ペーパームーン

主に大人になって習い始めたピアノについてのブログです。 その他日常雑記。腐女子のため、たまに内容注意(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
8月も今日で終わり、あっと言う間に明日から9月です。
9月と言えば「大阪クラシック」の時期、今年もいよいよ近づいてきました(^^♪
ご存知でない方のために簡単に説明すると、この「大阪クラシック」と言うのは、
大阪フィルハーモニー交響楽団が毎年9月初めごろに1週間に渡って行うイベントで、
御堂筋を中心に街のあちこちで30分のミニコンサートを行うものです。
ほとんどの公演が無料で聴け、一般の人も来やすいとても敷居の低いコンサートです♪
今年も9/4(日)~9/10(土)まで行われ、公演数は今年は全83公演
ミニコーンサートの梯子!と考えただけでワクワクしてきます♪
私は毎年3日間会社の休みをもらいこのイベントを聴きに行ってましたが、
今年は忙しい事もありどーしよーかな~とかなり迷っていたのですが、
忙しい中頑張ってたんだし!と思い直し、なんとか2日間休みをもぎとりました(笑)。
土日を合わせて丸々4日間は参加出来ますし、とても楽しみです
しかし、今年は仕事が忙しい上に他にも問題があり、
大阪クラシック最終日の翌日の日曜(9/11)がなんと教室全体の発表会…(大汗)。
日程が発表になった時にはもう泣きそうになりました~
去年、大阪クラシックの翌日にレッスンがあったのですが、
疲れでヘロヘロでさんざんな出来だった覚えがあるのですよね
一週間に渡ってこのお祭り騒ぎに参加すると、さすがに体力消耗するのです(-“-)。
去年は休みもらえなかった日も夜の公演聴きに行ってましたし
今年は仕事が忙しいので、仕事の日は夜の公演も聴きに行けなそうですし、
2日間しか休みもらわなかったので大丈夫かなとは思うのですが、
やっぱり聴きに行く公演数セーブしないとなーとは思います
…そもそも、コンサート聴きに行ってる場合か?と自分で突っ込みたくなりますが(笑)。
しかし、これをプロデュースしている音楽監督の大植さんが来年から大フィル離れますし、
そうなると来年からどうなるか分からないので、今年はなにがなんでも参加します!
でも、セーブをして余力を残しつつ、ピアノの練習も頑張ります~(*^_^*)
という訳で、今週末の「大阪クラシック」開始に向けて体調整えておかないとです(笑)。

しかし、この「大阪クラシック」はホントに楽しいイベントです。
下に大阪フィルのサイトのリンクを貼っておきますので。
興味のある方はチェックしてみて下さいね♪

大阪フィルニュース 大阪クラシック


スポンサーサイト
今日は土曜日なのでレッスンに行って来ました(^^ゞ
行く時にものすごい雨でびっくり
道路がちょっとした川の様になってて本気で焦りました(汗)。
あんな降り方初めて見ましたが、あれが‘ゲリラ豪雨’ってやつでしょうか~
あの降り方続いてたらやばかったですね
まぁ、帰るときには小雨になってて水も引いてたし、
大したことはなかったですが、タイミングが悪かったですね~。
今日はレッスンの直前に部屋とれなくて、お昼ぐらいにとってたのにそれ忘れてて、
いつもの時間にいって練習出来ずに一旦戻ってくるはめになり、
再度レッス向かう時にこの雨にあたったのでもう踏んだりけったり(T_T)
結局生ピアノで練習出来ずにレッスンでした。
今日は、『ルクーペ』、ギロック『古典形式によるソナチネ』、そして『バイエル』。


【ルクーペ 13番】
練習ではかなり弾けるようになってるのに、やっぱりレッスンでは上手く弾けません…
苦手意識が出来てて身構えちゃってるのが自分でもわかるんですけどね
1度通すもちょっとつっかかって、音階と強弱でやっぱりダメ出し(-“-)
今日のポイントは、

  ・音階はもう少し。指くぐりの時の1の指に気をつける
  ・2・6小節目の左手のsftをもっと出す
  ・13小節目の左手、もう少し音が欲しい
     →pだがしっかり聴こえるように。右手に埋もれてしまわない。
  ・17~18小節目、fだかその中でも強弱を
  ・19小節目、dimでスッと弱くするとろ滑らかに

やっぱり練習曲は苦手です~
音階、一部分弾くなら問題ないのですが、この曲って音階の連続、
しかもそれに強弱がつくので、なんだかまだ弾くのでいっぱいいっぱいって感じです(>_<)
やっぱり弾き込みが足りないのかな
音階もうちょっと、ということで持ち越し。


【古典形式によるソナチネ】
1度通し、割と調子良く弾けたのに、最後の最後でコケました
3楽章の最後、ジャン、ジャーーンと終わるのですが、
ジャーーンはジャンと同じ音で1オクターブ下がるだけなのにたまに迷って違うころ弾く(汗)。
あれ?あれ?って慌てて正しいところ弾いたつもりが焦ってまた間違い、
次でやっと正しい音を弾いたのですが、ものすごーくカッコ悪かったですね~(笑)。
先生にも「最後惜しかったね」って笑われ、本番はずさないようにってダメ押しされました
ただ、そこはともかく、他は割と弾けたかな?
今日のポイントは、

  ・1楽章、12・15小節目、左手少し転んでいる
     →もう少しな感じ。付点や逆付点などで片手練習
  ・1楽章、50~51小節目の右手、固い音にならない
     →一拍目の頭の音に重みを感じながら弾く
  ・2楽章ほぼOK。テンポ走らないようにだけ注意。
  ・3楽章4小節目、この左手少し転んでいる
     →同じ形何度か出て来るので部分練習を。もうちょっとな感じ。
  ・3楽章、31~34小節の左手のsf、固い音にならない
     →1楽章、50~51小節目と同じ
     →一拍目の頭の音に重みを感じながら弾く
  ・3楽章、最後のところはハズさないように(笑)

大分仕上がってきた感じですが、細かいところが出来てなくて微妙な仕上がりかもです(汗)。
調子良いと良いですが、悪いと結構つっかかりますし
発表会まであまり日がないですが、本当の本番は10月の大阪倶楽部なので、
それまで出来るだけ弾きみたいと思います


【バイエル 102番・104番】
半音階のⅠ~Ⅳ、Ⅶ合格―♪
102番、104番、半音階Ⅴ・Ⅵ・Ⅷ持ち越し
今日はとうとう1曲も合格出来ませんでした~(汗)
バイエル100番台苦戦中です。指示細かい
引っかかってるのはやっぱり短く切る音と強弱なんですよね。
左手、5の指押さえつつ1・3の指でチャンチャンチャンと和音弾くところ、
1・3の音の方が短く5の音の方が後に残るはずなのに同時にあげてしまってる、
…ってやっぱり細かいです、先生~(泣)。
でも、早くブルグに行きたいので頑張ります。


しかし、発表会まであと2週間。それなのにプログラムやっぱりまだです。
来週見れると良いなぁ(苦笑)。


アレンジものと言っても、誰それの編曲、とか言うものではなく、
いわゆる‘簡単アレンジ’と言われるものです(笑)。
私のブログ友だちの皆さんはかなりの上級者の方たちばかりなので、
クラシックのピアノ曲の原曲を弾かれる方が多いのは当然なのですが、
私のレベルくらいだと原曲を弾ける曲が限られ、
簡単アレンジと言われるものも結構弾いてきてました。
大好きなマイケル・ナイマンの『楽しみを希う心』も、もうどーしても弾きたくて、
ヤマハで習い始めたばかりの頃、簡単アレンジを探してレッスンして頂いた記憶があります。
今の教室に移ってから、やっぱり原曲が弾きたくて、頑張って原曲をレッスンしたのですが、
私なんかはアレンジの仕方が良ければ簡単アレンジでも別にいいじゃん、というスタンス、
今度のおんそうずで弾こうかな、と思っていたものも実は簡単アレンジものでした。
ところが先生はやっぱり原曲ありきの方で、最初のころは曲決めのたびに、
「原曲は?原曲でも弾けるのいろいろあると思うけど~」
と言われたものでした。途中から諦められたのか言われなくなりましたけど(笑)。
でも、私なんかは、この曲弾きたい!という気持ちが原動力になっているので、
やっぱり弾きたい曲をやるのがモチベーション的にも一番なので、
簡単アレンジもやっぱり候補に入っちゃうわけです。
って、こんな風にぐずぐず言ってるのは、また見つけちゃったからなんですねー。
少し前にブロ友の金魚さんが、『アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ』
の楽譜を手に入れたと仰ってて、すごく弾きたくなったのですが今の私に弾ける訳もなく、
いいなーと思いつつ動画を漁って聴き倒してたのですが、
「ショパン」という雑誌の企画でやってたやさしいバージョンの動画を見つけちゃったんです。
やさしいと言っても、私にはかなり難しいレベルですけど~~
次の選曲これも候補にしたい!と嬉々としてバックナンバーを注文して手に入れたのですが、
先生はあまり喜ばないよなーと、ふと我に返って思いました(汗)。
先生ではなくても難しいクラシックの原曲を弾かれる方はあまり好きではないかもですよね
ちなみに、下の動画がその簡単アレンジ。
簡単アレンジも、アレンジ次第で悪くないと思うのですがどうでしょう
でも音削ってるし、原曲に比べたらやっぱりちょっと寂しくは聴こえますよね~
おんそうずの選曲もかなり迷い中です(-"-)。





今日は土曜日なのでピアノのレッスンに行ってきました(^^ゞ
お盆があったのでまたまた2週間ぶりのレッスンで、またまた緊張(苦笑)。
これ本当になんとかしたいなぁ
それはともかく、今日は『ハノン』、ギロック『古典形式によるソナチネ』、そして『バイエル』。


【ハノン 35番】
合格―(*^^)v!
5の指からの指くぐりでかなり弾きにくかったのですが、あっさり合格♪
ホントにあっさりで、弾いたの1回だけ(汗)。
先生、もっと弾きにくそうに弾くかと思ってましたが大丈夫ですね♪って仰って、
もう1回弾いておきましょうか、もなかった…
ハノンのテキストに「大事な練習」ってわざわざ書いてあるんですけど、
ホントにこれで良いんでしょうか~汗
まぁ、次に進めるのは嬉しいですけど(笑)。


【古典形式によるソナチネ】
2週間ぶりで、やっぱり緊張しました~
1度通すも、1楽章はなんとか持ちこたえましたが所々ミスタッチ、2楽章でちょっと崩れ、
でも3楽章は持ち直しなんだかなり気持ちよく弾けた、というちょっと不安定な演奏でした
いやでも、3楽章が気持ちよく弾けただけでも進歩かな…?
今日のポイントは、

  ・1楽章、12・15小節目、左手少し転んでいる
     →12345と弾くだけだが、345弾く時少し転んでいる
     →ここだけ部分練習を
  ・1楽章、18・19小節目の展開部の始め、左手もう少ししっかり音出しても良い
     →弱くならないように。左手も強弱しっかり。
  ・1楽章、30~33小節目、左手のド・ドーシーのメロディしっかり出す
     →このメロディがちゃんと聴こえて欲しいのでしっかり出す
     →でも、ドーシーがシの方が強くならないように
  ・2楽章、32分音符は慌てずに入れる
     →絶対に慌てない。少し遅れても良いくらいの気持ちで。
  ・2楽章、7小節目、メロディのまとまりが切れないように
     →2つの小さなスラーがあるが、それがさらに大きなスラーでくくられている
     →大きなスラーがメロディのまとまりなのであまり小さなスラーの間を切らない
  ・2楽章、16~22小節、フレーズごとに転調していること意識
     →強弱はちゃんとついてるが、それだけじゃなく音でも違いを出せると良い
  ・2楽章、16・17小節目、24・25小節目、固い音にならないように注意
     →fだったりクレッシェンドあったり、大きな音を出そうとして固い音になりがち
  ・3楽章、終わりから2小節目のff、跳ねるように切らない
     →慌てて上げないで、しっかり響かせる感じで

注意点、減ったと思ったのにまた増えましたね…(汗)。
前に言われてた注意がまた復活した感じで、う~んって感じです
気をつけないと、やっぱり元に戻っちゃうんですよね~
もう一度、レッスンの注意点を見直してみたいと思います。
でも、3楽章は今日はホントに気持ち良く弾けて、
先生にも、今日は3楽章がかなり良かったと褒めて頂けました(^^ゞ
そのかわり、2楽章がまた元に戻っちゃった感じでしたけど
もっと、全体的に安定して弾けたらなぁと思います。


【バイエル 100番、102~103番】
100番、103番合格―♪
102番持ち越し
102番もなんだか苦戦してます、手強い(-“-)
pからクレッシェンド、またpに戻ってクレッシェンド、と強弱のところでつっかかってます(汗)
やっぱり強弱つけるのも苦手かもです~
強弱を気にしなくてよいハノンはやっぱり楽しいです(笑)。


しかし、2週間ぶりで緊張しましたが、やっぱりレッスン楽しいです^^;
下がっていたピアノ熱もちょっと戻ってきました♪
ここのところ隔週のレッスンだったのですが、間が開くとだらけちゃいますし、
私はやっぱり毎週の方が性に合ってますねー。
発表会も近いですし、ちょっと気合い入れ直して頑張ります(笑)。


今日、実家から戻ってきました^^;
美味しいものをたくさん食べて、ちょっとゆっくり出来ました♪
でも親戚がいて結構バタバタしてて、ピアノがあまり弾けないかったのは予想してたのですが、
パソコンは夜に出来ると思っていたのに、親戚のお陰でそれもゆっくり出来なかったのは
ちょっと予想外でした~ (母のパソコンはリビングにあるので・汗)
皆さんのところへは、今からお邪魔させて頂きますね♪
しかし、父が長男なので仕方ないとは言え、もう少しゆっくり過ごしたかったなぁと思いました。
まぁ、楽しかったですけど(苦笑)。
とにかく、お盆休みもあっと言う間に終わってしまいました
明日から仕事だと思うと憂鬱ですが、また頑張りたいと思います
でも、連休明けの明日はかなり忙しそうです~(泣)
きっと注文書の山…


会社がお盆休みに入り、明日から新潟の実家へ帰省してきます。
特急と普通電車を乗り継いでの片道5時間ほどの長旅は考えただけで疲れますが(笑)、
会社の引っ越し後、なんだかばたばたととても忙しかったので、
実家ではちょっとゆっくりしたいと思います^^;
ホントは温泉でゆっくりが一番したいんですけど(笑)。
でも、発表会も近いですし、実家のアップライトでピアノの練習はちゃんとしたいと思います♪
弾きまくれたら良いですけど、親戚とか来るし無理かな~
でも、今回は、母が新しいパソコンを買ったと自慢しててネット環境ちゃんとあるので
(田舎で今までダメだったのですが、やっとフレッツ光に出来たみたいでそれも自慢・笑)
皆さんのところへは普通にお邪魔出来ると思います(^^♪
また実家の方からお邪魔させて頂きますね!
来週の火曜まで行って来ます~。


毎年真央ちゃんが出演する、真夏の氷上祭典「THE ICE」。
今年も大成功のうちに幕を下ろし、本放送も終わりました(^^ゞ
いつもは愛知で2日間4公演なのですが、今年は大震災の関係で大阪公演も2日間追加、
収益金で東日本大震災で被災した方々を1,400人八戸公演に招待したそうです。
観覧する被災者の方々の交通費と食費も全て収益で賄ったとのことで、素晴らしいですね
大阪公演があるとのこでもうもうすごく行きたかったのですが、
情報を知るのが遅くて出遅れました~(涙)。
それはともかく、今年も素晴らしかったらしくあちこちで話題になり、
動画もあがって来ているのでいくつかご紹介したいと思います。


まずはオープニング。毎年素晴らしいですが、今年は特に素晴らしいのでご紹介。


2009年の真央ちゃんのショートプログラムの「月の光」からはじまり、
後半一気に雰囲気が変わり「Power To The People」へ!
真央ちゃんが選手たちのもつ明かりをひとつ、またひとつと灯して行く演出が秀逸。


そして、真央ちゃんのプログラム「Jupiter」。


平原綾香さんではなく、なんとあの「彼方の光」を歌ってる少年合唱団‘Libera’の曲!
びっくりしましたが、真央ちゃんの透明な雰囲気とLiberaの美しい歌声がぴたりと合い、
本当に夢のようなプログラム
オープニングもそうですが、鎮魂と祈りを強く感じました。
振りつけは、「愛の夢」も振りつけたローリー・ニコルさん。
これ、THE ICEの為に振りつけたとか言われてましたが、
限定のプログラムなんでしょうか~(T_T)
とても素晴らしいプロなので、競技の時のエキシでもぜひ滑ってもらいたいなぁ。
ここだけで終わるのはもったいないプロです。
でも、もう1つショパンのワルツのエキシもあるようなので、そちらも素敵かもですけど^^;


最後に、今回とても素晴らしかった羽生結弦選手のプロ。
新プログラムの「ロミオとジュリエット」。


これすごく良いプログラムです~!神プロになりそうな予感がしますね
羽生選手は仙台にいて彼自身被災者なのですが、そんな状況で良くここまで!と思いました。
顔つきも雰囲気も大人っぽくなり、曲に合っていてとてもカッコ良かったです
すっかりファンで(笑)、応援してますので今シーズンも頑張ってもらいたいですね^^;
しかし、トリプルアクセルからトリプルアクセルのシークエンスが圧巻!凄すぎ


それにしても、「THE ICE」は毎年本当に素晴らしいです
震災の影響で今年は特に大変だったと思いますが、
出演者の方々、スタッフの方々、本当にありがとうございましたm(__)m
来年も素晴らしいショーを楽しみにしています♪
いつか絶対見に行きたい~(>_<)!


今日は土曜日なのでピアノのレッスンに行ってきました(^^ゞ
先生のご都合で先週お休みで2週間ぶり。久しぶりでドキドキしました
今日は『ルクーペ』とギロック『古典形式によるソナチネ』、そして『バイエル』。


【ルクーペ 13番】
久々にルクーペ復活!本当に久々で緊張しました~
1度弾くも、まだいっぱいいっぱいな感じ(汗)
注意されたのはやっぱり音階の指くぐりのところでした。
今日のポイントは、

  ・右手の指くぐり、もう少しスムーズに
     →やっぱり、指くぐりの時手が少しさがる感じになる。そのまますっと行く。
     →ゆっくりから確実に。
  ・左手、伸ばす所はしっかり伸ばす

まだいっぱいいっぱいで、先生もまだあまり言う事がない感じでしたねー。
でも、やっぱり音階でダメ出し(大汗)。
片手練習させられましたが、意識しないとやっぱりくっと手が下がる。
意識して、ゆっくりから確実に練習、ということで持ち越し
音階の連続でちょっとめげそうですが頑張ります~。


【古典形式によるソナチネ】
おんそうず効果消えました~(涙)。
2週間ぶりなのもあってかなり緊張して、最初1度通すも今一つ。
今日のポイントは、

  ・1楽章、12・15小節目、左手少し転んでいる
     →12345と弾くだけだが、345弾く時少し転んでいる。
     →付点や逆付点で練習
  ・2楽章、ペダルがやっぱり早いところがあるのでそれだけ注意
     →ホンの少し遅らせて踏むこと意識
  ・3楽章4小節目、この左手少し転んでいる
     →もうちょっとな感じ。4の指しっかり弾く意識。
  ・3楽章、最後の部分の音階つっかからないように。ぴしっと決める。
  ・3楽章、終わりの2小節のffのところと最後伸ばすところ、ペダルつけても良い
      →最後ペダルつけて終わった方が良いかも。ただし、ffのところは短く!

最初通した時はつっかかりましたが、その後弾いた時は割とスムーズに弾け、
全体的な流れは前回より良いと言って頂けました^^;
注意点もちょっと減った感じで、注意されるところ決まって来た感じですね~。
ダメなところは分かってるんですが、なかなか直せないですね
部分練習が必要な感じになってきました
やっぱりつい通しちゃうのですが、やっぱり部分練習もやらないとですね


【バイエル 100~102番】
101番合格―♪
100、102番持ち越し
100番に苦戦してます~これ細かい(汗)。
アクセントや短く切る音、pやf、クレシェンド、スタッカートなど、指示がなんか細かい
こういうの弾くと自分のいい加減さが目立ちますね。
しかしこの100番、意外と苦労する人多いとのことでちょっとホッとしました~。
この曲結構好きですし、早くきっちり弾けると良いなぁ。


ところで、今日発表会の申込書を出して来ました♪
大阪倶楽部での発表会のではなく、9月の教室全体の発表会のものです。
しかしあと1ヶ月って、ホントに時間たつの早すぎ(汗)
プログラムが出来るのはきっとぎりぎりだと思いますが、
また順番がどの辺になるのかドキドキです~


おんそうず3まで、あと3ヶ月と少し、意外に時間がありません。
らべんだ~さんのブログでも連弾企画が正式に発表になり、ちょっと焦ってきました~
私がスマフォに気を取られているうちに、企画の話は着々と進んでいたみたいです(笑)。
前回のおんそうずの時にもう連弾のことはほぼ決まっていたので、
連弾やるなんて思ってもなかった前の発表の時のような衝撃はありませんでしたが(笑)、
それでもびっくりしましたというのも、4人でのアンサンブルになってたからです
今回、私はらべんだ~さんとやらせて頂くことになっていて、
曲は「ブルグミュラーでお国めぐり」より『素直にはずんでカーニバル』という曲で、
らべんだ~さんが何曲かあげて下さった中から1番気に入った曲を選んだのですが、
この曲はもちろん連弾だけでもいけますがリコーダーの楽譜もついていて、
アンサンブルも出来るようになっています。
誰かリコーダーしてくれないかな、なんて言っていたのですが、
らべんだ~さんがお話して下さったみたいで、なんと、
Sleepingさんとタワシさんがリコーダーやって下さることになりました!
らべんだ~さんのブログでの発表をみてびっくりでした(@_@)
でも、すごく楽しそう~♪お2人ともありがとうございます!
しかし、アンサンブル初体験です~
きっとご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたしますm(__)m
が、頑張らないと~(>_<)
私は譜読みが遅いので、もうそろそろ連弾とりかからないとです。
スマフォに気を取られてる場合じゃありませんね(笑)。


ちなみに連弾の曲はこんな曲です。



プリモ、動画だと片手ですが、楽譜はユニゾンになってる両手です。
でも、要は片手でも大丈夫なので、いざとなったら片手で~なんて姑息な事を考えました(汗)。
先生は、前回のアラベスクより弾きやすいと思いますよ、と仰っていたので、
頑張ってみたいと思います^^;
また近くなったら、先生にお相手して頂けるのでそれも楽しみです♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。