ペーパームーン

主に大人になって習い始めたピアノについてのブログです。 その他日常雑記。腐女子のため、たまに内容注意(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
少し遅くなりましたが、この間の日曜は教室の発表会でした。
年に1回のホールで行う大きな発表会(もう1回、教室内で行う小さな発表会があります)、
前日に地震がありちょっと心配でしたが、今年も無事に終わりました^^;
とさらっと言ってますが、今回久々にかなりしんどかったです~
小心者な私はいつも早くに曲を決めて練習するのですが、
今回曲がなかなか仕上がらなくて(真夜中~が難しかったのもありますが、
夕映~がいまいち私の趣味の曲ではなかったのがネックだったと思ってます(-“-))
発表会近くになってようやくお尻に火が付き、この数週間ほぼ毎日教室に通い、
追い込み練習。なんだか受験生のようですね
その甲斐あって、金曜あたりからの練習でかなり調子良かったのです。
当日も、うちの教室は発表会で閉めてたので梅田の別の教室で部屋を借りて1時間半ほど練習、
その時も調子良くて、真夜中~の苦手なスケールの部分がおもしろいように決まる。
なんだか、弾き方覚えた!という感じで嬉しかったです^^;
よし!と意気込んでホールに向かったのですけど、近づくにつれて緊張し、
着いて控室に入ってさらに緊張度UPしました(いつものことですけど・涙)。
でも、控室にはアップライトが置いてあるので、1・2度通させてもらったのですが、
その時も緊張しつつも問題なく出来た。
ただ、やっぱり本番は難しいですね~、本番ではあまり綺麗に決まらなかったです(-“-)
思ったよりは全然落ち着いてて、普段通りのつもりだったのですけど
それ以外の部分はかなり良かっただけにちょっと悔しかったです
でも、夕映の湖もちょっと微妙なミスタッチはありましたがなんとか弾き切り、
2曲とも少しミスはありつつも、1度も止まることなく、弾きなおすことなく、
とにかく弾き切った私にしては快挙の演奏でした。
ただ、上手くいかなかったスケールのところが頭から離れず、
夕映~も、完璧!って感じではなかったのが微妙で、
う~んって感じで舞台袖に戻ったのですが、先生が拍手で迎えて下さいました(驚)。
先生に習い始めて5年目、拍手を頂いたのは初めてです~
拍手を頂ける演奏だとは思わなかったですが、微妙なミスタッチはありましたが、
止まったり弾き直しがなく、曲の流れを崩さなかったのと、
真夜中~はちょっと早めのテンポで出ちゃったのですが、それが流れを良くして、
曲の流れ自体が良かったのかなと思います。
それと、今回珍しく楽譜を置いて弾いたのですが(もちろん見ては弾けないですけど・汗)、
次の曲に行くときに楽譜をめくるのでその時にちょっと間をおけて、
最初の曲のテンポを次の曲に引きずらず仕切り直せる形になったのが思いの他良かった。
いつもつい焦って2曲目弾き始めちゃってたんですよね~
やっぱり置くとちょっと安心ですし、次からも置くことにしようかなと思いました。
いつものごとく、自分の演奏に自信がないので録音はしてなかったのですが、
先生が拍手を下さった演奏、録っておけば良かった~涙涙
こんなこともあるし、次回からはやっぱり念のため録音しておこうと思います(>_<)
しかし、真夜中~の印象かなり強かったのか、4~5人の方から「カッコいい曲ですね!」
とお声をかけて頂きました。今回も選曲勝ち(笑)。

終わった後は、一番の楽しみの打ち上げへ!打ち上げのお酒はやっぱり最高~♪
いつもの、ホール近くのイタリアンのお店でやったのですが、みんなしゃべるしゃべる(笑)。
今回は初参加の方も2名いらっしゃって、その方たちともお話しできて楽しかったです(^^♪
ただ、今回はいつものメンバーで発表会出られなかった方たちが何名かいたので、
次回はまたみんなで打ち上げ出来たらいいなぁとちょっと寂しくも思いました。
次回は夏の小さな発表会、それともしかしたら大阪倶楽部での発表会もあるかも。
思ったより時間はないですし、6月にはおんそうずも控えているので、
またすぐ頑張らないと

ちなみに、今回のプログラムは、



  【弾き語り】
    1. アメイジング・グレイス/アメリカ民謡
    2.リンダ/竹内まりや
  【クラリネット】
    3.クラリネットとピアノの為のソナタ ヘ短調Op120No.1より第3楽章/ブラームス
    4.Gurando Duo Concertantより第3楽章/ウェーバー
    5.チャルダッシュ/モンティ
  【ピアノ】
    6.月の光/ドビュッシー
    7.トランシルヴァニアの夕べ/バルトーク
    8.魔法の木/ギロック
       ソナチネOp.55-1/クーラウ
    9.メヌエット/ボッケリーニ
    10.春に寄す/グリーグ
    11.アラベスクNo.1/ドビュッシー
    12.真夜中の火祭/平吉毅洲
       夕映の湖/平吉毅洲
    13.ノクターンOp.15-2/ショパン
    14.ノクターンOp.62-2/ショパン
    15.ポロネーズ 第1番
  【チェロ】
    16.私を泣かせて下さい/ヘンデル
    17.無伴奏組曲 第3番プレリュード/バッハ
  【リコーダー】
    18.ヴォカリーズ/ラフマニノフ
  【フルート】
    19.ロマンスNo.2/ベートーヴェン
    20.グラン・ソロ 第13番/J.L.トゥルー
  【うた】
    21.私のお父さん/プッチーニ
    22.万霊節/R.シュトラウス
    23.宝石の歌/グノー
    24.アメイジング・グレイス/アメリカ民謡
      Remainn~心の鍵/詞:小柳ゆき、曲:清水泰明
  【合唱】
     25.大地讃頌/詞:大木惇、曲:佐藤真


しかし、今回も思いましたが、教室の小さな部屋で弾くよりも、
広いホールで演奏する方が絶対緊張しない、っていうかピアノに集中できます。
思い返せば、ホールで崩れたことってないんですよね(ミスはありますが・汗)。
それなのに、教室での演奏はほとんど毎回と言って良いほど崩れます。
今回も1週間前の教室のリハではお約束のように崩れました
教室での演奏は鬼門かも(涙)。

スポンサーサイト
2013.04.16 19:28 | ピアノ | トラックバック(-) | コメント(10) |
少し遅くなってしまいましたが、先週の水曜にレッスンがあったので行ってきました(^^ゞ
いつもは土曜なんですが、その前の土日は先生が本番でダメ、
その後の土日は私が両親と姪っ子が大阪へ出てくるのでダメ、
ということで、急遽平日にして頂きました。
仕事終わった後のレッスンはやっぱりきつかった…汗汗
今回は、『ハノン』、『ルクーペ』、平吉毅洲さんの『真夜中の火祭』、『夕映の湖』。
曲決めのためソルフェージュは今回はなし。


【ハノン イ長調と嬰ヘ短調2曲】
前回のレッスン(レポはサボってしまいましたが)でホ長調と嬰ハ短調は合格してましたので、
今回はイ長調と嬰ヘ短調だったのですが、2度ほど指使いを間違える(-“-)
今回あまり弾きこみ出来てなかったので、それが出ちゃった感じですね~
ただ、指使い間違えてない時は音階OKだったようで、先生も迷われて
う~ん、どうしようかな~、と仰ってたのですが、
次回もう1回やりましょう、急ぐ必要ないですしね^^;とのことで久々の持越し~
…間違えたのがイ長調だったので、先生的にはやっぱりここで間違えちゃダメでしょう、
とのことだったらしく、後で軽い突っ込みもはいりました(苦笑)。


【ルクーペ 19番】
なんだかもう、合格出来る気がしません~
左手は前よりだいぶ良くなったと仰っていただけましたが、
右手の音階が、やっぱり綺麗じゃないらしいです(-“-)
右手だけ弾かされたのですが、確かにちょっとかくかくしてて滑らかじゃない(汗)。
原因は黒鍵から白鍵への指くぐりの時の1の指のようです。
やっぱり手がすとんと下へ行ってしまって少し大きな音になってしまう(T_T)
少しゆっくり弾いてもそんな感じなので、ものすご~くゆっくりから
もう一度練習し直すくらいしないとダメかも
という訳で、やっぱり持ち越し~


【真夜中の火祭】
一度通すも、やっぱりちょっとつっかかる…汗
大体良いようなんですが、いくつかやっぱり注意がありました。
今回のポイントは、

  ・スタッカートもう少しはっきり切る
     →そうじゃないところとの違いがもう少し欲しい
  ・20小節目の音階、良くなったけどもう少し綺麗に弾けると良い
  ・4小節目と16小節目、もっとクレッシェンド
     →次の小節のfへ繋がって盛り上がっていく感じがもっと欲しい

これやっぱり難しいです~(>_<)
左腕のリズムが難しくて、練習してると左腕がすごくダルくなってきます。
先生にちらっと言ったら、余計な力が入っている証拠ですと(-“-)
いやでも、この曲は力入っちゃうと思うんですけど…汗汗


【夕映の湖】
ここ2週間ほどかなり頑張った夕映~。
なのに、発表会の時の練習ということで真夜中~から続けて弾いたら、
真夜中~につられてテンポが少し速くなってしまい焦って何ヵ所もつっかかりました(――;)
あんなに頑張ってたのに~涙
でも、改めて弾きなおした時はまぁまぁだったのでホッとしました
今回の注意はペダルのみ。
踏みかえのところはきっちり上げて踏みかえて、音が濁らないように。
大分綺麗に弾けるようになりましたね~と褒めてもらえて嬉しかったです♪
ただ、やっぱり真夜中~の方が良いですね、とその後に言われてちょっとガーンでしたけど
こういう曲を綺麗に弾くのはかなり難しいとのことで、
やっぱり選曲ちょっと失敗したかな~
もう一息、と仰っていただけたので、もう少し頑張ってみます。


ホントなら曲の後にソルフェージュなのですが、今回は曲決めに突入してしまい、
それでタイムアップになってソルフェなしでした。
今回は次の生徒さんもいて時間延長してもらえなかったぁ~(←当たり前・笑)
で、曲ですが、前回の記事で書いた通りインベンションをすることにしました。
番号は14番(@_@)いやちょっとびっくりです
インベンションやると決心してはいたんですが何番やるかは決めてなくて、
やっぱり順番的には1番かな?と思って先生に相談したら、
どれが特別難しいとかあまり差があるわけじゃないので
(いやいや、あるでしょう!と心のなかで即突っ込み・汗)
どれでも良いですよ、どれが一番弾きたいですか?と仰ったので、
かーなーり迷ったのですが14番に。
やってみてものすごーく大変でも、好きな曲なら頑張れるかなって
ただ、いきなりインベンションで不安もあるので、
14番やりつつプレインベンションも見て頂くことにしました^^;
これこそ難易度順にやろうと思ったのですけど、先生パラパラと見られて、
難易度順の最初の方はあまりポリフォニーの勉強にはならない、
番号順の最初の方が役に立つとのことで、1番から番号順にやることになりました。
全部やるのではなくて、先生が取捨選択して下さるようですが、うゎ、出来るかな
レッスンは、ハノン、ルクーペ、プレ・インベンション、インベンションの4つになります。
どうなるか分かりませんが、頑張ります~


2013.04.01 22:50 | ピアノ | トラックバック(-) | コメント(6) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。