録音でよく聴きました。グリュミオーは1985年に亡くなった人ですが私の大好きな演奏家の一人です。ベルギー出身で、とても美しい音色で有名な人でした。
それにしてもエラニユースさんって、ホントこういう路線の曲がお好きですよね(笑)

2011.06.16 08:54 URL | 私はタワシ #5eVrhZok [ 編集 ]

たわしさんへの横レスになるのですが、

若い頃、夢の中で、聴いたこともない(はずの)シンフォニーが響くことがありました。
目が覚めて「いい曲だったよな」とは思うものの、私ではまったく書き表しようがない(笑)。



ふーん、「悪魔のトリル」って、

>夢の中に悪魔が出てきてヴァイオリンを弾いて、その演奏がこの世のものとも思えぬほどすばらしかったので、夢から覚めたタルティーニが夢中でそれを五線紙に書きとめた

そういう曲なのか。
そういや私の夢の中でも、初めて聞くような音楽が流れるよな。
結構、いい曲だよ。たぶん有名なものなのに、私が音楽に無知だから、どこで聴いた誰の曲か忘れてるだけなんだろう。
でも、ひょっとして、本当に自分で無意識に作曲してたりしてないかな。
小学一年生の時、ハーモニカで挫折して以来、
音楽には縁がない人間と思ってきたが、作曲の才能があったのかもしれないぞ。
音楽から逃げてきて、人生を誤ったかな。
頭の中に鳴り響く、あのシンフォニー。五線譜に書き表せたら、私だって作曲家。
あれを指揮してみたいな。まあ、それこそ夢だ、ははは。

「その願い、かなえてやってもいいぞ」
「なんです、いきなり。あっ、あのときの悪魔さん。私の魂はしょっぱすぎて要らないって言いましたよね」
「お前の魂はいらん。だが、ギャグの修行を手伝ってくれ」
「ギャグ?って、あの『塩パン』ですか」
「くだらんと思った。だがな、ヒラ悪魔からパワーアップするために怪王さまと言う方に修行をお願いしたところ、ギャグのセンスがないやつには教えてやらんと言うのだ」
「カイオウさまでギャグですか。なんかベタに、なつかしのアニメやってませんか」
「気にするな。ともかく宿題は『悪魔のトリル』だ。これでオヤジギャグを考えてくれ」
「悪魔の心も震えるとなれば、やぱりあの話でしょ。節子には亡くなる前には、なめさせてやりたかったですよね。泣けましたよ」
「なんだそれは」
「火垂るの墓ですよ。ね、『サクマのドロップ』」
「アクマノトリル、サクマノドロップ。ほとんど似とらんじゃないか」
「ち、ち、ち。これだから素人さんは。駄洒落はあんまりきれいだとつまらない」
「そういうものか?」

例えばですよ。
ある少年がバイオリンを習っている。
好きではじめたのではないが、
おかあさんが諏訪内○子クラスの有名バイオリニスト。
母親はできて当たり前に思っている。
けれど才能がないことが本人は分かっている。
今の課題は「悪魔のトリル」。
難曲。どうしても満足できる演奏にならない。
毎日が辛い。けれど少年は母親の愛を求めている。
バイオリンさえ上手になればボクはお母さんに愛してもらえるのに。
そこでつい、悪魔と契約してしまうんですね。
魂と引き換えに少年は超絶技巧を手に入れます。
「天才バイオリン少年現る」と大評判。引っ張りだこ。
毎日の演奏会は超満員。
本人はもちろん、おかあさん、大喜び。
でもね、子供です。学校の勉強もしなきゃならない。
「こんな問題もできないのか!」
今度は学者のおとうさんがヒステリー。
だから、演奏と演奏の間に、問題集を解かなければならない。
ああ、なんでボクはこんなに算数が苦手なんだ。
算数さえできたらボクはおとうさんに愛してもらえるのに。
「あーはははは。両親の愛が欲しいと、ただそれだけ言っておけばよかったものを」
悪魔はほくそ笑んでいるというわけですよ。

「それがどうした」
「幕間のドリル」
「…確かにな。あんがいつまらんな。それに比べると、悪魔のトリルとサクマのドロップ。ぐふ。なんか面白い気がしてきた。よし行ってこよう」

で、どうなったか。まだ私は作曲家デビューできないようです。

2011.06.16 19:36 URL | とびたか #FMkYlHcw [ 編集 ]

確かにすごく久々に行きましたが、今まで何度か、
堂島倶楽部での佐久間さんたちのコンサートに行ってるので、
「またまた」という表現になりました(笑)。
仕事が忙しくてず~~~っと行けてなかったのですが、
やっと少し落ち着いてきましたi-229

あはは、曲名だけみるとなんだか恐ろしげですよね~(笑)。
でも綺麗な曲です♪2楽章はカッコイイし♪♪
ジプシーの女もバッハも素敵でしたよi-189
バッハもやっぱり良いですね(^^♪
バーは、佐久間さんたちがよく演奏されるので行くのですが、
いつも終わったあと挨拶しに来て下さるんですよー♪
もちろん他のお客さんたちのところにも(少人数だからできることですよね)。
その時に少しですがお話できます^^;
佐久間さんとても気さくなので、
座り込んでおしゃべりして下さることもあります♪
演奏者とお話なんてなかなか出来ない体験ですね^^;

2011.06.16 22:17 URL | エラニユース #ZB19ZV5w [ 編集 ]

生演奏、やっぱり良いですよ~♪
落ち着いたら、ぜひぜひ聴きに行ってみて下さい^^;
別にお酒頼まなくても大丈夫ですので(笑)。

さすがタワシさん、良くご存知ですね! そうです、その曲です♪
さらに、出来あがった曲を聴いて、すごく綺麗なのに、
「夢の中で聴いた曲はもっと美しかった」とつぶやいたという伝説があります(笑)。
タワシさんも良く聴かれてたんですね♪
グリュミオーという方は知らなかったので、動画探して聴いてみました!
悪魔のトリルはなくて他の曲を聴いたのですが、
細くて綺麗な音ですね~i-189i-189
まだ1曲聴いただけですが、他の曲も聴いてみたくなりました^^;
しかし、こういう路線の曲、すっごく好きなんですよー。
分かりやすいですね(笑)

2011.06.16 22:34 URL | エラニユース #ZB19ZV5w [ 編集 ]

やっぱり面白いです~笑笑!
サクマノドロップって(笑)。
何気に佐久間さんにもかぶってるし~笑
でも、火垂るの墓最初の方ちょろっとしか見てなかったので、
私も最初???でした(笑)(←なんだかつらくて見てられないんですi-201

しかし、とびたかさんも夢の中で音楽が鳴ったことがあるんですねー。
音楽の道に進んでいたら、今頃は大作曲家だったかもですね(笑)

2011.06.16 22:47 URL | エラニユース #ZB19ZV5w [ 編集 ]

エラニユースさんにとっては、久しぶりだったかも^^
お疲れのようでしたので、リフレッシュできよかったですね!
バーのコンサート素敵だなって、いつも思っています♪
悪魔のトリル~ 聴き惚れてしまいます^^
バイオリン憧れます…
エラニユースさん、はじめてくれないかな~^^

2011.06.17 23:19 URL | florally #- [ 編集 ]

コンサート、本当に久々だったんですよ~i-201
久々でとても楽しかったです♪
思いっきりリフレッシュして帰ってきました(笑)。
バーのコンサート、演奏者との距離が近いし、
1人1人の音が良く聴こえるのですごく良いですよ^^;
今回のメインの悪魔のトリル、とても素敵でした!
florallyさんもあいおりn気にいって下さったようで嬉しいです♪
バイオリンはとても好きなのでやりたいのですが、
今は時間ないしピアノでいっぱいいっぱいなので(汗)。
でも、いつか絶対やりたいです(^^♪

2011.06.18 20:00 URL | エラニユース #ZB19ZV5w [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://magdal07.blog130.fc2.com/tb.php/202-3f5747fa