ペーパームーン

主に大人になって習い始めたピアノについてのブログです。 その他日常雑記。腐女子のため、たまに内容注意(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
久しぶりに、フィギュアの記事です。
フィギュア記事は本当に久しぶりですが、別に真央ちゃんが嫌いになった訳ではありません。
ただ、フィギュアに関してはもう、怒り疲れちゃったというかなんというか…
ちょこっとはマシになってたかと思ってたのに、世界選手権での某選手に対するあの採点。
あの構成であの点数でちゃうのですか、ジャンプもそうだけどあのスピン、ステップで?
ショートの時についてたエッジエラーがフリーで取れてる、
皆が何年も苦労して修正してくるエッジを1日で修正しちゃった訳ですか、
直ってないように私には見えましたけど、プロの目で見ると直ってるんですね、ふ~ん。
繋ぎがすごく薄いように見えましたけど、これもプロの目で見ると違うんですね、ふ~ん。
3-3の2ndグリッてるように見えましたけど、これもプロの目では違うんですね、ふ~ん
ISUはもう勝手にやってくれって感じです。
真央ちゃんがいなくなったらもう知りません。
こんな行き過ぎた偏向採点やってて、フィギュア人気が盛り返すと本気で思ってるのか?
しかもいくつか目にしたコラムで、素人はごちゃごちゃ言わず選手の演技だけ純粋に楽しめ、
的な記事があったりして開いた口がふさがりません(呆)。
ファンが納得のいく公正な採点こそスポーツの肝だと思うのですが、
そこらへんを肝心要のISUがまっっったく分かってない。
頑張ってる選手には申し訳ないですが、
どんなに頑張ってもISUが勝たせたい選手しか勝てない。
そんなおかしな競技はもうつぶれてしまって良いのではとすら思います。
真央ちゃんが今シーズンでの引退を表明してるので、そこまでのお付き合い。
その後はもう勝手にやって勝手につぶれて下さい。
って、うわ、怒り疲れたとか言いながら、書きながらまた怒りがぶり返してきました。
いけないいけない、こんなことが書きたいんじゃなくて


気を取り直して。
あと一週間でジャパンオープン、シーズン開幕が迫ってきています。
いろいろ情報も出てきていて、それを記事にしようとは思っていたのですが、
ISUに怒り疲れた私はイマイチ気分が盛り上がれてなかったんですよね
でも、この直近になって真央ちゃんのフリーの練習動画があがってきて、
俄然テンションあがりました
ショートとエキシはTHE ICEでお披露目済みなんですけど、フリーはJOで初披露。
練習動画は最後のステップのところなんですけど、カッコいい~!!
音楽のない、滑る時の音が聞こえる動画もすごく良いのですが、
フリーで使うラフマニノフのピアノコンチェルト2番の音源を合わせたものが、
もうすごくぴったりでものすごくテンションあがりました!
動画主が自分で合わせたもので本当にこの部分でステップなのかは分かりませんが、
このピッタリ具合からして可能性は高いのではないかと期待でわくわくします
早くフリー全部見たい!!と久々にスケート熱あがりました(笑)。
ジャンプの調子もものすごく気になるところですが、
THE ICEでもトリプルアクセル挑戦してましたし、悪くないのではと思います。
泣いても笑っても、あと一週間でオリンピックシーズン開幕。最後のシーズン。
悔いの残らないシーズンになるよう祈るのみです。
でも、試合で見れなくなるのはとても寂しいですが、このシーズンが終わったら、
後はショーなどで自由に伸び伸びと大好きなスケートを滑らせてあげたい、
ともファンとしては思います。複雑
なにはともあれ、オリンピックシーズン突入。
真央ちゃんはじめ選手の皆さん、怪我なく、悔いのないシーズンが送れますように。




ホントにカッコいい!フルで早くみたいぃ~!



ちなみに、真央ちゃんの今シーズンの曲目は、

  SP:ショパン『ノクターン第2番(夜想曲)』
  FS:ラフマニノフ『ピアノ協奏曲第2番』
  EX:チャップリン『スマイル』


小手先のことをしないものすごく真央ちゃんらしい選曲だと思います。
どんなプログラムに仕上がっていくのか本当に楽しみです。
ただ、以下のようなハードスケジュールなので、それだけが心配です

   10/5         ジャパンオープン
   10/18~10/20  グランプリシリーズ スケートアメリカ
   11/8~11/10   グランプリシリーズ NHK杯
   12/5~12/8    グランプリファイナル(予定)
   12/21~12/24   全日本
   1/20~1/26    四大陸選手権(←多分出る)
   2/20~2/22    ソチオリンピック(フィギュア女子、予定)
   3/24~        世界選手権(予定


本当になんてハードスケジュール
この合間にショーなどもこなすので、シーズンが始まればホントに休む暇ないかも。
本当に、怪我だけはしませんように…祈祈

スポンサーサイト
2013.09.28 13:29 | フィギュアスケート | トラックバック(-) | コメント(4) |
記事と言うかつぶやきです(笑)。
6月から始まった今年のB’zのライブツアーが、
昨日の横浜の日産スタジアムで無事に幕を下ろしました。
久しぶりのプレジャーツアーで、私も久々に参戦できましたし、
節目の25周年ということでとても盛り上がってもいたので、
終わるのはかなり寂しいなぁ(>_<)
でも、3ヶ月の長い間に渡ったツアーが無事に終わって本当に良かったです。
B’zのお二人のお体だけが本当に心配でした
しばらくはぜひゆっくりされて下さい。
そしてまた、次に向けて動き出されることを楽しみにしてます^^
動画でLIVE-GYMのエンディングテーマ、『ひとりじゃないから』を見つけたので、
今日はこれを聴いて余韻に浸ろうと思います。
これ、ライブの最後に流れる曲で、皆で口ずさめるようにと、
LIVE-GYMのテーマ曲として作られた曲です。
これ大好き♪

稲葉さん、松本さん、本当にお疲れ様~!



しまった、これ聴くと余計寂しくなるかも~涙


ところで、一昨日のB’zの誕生日に続いて、今日はなんと稲葉さんのお誕生日です。
49歳のお誕生日おめでとうございます!!
あの姿で49歳なんてホントに信じられない…汗汗
それは置いておいて、これからの1年が稲葉さんにとって最高の1年になりますように。
これからもずっと応援してます♪


2013.09.23 10:26 | B’z | トラックバック(-) | コメント(4) |
昨日はピアノのレッスンの日だったので行ってきました(^^ゞ
前回のレッスンレポをサボってしまったので、ちょこっとそれも入れつつ書きたいと思います。
ただ、インベンションの弾けなさに凹んで帰ってきて気分ちょっと沈んでますので、
とてもあっさりしたレポになるかも…汗
とりあえず今回は、ハノン、プレ・インベンション、ブルグミュラー、インベンション、
そしてブルグミュラーのアラベスク(アンサンブル版)。


【ハノン 41番 変ホ長調、変イ長調~ヘ短調】
変ロ長調、ト短調、ハ短調は前回合格したものの、変ホ長調だけ不合格で残ってたので、
それと変イ長調~ヘ短調。
前回もそうでしたが、どれも上りは良いのに、下りの指くぐりのところで音を外す…汗
片手ずつやれば出来るのに、両手になると途端に動きが崩れる。
もっとすっと動かしてバタバタさせないこと。
という訳で、3つとも持越しー


【プレ・インベンション 5番】
4番は前回持越しなしで合格頂いたので油断してたら、5番ちょっと難しい…
テーマの終わりと入りが右手と左手で重なってるところ、入りの方もっとはっきりと。
あと、3段目のシ♭の復活するところから♭落とさない。
調を分かって弾いていれば落とすことはないので、常に調を意識すること。
(先生に部分部分の調を聞かれたけどしどろもどろ・汗。でかでかと書かれる)
次回もう一度やりましょう、ということで持越しー
しかし、インベンションは難しいですが、プレは意外なほど楽しいです♪
きっとレベルが合ってるんだろうなぁと思いました


【ブルグミュラー パストラル(牧歌)】
アラベスクは前回合格を頂いて、今回は苦手なのどか系のパストラル。
案の定ハマる(爆)。
右手もう少しレガートで左手の刻みもう少し柔らかく。のどかな感じで。
16小節目の右手、一番最初の音は前から続くメロディの終わり、
2音目から改めて始まる感じなので、1音目と2音目繋げない。
2音目から改めて弾きなおす感じ。
左手のシシシラソファから右手のミミミレドシと呼応してることに注意。
という訳で、やっぱり持越しー


【インベンション 14番】
覚えずらい上に弾きにくい…!!特に左手、なんでこんなに動かないの~泣泣
練習ではもうちょっとマシに弾けてたはずなのに、
先生の前でちょっと緊張した途端、ボロボロとボロが出た(汗汗)。
突っかかるわ止まるわで、こんなに弾けなかったっけ、と久々にかなり凹みました
先生の方は、まぁまだ時間ありますから、とちょっとまだのんきモードでしたけど
先生からの注意は、必死でずらずらと弾かずスラーのところで区切りをつける、
強弱をもう少し意識してもう少しニュアンスをつける、
右手と左手、メロディーがどう受け渡されていくか意識すること。
次回はもうちょっとマシになるよう練習します、すみません先生~(>_<)


【アラベスク アンサンブル版】
やらないつもりで油断してたら、「これもちょっと弾いておきましょうか^^;」と先生…汗
しばらく練習してなかったので結構焦りましたが、なんとか弾けてホっ
やっぱりのんびり~なパストラスよりアラベスクの方が好きです。弾いてて楽しい!
ただ、最後のところ、やっぱり両手びしっと揃えるように。左手ちょっと転んでると注意。
ただ両手でミレドシラって弾くだけなのに、なんでこんな弾きにくいのか
片手づつだったら問題ないのになぁ。



しかし、インベンション泣きそうなくらい弾けません…汗汗
11月の発表会が近づいてきてるのに間に合うのか?!
1番もなんて話も出てましたが、そんな寝とぼけたこと言ってる状況じゃなくなりました。
先生に交渉して、11月の発表会はインベ14番とアラベスクのアンサンブル版の2曲に。
ホントはこれでも短いので、もう1曲インベンション1番もという話だったんですけどね
とりあえず、アラベスクは8月の発表会でやってほぼ出来てるので、後はインベ14番。
集中して頑張ります~
先生、不甲斐ない生徒ですみません~

2013.09.22 10:38 | ピアノ | トラックバック(-) | コメント(2) |
タイトルで誰の誕生日かとお思いでしょうが、実はB’zのです。
今日で結成丸25年。
25年前の今日、この奇跡のバンドは結成されました。
ファンになって二十数年、私のそばにはいつもB’zの音楽がありました。
辛い事や悲しい事、大変なこともあったりしましたが、
そんな時、どれだけ彼らの音楽に助けられてきたかわかりません。
彼らの音楽は時には厳しく、時には優しく、決して強引にではなく背中を押してくれる。
彼らの紡ぎだす世界観が大好きです。

松本さん、自分のバンドを持ちたいと思って下さってありがとうございます。
稲葉さん、音楽の道をあきらめず、松本さんと出会って下さってありがとうございます。
Being社長だった長戸さん、松本さんに稲葉さんを紹介して下さってありがとうございます。

このどれが欠けても、現在のB’zは存在しませんでした。
B’zを形作ってくれた全ての奇跡に感謝します。

結成25周年、本当におめでとうございます!

これからも、ぶれることなく自分たちの音楽の道を突き進んで下さい。
いつまでこの奇跡のバンドが見れるか分かりませんが、最後まで全力で応援!


Happy 25th!!
Bz5.png










2013.09.21 08:55 | B’z | トラックバック(-) | コメント(4) |
この12日と14日の2日間、待ちわびていたB’zのライブだったので参戦してきました(^^ゞ
京セラドームは人、人、人。とにかく人に圧倒された2日間でした。
12日はS席での参戦、14日はとても楽しみにしていたSS席での参戦!
S席はスタンド席で、3塁側下段上部、ステージから2ブロック目の真ん中。
割とステージに近い?!と一瞬喜んだのですが、
ドームの広さを忘れてましたね、B’zのお二人肉眼ではとても小さかった…
まぁ、スクリーンが見やすい位置でしたし、時々双眼鏡で覗いてましたので
問題なく楽しめましたけど。
ただ、14日のSS席を経験しちゃうと、やっぱりS席は満足できなくなります。
SS席は今回初めてだったので、ものすごく楽しみにしてました。
前日、興奮であまりよく眠れなかったくらい(笑)。ただ、期待しずぎはダメですねー。
京セラでは、A8ブロックが一番前のブロックのセンターブロックで、
稲葉さんはそのA8ブロックの前あたりで歌った形で(多分)、
私は右隣のA9ブロックの14列目の12番(←ブロック右端)、ちょうど松本さんの前あたり。
もうちょっとステージに近いところを期待していたので最初ちょっとう~んって感じでした。
だって、札幌ドームのSS席は12列だって聞きましたし、京セラもそれくらいかなーって(汗)。
京セラはまさかの15列目まで。
しかも横にも広くて、私の右隣のB10ブロックもSS席だったので、
多分SS席は5ブロックあったっぽいので、15列×12席×5ブロック=900席。
意外に多い(@_@)!これ、SS席でも見えにくくて不満な人も出てくるのでは…汗汗
まぁ、ドームは広いし仕方ないのかなぁ。なんせ収容人数50000人以上…
でも実際席に着くと、まだSS席でも良い方だったのかな、思ったより稲葉さん近かった!
松本さんはもっと近かったですけど(笑)。
肉眼でB’zのお二人をはっきり視認できたのは初めてだったので、それだけで感激でした
稲葉さん細い!スタイル良い!!松本さんサングラスカッコいいけど、外してウィンク可愛い♪

以下、セットリスト。ちょこっと変わっただけで2日間ほぼ同じなので、まとめて書きます。
すごく長いですし、ネタバレ注意ですよ~





1・未発表曲
予習を欠かさずずっとB’zを聴きこんでいたのに、いきなり聴き覚えのないイントロ。
んん?!とか思ったら、まさかの未発表曲からスタートとか!
カッコいい曲で、最初からテンションあがった~!
これいつ発売なんだろう、早く知りたいぃ

2.ZERO/BLOWIN
ここは日替わり枠で、12日はZERO、14日はBLOWINでした。
BLOWINも好きですけど、ZEROが大好きー♪
イントロは社長(キーボードの増田さん)のターン!
印象的なキーボードのイントロから歓声上がってました!
周りの人たちも普通にラップ部分歌えててびっくり(@_@)。さすが!笑

MC
稲葉さんが「B’zの~」と言うたびに松本さんが咳払いで妨害(笑)。
稲葉さんがちらちら様子見つつ再び言おうとするも、今度はBで咳払いで
B’zすら言わせてもらえず(笑)。
んん?って感じでみると松本さん何かを持ってる。ひもが出てる(笑)。
稲葉さん「…引きますか?」
ひもを引っ張るとするすると万国旗が出てきてそこに文字が。
小さく『B’zのLIVE-GYMにようこそ』の文字。
稲「B’zのライブジムにようこそ~~!!」

3. Pleasure13'~人生の快楽~
イントロから大歓声!
これタイトルに81とか89とかついてて、今年は2013年バージョン。
ちょっとずつ歌詞が変わって年が経っているのが面白いです。
今年バージョンは、
  『音沙汰もないまま2つ3つ夏が過ぎてってあいつも
  『どこかで元気にやってるはずだろそのうちまた会えるといいね。』
  『YES,(←客の仕事)自分はこれしかない』
稲葉さん3塁側へ超ダッシュ。松本さん1塁側へ悠々と歩いていく。
1塁側、3塁側へファンサービス時間(笑)。

4.LADY NAVIGATION
稲葉さんイントロでジャケット脱ぐ。水吐く。
イントロ手拍子要求。
『I・O・N!』は、客の仕事!
やっぱり『心を~』からはTAKに歌う。お互いに見つめ合わないで下さ~い。
松本さんに軽く嫉妬!笑

5.太陽のKomachi Angel/恋心(KOI-GOKORO)
ここも日替わり枠で、12日は太陽のKomachi Angel、14日は恋心。
Komachiのイントロは手拍子指導あり。
大阪は反応早くて稲葉さんびっくり顔。その後ご機嫌(笑)。
振り付けのある恋心は思い切り騒いできましたよー♪
振り付け指導はないので、事前に予習を(^_^.)
合いの手の「何かなー?」は、お客さんではなく松本さんのお仕事(笑)。

MC
一緒に燃え上がりましょう!
燃え上がりましょう!
最後まで、どうぞヨロシク!!
的な?(あんまり覚えてない・汗)

6.ねがい
やっぱりここも、イントロは増田社長のターン!
このイントロもものすごいカッコいい!!
お客さんは『Hey!』のお仕事を忘れないように(笑)。
カメラワーク2日間ともGJ!
大サビに入る前に稲葉さん、松本さんを見ろと言わんばかりに指さし。
そのまま大サビに突入。ラストコーラスはお客さんに要求。
ド最後はドセンターで2人して「Oh、yeah~!!」

7.TIME/もう一度キスしたかった
ここも日替わり枠で、12日はTIME、14日はもう一度キスしたかったでした。
生TIME来た~!この曲大好き!!
もう一度~のイントロは増田さんのターン再び。
両方ともしっとりした曲なので騒がず静かに聴きほれてきました~

8.ALONE/OCEAN
ここも日替わり枠!結構変えてくれて嬉しい♪
ALONEは相変わらず良い曲~
OCEANは実はあまりピンと来てない曲だったんですけど、生で聴くとすごく良い!!
この2曲も静かに聴きほれました~

9.C’mon
震災後に作られた曲で、震災に対する稲葉さんの思いが垣間見えて、
この曲は泣きそうになるのでダメなんですよ(T_T)
最後の『C’mon…』の繰り返し(静かにフェードアウト)のところが特にもう…涙
最後の最後、稲葉さんが瞳を閉じでマイクにキスするんですけど、あれはもう祈りですね。
この曲も、私の中では特別な曲になってます。

TAKソロ
松本さんのギター、やっぱり良いなぁ。
独特の音色で、松本さんのギターだとすぐわかる。
泣きのギターって言われてますが、松本さんの音色大好き♪
しかし、松本さんのソロの時座っちゃうお客さん多くて、それがとても残念

10.核心
ここでやっと新曲登場!松本さんのソロの間にお色直しして稲葉さん再登場。
この曲、稲葉さんの陰の部分が発揮されてる曲。
超イケメン、頭良し(横国卒)、超絶歌上手い、金持ち、と
これでもかというほどの完璧超人なのになんでこんな負の要素持った曲作れるんだろう。
でも、そのギャップがまた良いんですけどね^^;

MC
夏と言えば?と連想開始の稲葉さん。
(祭りー、とか、海ー、とかいろんな言葉が飛び交う会場。)
ハイ、祭りね、海ね、……そんな同時に言われてもわかんない(←あっさり切り捨て・笑)
でも、夏と言って普通にパッと思いつくのは……キャンプファイヤーですよね!
(ざわつく会場・笑)
一般的にはねっ!(←いつになく強気・笑)
と言う訳で、ここに素敵なキャンプファイヤーセットを用意しました!
(でもどう見ても以前使ってた「誰にも言えねぇ井戸」・笑笑)
ちゃんと火が付くんですよ。
私がこれ(←チャッカマン)で火をつけたらファイヤーって言って下さい。
(稲葉さんが火を近づけると、フライングでファイヤーと叫ぶ客が。これ12日だっけ?)
まだ早いです!(←やっぱりいつになく強気・笑)
良いですか、行きますよ。
(客「ファイヤー!」)
ありがとうございます。無事に火がついたところでメンバー紹介にいきたいと思います。
(長い前振り終わってバンメン紹介)。

12日は、メンバー紹介しつつ、明日の休みはどうするのかの話題。
皆が予定を言う中、一人明日の予定ないと言う稲葉さん。
不満気味な客に、明日起きたら考えようかなと。
今この時を大事にしたいの!明日なんかどうでも良いの!みんな何言ってんの?!
と、自分が聞いておいてやけ気味にそんなことを言う稲葉さんが可愛かった(笑)。
14日は、昨日は何をしたのかの話題。
大賀さんが実家に帰り、シェーンがそれにくっついて行ってお邪魔したらしい。
誰と食べたのか聞いて、シェーンが大賀と答えて、お邪魔したことが判明(笑)。
シェーン「めちゃめちゃおいしかった!ありがとー!」(←大賀さんへの言葉・笑)
大賀さん「(笑)」
稲葉さん「それは後で楽屋で2人で言ってください(笑)」(←まったくだ・笑)

最後、松本さんに振る。
松本さん、サングラスを外して、いつも通りウィンク!(可愛い♪)
稲「我々も25周年を迎え…これもひとえに、聞いてくれたみなさんのお陰です。
本当にありがとうございます。ここで25周年にふさわしい曲を…(松本さんをちら見)」
松「アレやっちゃう?」

11.あいかわらずなボクら
この曲大好き~!!キャンプファイヤー囲みながら全員で。
メンバー全員でのリレーカラオケだったんですが、それがすごく良かった!!
持ち回りで、みんなの歌声が聴けた♪シェーンやバリーもちゃんと日本語で歌うんですよ♪
最後ちゃんと松本さんの『ハックション!』で〆(笑)。
終わりの画面に25th kcalの文字(笑)。

12.愛のバクダン
稲葉さんの「大阪ベイベー!」の叫びの後、飛行船登場!!
途中で、今ツアーのロゴ入りのハートが降ってくる。
この曲も大好きなのに、このハートのお陰で曲に全然集中できなかった(笑)。
しかも2日間ともハートGETならず(涙)。
『あいつの~』からはいつもの客のターン!皆さん集中して歌いましょう(笑)。

13.イチブトゼンブ
この曲も大好き~♪
イントロでぴょんぴょん跳ねるのがお約束で、みんなで跳ねだすのは壮観(笑)。
稲葉さん、2番は今日もTAKがプレイ中にTAKを見つめて歌い、
『好きなところなんだ』でギターを指さす。
やっぱり松本さんに軽く嫉妬!笑
『僕だけに見えているもの』 で、手を丸くして目に当てて望遠鏡。 首をかしげる。
カワイイ~♪♪
そして、終わると同時に次の曲のためダッシュでハケる稲葉さん(笑)。

14.LOVE PHANTOM
来た~!!私の一番好きな曲!ライティングが凝ってて綺麗でした
イントロは6月のMステの時と同じアレンジで、この時間は松本さんのターン!
その後、超ダッシュで稲葉さん登場!
無事ラップを歌い終わったあとカメラに向かって変顔。アッカンベー。
ここ、変顔せずにいられないんですね(笑)。
それは良いですけど、ガッツポーズは全部終わってからにして下さい(笑)。
(中ソロですでにしてる。なぜ・笑)

15.Q&A
冒頭ナレーションの後に、右に赤い『玲』侍と左に青い『志』侍。と忍者6人。
炎も上がって、アリーナではものすごく暑かった!
侍はすぐいなくなるんですけど、最後のサビのころらへんでまた戻ってくる。
忍者が回りで動き回ってて、なんか稲葉さんが歌いにくそうに思えたのは私だけでしょうか。
あ、サビのコーラス、皆さん頑張りましょう!
稲葉さんがこっちにマイク向けてコーラスひろってくれてますから(笑)。

16. NATIVE DANCE
イントロはベースのバリーのターン!ここは稲葉さんは休憩タイムですね。
『ちゃんと見て』って松本さんを見るも、松本さんはお客さんを見てる(笑)。
2番もいつも通り松本さん見て歌うんだけど、あんまり報われてなさげ(笑)。
『ア~イ~ア~イ ア~イ~ アイアイ~』のところは振りがあるので皆で踊る!
松本さんも踊ってくれててちょっと感激

17.さまよえる蒼い弾丸
前の曲の後、すぐにイントロに。
イントロは、稲葉さんガッツポーズでくるくる回る。
『血管の中が沸騰するような』で、その様子を表すように手をグーパー。
手の動きがエロくてなんかヤバい(笑)。
『さよならしよう~』で稲葉さんが手を振ってくれるのでこちらもちゃんと振りましょう(笑)。
さよならちゃんと出来たでしょうか?笑
ラストサビ終わりは床にへたりこむ。
『もっと…もっと…もっと速く…』のところカッコいい!聞きどころです!

18.ギリギリchop
畳み掛けるようなこの選曲はなんですか!
この曲はタオル回しの曲で、イントロの間にタオルを準備。
ずっと片手で回しつづけます。
この曲が1番体力要ります、疲れた~汗汗

MC
ツアーと25年目の思い。
私たちファンがモチベーションだと。
ずっと僕たちのモチベーションでいてくれてありがとうございます的な。
思わずうるっとなりましたが、稲葉さんが真剣に話してる時に「カッコいいー!」の叫び…。
カッコいいのは分かってるんだけど…?怒
彼らがどんな思いでツアーやって、語ってると思ってるんだ、ちゃんと聞けよ!
と思わず熱くなりました。いけない、いけない
最近、マナーの悪いお客さんが非常に多くてとても残念です。
それはともかく、次の言葉に思わず涙腺決壊しました(T_T)

稲『25年前、あ~自分のバンドつくりたいなぁ。と、この人が思わなければ、
  B'zは誕生しませんでした。
  on guitar, TAK MATSUMOTO!!』

松本さん、バンドをつくりたいと思って下さって本当にありがとうございます。
B’zを誕生させて下さって本当にありがとうございます。
本当に、いくら感謝してもし足りません(涙涙)。

19.RUN
イントロはもちろん、松本さんのターン!この曲やっぱり大好き~!
自分たち2人のことを歌っていて、これも思わず涙腺緩みます(>_<)
でも、この曲の稲葉さんは超笑顔でした。
『なかなかないよどの瞬間も』客席を指さし、笑顔。
『心開ける人よ』で客に腕を広げる。
この曲はやっぱり気持ちをがしっと持っていかれる感じがします。
定番中の定番曲ですが、なくてはならない曲なんですよね、やっぱり。
いつ聴いても良いなぁ。
この曲の時に銀テープ発射!
2本もGETし、喜んでいたら隣のご夫婦がさらに1本下さいました。
嬉しい!友達にもあげよう~♪

どうもありがとー!で本編終了
5分後くらいにアンコール。

オオサカベイべー!
今日はサイコーに気持ちいい汗かかせてもらいました!
どうもありがとー!!

20.Juice
大サビ前の掛け合いが楽しい♪
Yo~yo,yo,yo…の掛け声。
大阪はとても反応良くて上手いと思います。
稲葉さんも満足気だった(笑)

21.ultra soul
この曲、稲『ultra soul!』、客『Hai!』でみんなで一斉にジャンプする曲なんですが、
なんと京セラドームはジャンプ禁止!
なので跳ばすに軽く腕をあげるだけにし、そこだけちょっと不完全燃焼(笑)。
『Do It×4』を交互にやりたかったみたいなのに、そこも上手く答えられなくてすみません(笑)。

稲葉さんのガッツポーズと客の手拍子の中、特大の花火!!

オオサカベイべー!!
みんなステキでした!!
どうもありがとー!!
せーの!おつかれー!!

その後、松本さんと2人して挨拶回りして深々とお辞儀。
(↑この頭が膝につくくらいのお2人のお辞儀をみるといつも感動します。
  こういう姿勢、見習いたいなぁ)





いやーもうもう、本当に楽しかった!B’z最高ー!!
しばらく気持ちが戻ってこない感じがするほど楽しかったです!
でも、今回この記事を書いて、やっと気持ちを切り替えられる気がします。
明日からまた頑張ろう~。
今回、14日のSS席の時に、隣の岡山から遠征されて来てたご夫婦が話かけて下さって、
開演まで楽しくお話しさせて頂き、終演後、またお会いしましょう、と笑顔でお別れしました。
こういうBrother同士のつながりって良いなー。
また絶対どこかでお会いしましょう!

すごく長い記事にここまで付きあって下さってありがとうございました!
来年のツアーも絶対参加するぞ~。
せーの!おつかれ~




ドームの写真も撮ったんですけど、どうしても人の顔が映るのでUPは控えます。
その代り、京セラでは別の場所に停まっていると聞いていたツアトラ3台を発見したので、
その写真をUPします。今回なぜいたんだろう?

Bzツアトラ2013 3   Bzツアトラ2013 1  Bz銀テープ2013 1




3台あげようと思ったのに、1台上手くUP出来なかった
右端はRUNの時に飛んできたツアーロゴ入りの銀テープ♪

2013.09.16 18:01 | B’z | トラックバック(-) | コメント(4) |
B’zのライブが近づいてきて、ものすごくソワソワのエラニユースです
予習としてB’zを聴きまくってて、久々に感動を思い出した曲があったので、
今日はその曲を紹介したいと思います。
曲名は「Brotherhood」
アルバム『Brotherhood』の中のタイトル曲で、やっぱりこれもシングル曲ではありません。
ですが、発表当時からファンの間ではとても人気がある曲で、
ベストアルバム『B'z The Best "ULTRA Treasure"』では中間投票、最終結果共に1位、
(これはファン投票で選ばれた曲を収録したベストで、つまりその時点のファン投票1位曲)
この曲に因んでB’zファンのことをBrotherと呼ぶのが定着しているほどです。
ただ、この曲を特別な曲にしたのは、なんと言ってもMステ出演時のパフォーマンスでした。

東日本大震災から一月もたたない、2011年4月1日、
「ミュージックステーションスペシャル 最強の元気ソングBEST120」
という番組の放送がありました。
未曽有の被害にあった日本に勇気をくれる曲、元気の出る曲を届けよう、という企画で、
3年半ぶりにMステに出演したB’zの演奏が圧巻としか言いようのないものでした。
この時B’zの選んだ曲がこの「Brotherhood」。
仲間との絆をテーマとした曲で、今歌わせて頂けるならこれかなと思い選曲しました、
と稲葉さんが仰ってましたが、まさにこれしかない!というような選曲だったと思います。
B’zの曲の中に「PRAY」という、震災の事を思うとタイトルからしてそのものずばり、
という曲があり(これも大大大好き♪)、この曲を予想していた人が多かったのですが、
振り返ってみれば本当にこれしかない、という選曲だったと思います。
そして、渾身のパフォーマンス。
音楽には力があると思っている私ですが、こんなに圧倒的な力を感じたのは初めてでした。
この日のメンバー全員の渾身のパフォーマンスは、今でもファンの間で語り草になってます。
国外に脱出する外国人が多いなか来日してくれたシェーンとバリー(←B’zのサポメン)、
その姿を確認しただけでも泣きそうだったのに、力いっぱい演奏してくれた2人。
普段コーラスをしない松本さんの、力強い「We’ll be alright」のコーラス。
(この言葉でこんなに泣けるなんて思わなかった・涙)。
そして、少し目を潤ませながらの、思いをぶつけるかのような稲葉さんの絶唱。
元気ソング、なんて生易しいもんじゃありませんでした。
全身全霊、それこそ祈りとも思えるような渾身のパフォーマンスでした。
この曲を届けたい、という彼らの思いが痛いほど伝わってきて、
泣いた、泣けました…!
終わった後、残りの曲の発表も残っていましたが、
そんなランキングのことなんか吹っ飛ぶほど圧倒的でした。
歌い終わった後の、ただただ圧倒されたようなスタジオの空気を私は忘れません。
それまでも大好きな曲でしたが、これ以降、
この曲は私の中で特別な位置を占める曲になりました。
多くのBrotherたちにとってもきっとそうだと思います。
B’zにとって、今やなくてはならない曲。そんな名曲です。

  
  Brother 生きていくだけだよ
  ためらうことなど何もないよ 今更
  どうか教えてほしいんだ
  苦しい時は苦しいって言ってくれていいんだよ
  baby, We’ll be alright, We’ll be alright






ちなみに、この動画はそのMステの音源です。
削除対策のために映像は編集されてますが、その編集がまた素晴らしいです。
あ、この曲も歌詞がすごく良いので、
気になる方は下のリンクからチェックしてみて下さい。


http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=12004

2013.09.08 00:59 | B | トラックバック(-) | コメント(4) |
昨日は、ホールではなく教室内で行う小さな発表会でした^^;
私はクラリネットの先生とチェロの先生と一緒にブルグミュラーの「アラベスク」、
そのアンサンブル版をやらせて頂きました。
本当はクラリネットの先生ではなくフルートの先生とやる予定だったのですが、
フルートの先生がちょっと体調を崩されて急遽クラリネットの先生になりました。
フルートがクラリネットになっただけで、音とかはまったく一緒の楽譜なんですけどね^^;

それはともかく、最近私と友達はピアノ熱が少し下がり気味で、
私には珍しく危機感もなく発表会に突入、
友だちは良い意味で緊張もなかったらしく良い演奏だったのですが、
私は前日は全然平気だったのに教室に行ったらやっぱりものすごく緊張してきて、
危機感なく発表会に突入したなら最後まで緊張感もなくしてくれたら良かったのに、
と泣きたくなりました
とある方が肝心の楽譜を家に忘れて来て(片道1時間)、急遽近くのヤマハに買いに走る、
という緊急事態が発生し、間に合うか、と別の意味でドキドキし、
一瞬緊張ふっとんだんですけどね
本番前最後の合わせがあって、その時は緊張飛んだ時だったので割と良かったです(笑)。
緊張で冷たくなった手をこすりながら、発表会の部屋と練習室を行ったり来たりしつつ
いつも通り落ち着きなくすごし、少し早めの出番だったのであっという間に出番でした。
アンサンブルって、一緒に舞台に上がる人がいるのでその意味では心強いのでしょうけど、
ソロのように自分のペースで弾き直しとかも出来ないし、
途中で落ちてそのまま復帰出来なかったらどうしよう、とソロ以上に私は緊張します(>_<)
今回は割と私がメインのメロディのところも多い曲だったので特に…汗
でも、最初の不安要素のところをクリアしたら落ち着いて弾けて、
2つめの不安要素のところで見事にミスってしまいましたがなんとかすぐに復帰。
ちょこちょこミスタッチしてしまいつつも、途中から楽しむ余裕も出てきて、
最後そろって終わるところは気持ち良かったです楽しい!
全体的には結構ミスタッチがあり満足のいく出来ではなかったのですが、
合わせるのすごく楽しく思えたのが意外でした。
ん~でも、最初まったく余裕がなくって、注意しなくちゃと思ってたのに
合わせの時に言われた注意事項がすこんと頭から抜けてて、
先生方の音を良く聴けないで突っ走っちゃってたかも…汗汗
11月の私の先生門下メインのピアノの発表会でもこのアンサンブルやるので、
その時にはまたリベンジしたいと思います。11月、アンサンブルするのまた楽しみ♪
いやでも、その前にソロのインベンション本気でヤバいので頑張らないと…(-“-)

自分の出番の後はゆーっくり他の人の演奏楽しめて、その後お待ちかねの打ち上げ!
今回はいつもと違う場所で、珍しく中華のお店でした。
打ち上げの解放感といつもと違う種類のお酒でついつい飲みすぎて、
今日ちょっと二日酔いっぽいですが(笑)。
他の人の演奏とお話しを聞いてかなりピアノ熱上昇したので、
明日からまた頑張りたいと思います。
今日は二日酔いで本調子じゃないので明日から~と言い訳(笑)。

ちなみに、今回のプログラムは、



   【フルートアンサンブル】
     1.「コーラスライン」よりワン/M.ハムリッシュ
   【フルート】
     2.ROMANZEN Op.50/ベートーヴェン
     3.愛の小径/プーランク
     4.ロッシーニの主題による変奏曲
   【うた】
     5.My Foolish Heart/V.Young
     6.Ich liebe dich/ベートーヴェン
     7.木犀のセレナーデ/詞:関根榮一 曲:湯山昭
       オペラ『リナウド』より「私を泣かせて下さい」/ヘンデル
     8.Ah!non credea mirarti/Bellini
     9.アヴェ・マリア/マスカーニ
   【講師演奏】
     10.『仮面舞踏会』より「死にましょう しかしその前にお願い」/ヴェルディ(ソプラノ)
   【ピアノトリオ~ピアノ&クラリネット&チェロ~】
     11.トリオK.496より第1楽章/モーツァルト
     12.アラベスク/ブルグミュラー
     13.小さな世界/シャーマン
     14.魅惑のワルツ/Marchetti
     15.トリオK.564より第2楽章/モーツァルト
   【うた】
     16.里の秋/詞:斎藤信夫 曲:海沼実
     17.Domino/ルイ・フェラリ
       おやすみ/シューベルト
   【ピアノ】
     18.ワルツイ短調/ショパン
       ビューティフルドリーマー/フォスター(連弾~うた)
     19.ソナチネOp.36 No3/クレメンティ
     20.幻想曲 ニ短調/モーツァルト
     21.ノクターン20番 嬰ハ短調/ショパン
     22.『マ・メール・ロワ』より「女王の陶器人形レドロネット/ラヴェル
            〃      「妖精の園」
   【弾き語り】
     23.サルビアの花/詞:相沢靖子 曲:早川義夫
   【ギター】
     24.亡き王女のためのパヴァーヌ/ラヴェル
       プレリュードNo.10
   【チェロ】
     25.無伴奏チェロ組曲 第1番 アルマンド/バッハ
     26.6つのデュエットより第1曲 第1楽章/クンマー(デュオ)
   【クラリネット】
     27.クラリネットとピアノのソナタOp120  No1より第2楽章/ブラームス
     28.3つのロマンスより第1楽章/シューマン
     29.序奏とロンド/ヴィドール
   【講師演奏】
     30.メモリーズ・オブ・ユー/ブレイク(クラリネット)
     31.チェロソナタ第1番 ホ短調 作品38より第2楽章/ブラームス(チェロ)


私とアンサンブルを組んで下さったチェロの先生の弾かれたブラームスのソナタが、
すごくカッコ良くって聴きほれました、良い曲~
私の先生は講師演奏して下さらなくてそれがちょっと残念でした


2013.09.01 18:55 | ピアノ | トラックバック(-) | コメント(4) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。