ペーパームーン

主に大人になって習い始めたピアノについてのブログです。 その他日常雑記。腐女子のため、たまに内容注意(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
遅くなりましたが、この間の土曜はレッスンの日だったので行ってきました(^^ゞ
ここの所、あることに気をとられて少し練習に集中出来てませんでしたが、
(ちょっと恥ずかしいのでなんなのかは内緒・笑。もしかしたら記事にするかもです)
今回もレッスン行く前に家で3時間ほど集中して練習、教室でも1時間半練習。
……なんか、レッスンの日に慌てて駆け込み練習してるなぁ、最近
という訳で、ちょっとお疲れモードのレッスンでしたが、調子は悪くなかったかな?
今回も、ハノン、ルクーペ、平吉毅州さんの『真夜中の火祭』『夕映の湖』、
そしてソルフェージュ。


【ハノン 39番 変ニ長調と変ロ短調2曲】
合格―(*^^)v!
久々の持越しなし!予想外の合格で嬉しかったです~♪♪
今回もきちんとゆっくりから練習していって、ゆっくり練の大事さを再実感しました。
ただ変ロ短調の1曲目が難しく、あまり速く出来ないうちにレッスンの日になり、
ちょっと遅いスピードで弾いたのですが、その速さでOK頂けました(驚)。
でもやっぱり、音階良かったですけどもう少し速く弾けると良いですね、とのことで、
「一応もう少し速く弾いてみましょうか^^;」とのことで再トライ…汗汗
OKが取り消しになるんじゃないかとヒヤヒヤしましたが(←経験あり・涙)、
変ロ短調の1曲目の下りちょっと微妙でしたが取り消しはなかったです
しかし、今回でやっと音階半分終わりました。
今回のような調子で、残り半分さくっと終わらせられたらいいなぁ。


【ルクーペ 19番】
最初のレッスンにしては弾けましたが、やっぱり弾くのにいっぱいいっぱい
音ひろってるだけで強弱あまりついてないので、その辺の注意が中心でしたねー。
今回のポイントは、

  ・もっと強弱をつける(←いつも言われるなぁ、これ・汗)
     →大げさなくらい強弱つけるのも良い練習になる
     →クレッシェンドの最初の音をもう少し小さく出す
  ・強弱は、同じ記号でも流れによって大きさは違ってくる
     →同じクレッシェンドでも、ここはさっきより大きくなど変わってくる
     →自分できちんと曲想を考えてつける
     →1~8小節のクレッシェンドとデクレッシェンドの繰り返しは、
      8小節目の頭に向かう感じでだんだん大きくした方が良い
  ・1~8小節目、左手の和音もっと出しても良い
     →逆に左手が音階になる13~16小節目は、左手をもう少し小さく
      右手の和音もっとしっかり
  ・右手の音階の上りの1の指の音が大きい
     →指くぐりの時に手がかくんと下がるので大きくなる。注意。

指くぐり、黒鍵→白鍵の指くぐりなので、余計手がかくんとして大きな音に
右手の音階練習をさせられましたが、何回か弾くもやっぱり大きく(>_<)
片手で確実に出来るようにゆっくりから片手練、
強弱ももっとということで持ち越し(;一_一)
やっぱりゆっくり練ですか、頑張ります~
でも、手に馴染まないとゆっくり練できない…爆


【真夜中の火祭】
この曲、ゆっくりから練習してきてるのですが、
実は最初リズムが良く分からない部分があったので、
メトロノームの1音と6/8拍子の1拍を合わせて細かく分解しつつ練習してます。
今回、ちょうどテンポ220くらいまできてたのですが、、教室へ行っていざ練習しようとして、
教室に置いてあるメトロは208までしか出せないことに初めて気づきました~驚驚
カチコチと横に振れるアナログのはもちろん、デジタルのも208まで…
デジタル、208超えたら0に戻るなんて、一瞬目を疑いました。
デジピのメトロは余裕で300とか行けそうなのに~!
この時点で動揺し、家で練習していたテンポが吹っ飛びました。
ゆっくり、ゆっくり、と思って練習するも動画の速いテンポが蘇り、
妙に速くなってテンポが不安定になり、レッスンでも速くなって音階のところで転ぶ(――;)
見事にいつもの私のパターンでした。
今日のポイントは、

  ・テンポは今回くらいで良いのでこれ以上速くしないこと
  ・2拍子、3拍子と切り替わっていく拍感を感じる
     →この曲は6/8で書かれてるが、実際は2拍子、3拍子が入り混じってる曲
      その切り替わりの面白さを感じる
  ・スタッカートが重い。もう少し短く、歯切れよく
  ・2小節目、4小節目のような形のところ、繋げすぎて重くしない
     →テヌート付いてるけど、ここは音と音の間すこし切れるくらいの方が良い
     →繋げず、こう1音1音指を置いていく感じ


この曲やっぱり難しい~~でも、思ってるテンポで弾けると気持ち良いです^^;
早く全体的に自分の思ってるテンポで弾けると良いなぁ。


【夕映えの湖】
難しい!とにかく難しい、ってか憶えづらい!
鍵盤ガン見派なので暗譜は得意な方なのですが(て言うか、憶えないと弾けない・汗)、
妙に憶えづらくて譜読みに大苦戦
今回やっと2ページまで譜読みしていきましたが、まだ全然曲になってません。
今回のポイントは、

  ・メロディ部分の指は放さずしっかり押さえたままにする
      →たまにするっと離れてることがある
  ・内声部分はもっと小さく

せ、先生もまだあまり言うことがない感じですが(汗)、
発表会の曲2曲、対照的な曲で良いですね~と言っていただけたので頑張ります


【ソルフェージュ】
聴音は3/4で音跳びあり。イ短調。
聴音を始めて1年以上になりましたが、なんか進歩がないなぁ(-“-)
今回も、リズムはなんとか大丈夫でしたが、音跳びのところは……汗汗
いちいち確認しないと分からないので、時々本気で凹みます
大人から始めましたし、長い目でみないといけないとは思うのですが、
聴音やめてブルグ再開した方が良いんじゃ、とかふと思ってしまうことがあります。
まぁ、もうちょっと粘ってみます

ソルフェージュは32番のa~cの曲の視唱。今回は音の転回。
同じ音で上り下りなのですが、Cの曲の下りがちょっと外した音で降りてくるので歌いにくい
一度ピアノなしで歌わされたのですが、結構ダメ出し
きちんと音程下がりきってないようで、来週も一回歌ってみましょうとのこと。
頑張ります~


しかし、いよいよ1月も終わりで2月に入ります。
着々と発表会が近づいてきて焦ります~~(>_<)


スポンサーサイト
2013.01.29 23:23 | ピアノ | トラックバック(-) | コメント(6) |
遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます^^;
お正月に帰省して、あっという間に姪っ子に風邪をもらって帰ってきてしまったので、
ご挨拶が遅くなりました~
久々に8度台の熱が出て焦りましたが、私にしては割とあっさり治ってホッとしました(笑)。
風邪ひいた時は、一度目の診察で出た薬だけじゃ治りきらないので大抵2度医者に行くのですが、
今回は1度目の薬で治ったし♪
でも、しばらくピアノ練習出来なかったので、ここ何日か焦って練習してました
昨日レッスンだったので、昨日は行く前に家で3時間ほどみっちり練習、
教室でもレッスン前に1時間半練習(グランドふさがってたのでアップライトでしたけど)、
さすがにちょっと疲れましたが、練習のお蔭かレッスン調子良かったです♪
今回は、ハノン、ルクーペ、平吉毅州さんの『真夜中の火祭』『夕映の湖』、
そしてソルフェージュ。


【ハノン 39番 変イ長調とヘ短調2曲】
合格―(*^^)v!
いやもう、長かった(涙)。
途中中断してたせいもあるのですが、いつからやってたんだろう、これ…汗。
中断の影響って怖くて、なまってしまってなかなか腕が元の状態に戻らず、
調子良かったり悪かったりなかなか安定しなかったのですが、
前のレッスンの後からかなり練習したお陰かやっとちょっと戻ってきました。
焦って元の速さで練習してたのを今回またゆっくりから練習し直したので、
それも良かったんだと思います^^;
次回は変ニ長調と変ロ短調2曲ですが、この短調がスケールの中でかなり弾きにくいらしく、
また長期戦になりそうな予感がひしひしとしますが、とりあえず頑張ります…


【ルクーペ 18番】
合格―(*^^)v!
いや、これも長かった…涙
なんかもう、永遠に合格出来ないんじゃないかと思いましたが良かった^^;
これもゆっくりから練習し直したので、ゆっくり練ってやっぱり大事なんだなぁと再実感。
しかし、このルクーペのところで、今日はとても大事なことを教えて頂きました。
それは、調の見分け方
え、知らなかったの、と思われそうですが、ハイ、知らなかったです……汗汗
♯がついてるものは、最後の♯の1つ上がその調
(例えばルクーペの18番はファに♯が付いてるので、ト長調)、
♭は、右から2番目のもので判断で、長調の場合はそのままの調
(ルクーペ15番は右から2番目の♭はミなので変ホ長調)
ただ、♭1つの場合はヘ長調なのは丸覚えすること、
短調の場合は♭の場所から短3度(2つ)下がった調、長調か短調かは主和音で判断、
主和音は最初とか最後に出てくる和音のことが多い、とか教えて頂きました。
さらっとで詳しく教えて頂いた訳じゃないですが、今日のことだけでも目から鱗(@_@)
先生良く「これ何調かわかりますか?」って聞くのですが、
聞く以前にこういうことをちゃんと教えてください~!
分からないままちゃんと聞かなかった私も悪かったですけど
今日はもう頭の容量一杯だったので、また次回とかにもっと詳しく聞こうと思います。
ルクーペのこと完全に吹っ飛んでましたね(笑)。


【真夜中の火祭】
譜読みも終わって、ゆっくりからかなり弾きこんで行きました。
まだ目標の速さでは弾けませんが、少しゆっくりのテンポで結構弾けるようになってきました。
先生が仰るにはもう少し速い方が良いけど、ゆっくりすぎる感じもしないとのこと。
もうちょっと、な感じですね。
今日のポイントは、

  ・19~20小節の右手の早いところはもうちょっと綺麗に弾きたい
     →難しいスケールではないので弾けるはず。部分練習を。
  ・スタッカートのところが重い感じ。もう少し短く、歯切れよく
     →ゆっくりから確実に短く弾く練習をする
     →スラーのところとの違いをだす
  ・1小節目から8小節目あたりまで、もっと左手の和音を意識する
     →左手の音の動きをもっと感じて。片手練をやってみると良い。

問題は、1ヶ所だけある右手の早いスケールのところなんですよね~。
ここがクリア出来たら、他の場所は目標の速さで弾くの問題ないと思います。
部分練習頑張ります~~


【夕映の湖】
半分だけ譜読みして行きましたが、い、意外なほど難しい
先生もまだあまり言うことがないようで、もう少しメロディの部分だすように、
音が短いのでもう少し長くするように注意されただけでした。
あと指使い直された部分があるのですが、先生の言う指使いきついんですけど…
しかしこの曲、先生が弾くと同じ曲とは思えないほど綺麗でうっとりでした


【ソルフェージュ】
聴音は4/4で音跳びあり。珍しく短調!
音跳びはやっぱり難しいです~
リズムは以前より書けるようになってきましたが、音跳びはやっぱりなかなか(-“-)
今のところ和音での音跳びが多いので、和音の響きやっぱり覚えないとかな~
リズムは今回シンコペーションが出て、書き方間違いました4拍に収まってないし(笑)。

コールユーブンゲンは31番のa~eの視唱。
5度の音程の総括的なものでしたが、ん~まだ微妙かな?
ここで5度まで終わりなので、この辺まできっちり出来るようになって次進みましょうとのこと。
ふ、復習しておきます~


今回練習はりきってちょっと疲れましたが、2つとも合格できて久々にすごく嬉しかったです♪
って、今気づきましたけど、次回までに2つも譜読みあるってことじゃ…汗汗
ハノンのスケールも、私にとっては譜読み必要なんですよね、頑張ります(-“-)

2013.01.13 10:39 | ピアノ | トラックバック(-) | コメント(2) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。