ペーパームーン

主に大人になって習い始めたピアノについてのブログです。 その他日常雑記。腐女子のため、たまに内容注意(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2011年グランプリシリーズのアサイン(どの選手がどの試合に出るかの割り振り)が、
とうとう発表になりました!
震災で世選などがずれた影響か、いつもより少し遅かったですねー。
いつなのかとそわそわしながら待ってました(^^ゞ
主な選手は次の通り。


<第1戦 スケートアメリカ(カリフォルニア州オンタリオ) 10/21~23>
男子シングル:小塚崇彦、村上大介、エヴァン・ライサチェク
女子シングル:今井遥、アリッサ・シズニー、カロリーナ・コストナー

<第2戦 スケートカナダ(オンタリオ州ミシサガ) 10/28~30>
男子シングル:高橋大輔、パトリック・チャン
女子シングル:鈴木明子、長洲未来、レイチェル・フラット(米国)
ペア:高橋成美/マーヴィン・トラン

<第3戦 中国杯(上海) 11/4~6>
男子シングル:織田信成、羽生結弦、ブライアン・ジュベール
女子シングル:村上佳菜子、カロリーナ・コストナー、長洲未来
ペア:川口悠子/アレクサンドル・スミルノフ

<第4戦 NHK杯(札幌) 11/11~13>
男子シングル:小塚崇彦、高橋大輔、トマシュ・ベルネル
女子シングル:浅田真央、鈴木明子、アリーナ・レオノワ
ペア:高橋成美/マーヴィン・トラン

<第5戦 エリック・ボンパール杯(パリ) 11/18~20>
男子シングル:織田信成、パトリック・チャン、ブライアン・ジュベール、エヴァン・ライサチェク
女子シングル:村上佳菜子、カロリーナ・コストナー、アリッサ・シズニー


<第6戦 ロステレコム杯(モスクワ) 11/25~27>
男子シングル:羽生結弦、トマシュ・ベルネル、ジェレミー・アボット
女子シングル:浅田真央、今井遥、レイチェル・フラット
ペア:川口悠子/アレクサンドル・スミルノフ
アイスダンス:キャシー・リード/クリス・リード



真央ちゃんは、4戦目のNHK杯と、6戦目のロステレコム杯!
今年は世選が6位と振るわず優先権がなかった割には良い感じだと思います♪
でも、シニアデビユー以来ずっと出ていたエリック杯に出ないことに凄く驚きました(@_@)
ロロパパは涙目かも(笑)。
でも、ジャパンオープンから連戦にはなりませんし、グランプリシリーズの感覚も2週間開く、
NHK杯は自国、ロシアにはタラソワ先生がいるからプロの手直しとかしてもらえるかも、
なので、ホントになかなか良い組み合わせだと思います^^;
ただ唯一の不安材料が、ここ数年、ロシアでは良い演技が出来てないということ。
ロシアの人たちに良い演技を見せて、そんな懸念を吹き飛ばして欲しいですね!
あと、今年はいよいよロシアの脅威のジュニアたちがシニアに参戦、
世界ジュニア金メダリストのアデリーナ・ソトニコワ選手は中国杯とロシア杯、
世界ジュニア銀メダリストのエリザベータ・タクタミシェワ選手はスケートカナダに出場します。
ジュニアとは言えいきなり台のリしてもおかしくない実力を持っているので、
いろいろなブログで言われているように、勢力図がガラっと変わるかもしれません。
どんな戦いになるか、今から本当に楽しみです
特ににタクタミシェワ選手は練習でトリプルアクセルを跳んでいるようですし、
いよいよ実践投入の可能性もあるので、真の意味での真央ちゃんのライバルになるかも!
でも、本当に力をもったライバルとのガチンコ勝負なら、ファンは大歓迎なんですよね。
またフィギュアがすごく面白くなりそうな気がします。

しかし、この間真央ちゃんがプログラム作りにロシアに行ったとの情報もありましたし、
グランプリのアサインも発表になった。
いよいよ、今シーズンが動き出したという感じがしますね^^;
選手全員、怪我だけには気をつけて頑張って欲しいですね!
フィギュアに対してのテンションがちょっと下がっていたのですが、
アサインをみたらやっぱりとてもワクワクしてきました♪
また今シーズンも、精いっぱい真央ちゃんを応援したいと思います



ちなみに下は、エントリーした選手を詳しく挙げたものです。
興味のある方はご覧ください。

~女子シングル~

◆Skate America◆10/21 - 23
・Laura LEPISTÖ (FIN)
・Elene GEDEVANISHVILI (GEO)
・Carolina KOSTNER (ITA)☆
・Valentina MARCHEI (ITA)
・Haruka IMAI (JPN)
・Ksenia MAKAROVA (RUS)
・Joshi HELGESSON (SWE)
・Alissa CZISNY (USA)
・Caroline ZHANG (USA)
・TBD (USA)

◆Skate Canada◆10/28 - 30
・Amelie LACOSTE (CAN)
・Cynthia PHANEUF (CAN)
・TBD (CAN)
・Sarah HECKEN (GER)
・Akiko SUZUKI (JPN)
・Alena LEONOVA (RUS)☆
・Elizaveta TUKTAMISHEVA (RUS)
・Rachael FLATT (USA)
・Mirai NAGASU (USA)
・Ashley WAGNER (USA)

◆Cup of China◆11/4 - 6
・Bingwa GENG (CHN)
・Kexin ZHANG (CHN)
・TBD (CHN)
・Carolina KOSTNER (ITA)☆
・Valentina MARCHEI (ITA)
・Kanako MURAKAMI (JPN)
・Ksenia MAKAROVA (RUS)
・Adelina SOTNIKOVA (RUS)
・Christina GAO (USA)
・Mirai NAGASU (USA)

◆NHK Trophy◆11/11 - 13
・Cynthia PHANEUF (CAN)
・Kiira KORPI (FIN)
・Mae Berenice MEITE (FRA)
・Elene GEDEVANISHVILI (GEO)
・Mao ASADA (JPN)
・Akiko SUZUKI (JPN)
・TBD (JPN)
・Alena LEONOVA (RUS)☆
・Ashley WAGNER (USA)
・Agnes ZAWADZKI (USA)

◆Trophée Bompard◆11/18 - 20
・Laura LEPISTÖ (FIN)
・Yretha SILETE (FRA)
・TBD (FRA)
・TBD (FRA)
・Sarah HECKEN (GER)
・Carolina KOSTNER (ITA)☆
・Kanako MURAKAMI (JPN)
・Elizaveta TUKTAMISHEVA (RUS)
・Viktoria HELGESSON (SWE)
・Alissa CZISNY (USA)

◆Rostelecom Cup◆11/25 - 27
・Amelie LACOSTE (CAN)
・Kiira KORPI (FIN)
・Mao Asada (JPN)
・Haruka IMAI (JPN)
・Sofia BIRYUKOVA (RUS)
・Alena LEONOVA (RUS)☆
・Adelina SOTNIKOVA (RUS)
・Rachael FLATT (USA)
・Christina GAO (USA)
・Agnes ZAWADZKI (USA)


~男子シングル~

◆Skate America◆10/21 - 23
・Kevin VAN DER PERREN (BEL)
・Michal BREZINA (CZE)☆
・Florent AMODIO (FRA)
・Peter LIEBERS (GER)
・Samuel CONTESTI (ITA)
・Takahiko KOZUKA (JPN)
・Daisuke MURAKAMI (JPN)
・Richard DORNBUSH (USA)
・Evan LYSACEK (USA)
・TBD (USA)

◆Skate Canada◆10/28 - 30
・Patrick CHAN (CAN)
・Andrei ROGOZINE (CAN)
・TBD (CAN)
・Alban PREAUBERT (FRA)
・Daisuke TAKAHASHI (JPN)
・Denis TEN (KAZ)
・Javier FERNANDEZ (ESP)
・Alexander MAJOROV (SWE)
・Ross MINER (USA)
・Adam RIPPON (USA)

◆Cup of China◆11/4 - 6
・Kevin REYNOLDS (CAN)
・Jinlin GUAN (CHN)
・Jialiang WU (CHN)
・TBD (CHN)
・Brian JOUBERT (FRA)
・Yuzuru HANYU (JPN)
・Nobunari ODA (JPN)
・Artur GACHINSKI (RUS)
・Jeremy ABBOTT (USA)
・Richard DORNBUSH (USA)

◆NHK Trophy◆11/11 - 13
・Tomas VERNER (CZE)
・Samuel CONTESTI (ITA)
・Takahiko KOZUKA (JPN)
・Daisuke TAKAHASHI (JPN)
・TBD (JPN)
・Konstantin MENSHOV (RUS)
・Adrian SCHULTHEISS (SWE)
・Armin MAHBANOOZADEH (USA)
・Ross MINER (USA)
・Brandon MROZ (USA)

◆Trophée Bompard◆11/18 - 20
・Patrick CHAN (CAN)
・Kevin REYNOLDS (CAN)
・Nan SONG (CHN)
・Michal BREZINA (CZE)☆
・Florent AMODIO (FRA)
・Brian JOUBERT (FRA)
・TBD (FRA)
・Nobunari ODA (JPN)
・Evan LYSACEK (USA)
・Adam RIPPON (USA)

◆Rostelecom Cup◆11/25 - 27
・Andrei ROGOZINE (CAN)
・Michal BREZINA (CZE)☆
・Tomas VERNER (CZE)
・Yuzuru HANYU (JPN)
・Artur GACHINSKI (RUS)
・Sergei VORONOV (RUS)
・TBD (RUS)
・Javier FERNANDEZ (ESP)
・Jeremy ABBOTT (USA)
・Brandon MROZ (USA)


スポンサーサイト
今日は土曜日なのでレッスンに行ってきました(^^ゞ
部屋にいる時はエアコンつけてるので分からなかったですが、外はもう暑くて暑くて
こんな時はホントに、歩いて2.3分で良かったと思います
今日は、『ハノン』、ギロックの『古典形式によるソナチネ』、そして『バイエル』。


【ハノン 33番】
合格―(*^^)v!
3の指からの指くぐりだったのですが、一番出て来る形で弾きやすいし問題ないですね、
とのことであっさり合格♪
ただ、次は4の指からの指くぐりでかなり弾きにくそうです~
さらにその次が5の指からの指くぐり……弾けるのかな(大汗)。
でも、今やってるソナチネで左手に4の指からの指くぐりが出てきてるので、
これでちょっとは弾きやすくなったら良いなぁと思います。


【古典形式によるソナチネ】
やっぱり今日も、まず1~3楽章まで通し。最初良かったのに途中崩れました(-“-)
2楽章、ちゃんと切り替えずに出て崩れた感じでしたね~
今日のポイントは、

  ・1楽章5小節目からの部分、もっと小さく。小さく始めてクレッシェンド
  ・1楽章の展開部に入るところ、もう少し違う部分に入ったという感じが欲しい
     →その少し前から展開部と同じ調に転調しているのでそのままスッと行きそうだが、
       ちょっと呼吸を置いて新しく始まる感じで
  ・1楽章48~49小節目、右手から左手の受け渡しもう少し滑らかに
     →1本の線で流れてる感じでもう少しスムーズに行くと良い
  ・2楽章、ペダル踏むのがちょっと早くて濁る部分があるので注意
  ・2楽章4小節目、終わりの方デクレッシェンドで
     →音が増えていって厚みが増すので出やすいが、逆に小さくなっていくので注意
  ・2楽章、1楽章とは違う音色出すこと意識(柔らかい音で)
  ・3楽章、出だしもっと軽快な感じで始める
     →ここでも、前の楽章との違いを意識して
  ・3楽章4・25・47小節目の同じ形の左手、走らないよう注意
  ・3楽章、最後のffの部分はもっと思い切りガンッといって終わる
   
なんだか、あっちを直せばこっちが、って感じでやっぱり注意点多いです(>_<)
でも、先週より大分良い、だんだん良くなって来ましたねーと仰って頂けましたし、
それを励みに頑張ります~。
しかしこれからも、まず全部通して、の形で行くみたいですが、
緊張しますがこれ良い練習になりそうです^^;


【バイエル 93~95番】
94番、95番、それとヘ長調の音階合格―♪
93番持ち越し
時間もあったし93番かなり弾きこんでたのですが、
最後の方で音とリズムちょっと間違ってる場所が
それをすぐに修正出来ませんでした(-“-)
そこだけなんだけどそこまだあやしいので来週もう1度、ということで持ち越し。
…譜読みはきっちりやらないとですね(苦笑)。


ところで、レッスン終わって出てきたら、隣の部屋からなんだか聞き覚えのあるメロディーが。
良く聴いたら、金魚さんが発表会で弾かれるカプースチンの『前奏曲Op.53-23』(@_@;)
うわぁ、誰?!発表会で弾くの?!と思ってちらっと覗いたら(←あやしいですね・笑)、
40代くらいの男性の方で、どうやらうちの生徒じゃないみたいでした~、残念
この曲、ジャズっぽくてすごくお洒落で素敵です♪
こんなのさらっと弾けたらとてもカッコイイな~と思います。やっぱり良い曲!
なんだかかなりテンションあがりました(笑)


10月に、うちの教室のピアノの生徒だけの発表会が大阪倶楽部でありますが、
その発表会の為の服を新調しました♪
実際にお会いしたことのある方たちはご存知ですが、私はかなり小柄で、
既製品では合うものがなかなか無く、何かある時は服を作ってもらっていたりします。
母の知り合いが洋装店をやっていて安く作ってもらえ、
作ってもらうと言っても下手に買うより安かったり^^;
今回もそこにお願いしたのですが、仮縫いが終わったとのメールが母からあり、
服の画像も送られてきたので、ブロともの金魚さんのリクエストもありましたし、、
なんだかちょっと恥ずかしいですが服の画像をUPします(^^
下の画像がその新しい服です♪シンプルな形のワンピースです♪
袖は開いた形の七分袖。

ワンピース1     ワンピース2

柄やっぱりちょっと派手だったかな~(汗)
生地の見本の画像送ってもらった時に一目ぼれした生地で気にいっているのですが、
でも、柄が派手なので形はシンプルにシンプルに!とお願いしました^^;
まぁ、前回、思いっきりドレスの方もいらっしゃったのでそんなに目立たないかな

とにかく、仮縫いまで終わったので、もうじき手元に届きます♪
新しい服はテンションあがりますね~
これを着るのを楽しみに、練習頑張ります


ちなみに、私が一目ぼれした生地の見本画像はこれ。

ワンピース生地

……お母さん、なんでこんなに画像によって色が違うかな
実際はどんな色なのか、届くの楽しみです(苦笑)。


今日はピアノのレッスンに行ってきました(^^ゞ
本当なら土曜なのですが、先生の都合で今日に振り替えでした。
今日は、「ブルグミュラーでお国めぐり」より『タンゴ・デ・アラベスク』、
ギロックの『古典形式によるソナチネ』、そして『サラバンド』。


【タンゴ・デ・アラベスク】
サラバンドとどちら見てもらうか迷って、こちら。(って結局サラバンドもしましたけど)。
16分音符で細かい注意はあるけど、ほぼOKとのこと。
でも、やっぱり注意点あるんですよね~(汗)。
今日のポイントは、

  ・16分音符、全部の音を均等に
     →1の指の音が強くアクセントがついてる感じに聴こえる。音を均等に。
  ・16分音符、まだ少し345の音がくっつく時がある。もうちょっとな感じ。
  ・テンポ走らない
     →テンポが少し走る。走りやすい曲なので注意。

16音符難しいです(-“-)。なかなか綺麗に弾けずに苦戦中です~
連弾なのでそんなに気にならないとは思うが、
一番目立つメロディのところなのできっちりやりましょう、とのこと。
頑張ります


【古典形式によるソナチネ】
1楽章づつ見るのではなく、最初に1~3楽章全部通して弾かされました(@_@)
いきなりのことにちょっと動揺(汗)。ん~ちょっと微妙な出来でした
今日のポイントは、

  ・3楽章、出だしから良く出て来るタラタッタッタッのリズムのタラのところ走らない
     →走っていてタタッって感じに聴こえる。慌てずしっかり弾く
  ・3楽章、18~22小節の音階のところ、区切るところは区切る
     →楽譜では区切りがあるのでフレーズできっちり区切る。繋げて弾かない
  ・3楽章、31~34小節の左手のsf、もっと思い切り出す
     →左手の方が聴こえるように。右手頑張りすぎない
  ・3楽章、35~40小節目、左手アーティキュレーション注意
     →f、mf、pと小さくなっていくが、その中でもフレーズごとに強弱
  ・3楽章、最後はあまり弱く終わらない
     →その前がffで、その後弱く終わる終わり方もあるが、ここは特に指示がない
  ・1楽章の最後、allargandoとa tempoのところ違いを出す
     →最後の前だんだん強くしながらテンポ落とし、最後元のテンポに戻って終わるが
                        そこのところの違いがまだはっきりしない
  ・2楽章、32分音符慌てないこと
  ・2楽章は、全体的に柔らかい音でゆったりとしたイメージで弾く

な、なんだか注意点盛りだくさんですね~
先生、やっぱりいつもよりはりきってる感じがしますね(笑)。
…しかし、おんそうずでこれ弾こうなんてやっぱり無謀だったかも(汗)。
ボロボロの演奏だったらすみません~m(__)m


【サラバンド】
1回だけ弾いてみて下さい、とのことで弾いたのですが、
弾いたら1回で終わるわけないんですよね(笑)。
良い感じで弾けたし、特に注意を受けなかったので演奏はOKだったようなのですが、
ペダルをどうするかで先生と話し合い。
楽譜には右手16分音符の部分は全部ペダルの指示なしで、
右手の為にないのだろうと分かるのですが、、
左手のためにはやっぱりあった方が良い、ここでいきなり左手が切れる感じがする、
とのことで、あり、なし、何度か試して、結局ペダルありでいくことになりました。
曲全体にペダルつけて踏み変え。私はこの方が弾きやすいです(^^♪
でも、ペダルは浅めに!とのことで、その辺の調節は難しいですけど


しかし、サラバンドに思いのほか時間を取られて、バイエルはまた来週に。
終わってみれば全部普通の曲ばかりで練習曲なし(@_@)!
そんなの久々でしたが、なんだかすごく楽しかったですね♪
たまにはこういうのも良いかも^^;
先生バイエルやりたそうでしたけど、1時間近くたってたし次の生徒さんきてましたし。
また来週頑張ります(^^ゞ


この間のことですが、とある音楽が頭に流れ出して、それが何の曲か思い出せず、
とてもとてももどかしい思いをしました
絶対にどこかで聴いた。しかもすごく良い曲!でも、思い出せない~(汗)。
よくある話ですけど
でも、頭の中でメロディがエンドレス状態になり、気になるどころの話じゃなく、
このままいったら今日寝れないかも、とまで思いました(笑)。
3時間ほど後にふっと思い出したその曲が、
ソルトレイクオリンピックでアレクセイ・ヤグディンが滑った「仮面の男」
思い出した瞬間、振付のパントマイムまで鮮明に思い出しました(笑)。
この曲すごくカッコイイ曲で素敵なのですが映画音楽で、
今思えばオリンピックにこの選曲って結構冒険だったのではないかと思います。
フィギュアといえばクラシックがやっぱり正統ですし。
それでも、オリンピックにあえてこういう曲を選んだヤグディンは素晴らしい
タラソワコーチ(真央ちゃんの元コーチ)の振付とも相まって
ヤグディンを代表する名プロとなってます。
思い出したとたん、ものすごく見たくなって、動画を漁ってしまいました
下に動画をUPしておきますので、気になる方は見てみて下さいね♪
‘世界一美しい’と言われたトリプルアクセルも見れます♪
刈屋さんの神実況も必聴です!(リアルで見てた時は泣きそうになりました~

しかしこの頃って、4回転からの3連続とか1つのプロに2回の4回転とか…凄すぎです(汗)





少し遅くなりましたが、一昨日の日曜日に堂島倶楽部(堂島ホテル内にあるバー)で、
またまた大阪フィルの佐久間さんたちの演奏会が久々にあったので行ってきました(^^ゞ
出演者は、ヴァイオリン:佐久間聡一さん・田中美奈さん、
       チェロ:織田博嗣さん、
       ピアノ:藤井快哉さん
プログラムは、


  ・タルティーニ/ヴァイオリン・ソナタ ト短調(悪魔のトリル)
  ・シューベルト/ピアノ三重奏曲 第1番 第2楽章
  ・クライスラー/テンポ・ディ・メヌエット
         /プニャーニの主題による前奏曲とアレグロ
         /ジプシーの女
         /シンコペーション
  ・モシュコフスキー/2つのヴァイオリンのための組曲

  ≪アンコール≫
  ・バッハ/2つのヴァイオリンのための協奏曲(ドッペルコンチェルト)第2楽章
  ・アイルランド民謡/ロンドンデリーの歌


本当に久々のコンサート、ものすごく楽しかったです❢
佐久間さんたち相変わらずの和やかムードのコンサートで、
そんな雰囲気の中で佐久間さんたちの音楽を聴いて、ホント生き返った気分です(笑)。
やっぱり生演奏聴くの好きですね~♪
今回のメインはなんと言っても悪魔のトリルでしょうか。
これ、すっごく好きな曲なんですが、なかなか聴く機会ってなくて、生で初めて聴いたかも!
今回、佐久間さんが力を入れて弾いてくれたのでとても嬉しかったです(^^♪
長原さん(大阪フィルのコンマス)のガツンとくる演奏をCDで聴いたことがあるので、
ちょこっと物足りない気はしましたがそれでも素敵でした~
佐久間さん音がすごく柔らかいので余計そう思っちゃったのかもです。
でも、後半のクライスラー、佐久間さんと美奈さんが2曲づつ交互に弾かれたのですが、
男性なのに柔らかい音の佐久間さんと、女性なのにちょっと太くて力強い音の美奈さんの
お2人の対比が面白かったです♪美奈さんカッコイイなぁ(笑)!
時間結構オーバーしてたのにアンコールも2曲して下さって、
とてもたっぷり聴かせて頂いたコンサートでした♪
しかし、次にコンサートに行けるのいつだろう…(涙)。

ちなみに、悪魔のトリルは下の動画の曲です。全部は長いので少しだけUP♪
とても有名なのになぜあまり演奏されないんでしょう…??
難曲で有名ですが、ツィゴイネルよりは難度高くないと思いますし、
負けず劣らずの名曲だと思うんですけど…謎です(笑)。




とうとう、新しいデジピが来ました!
本当なら、昨日のうちに来るはずが、運送会社の手違いにより、
今朝、つい先程納品されました♪
完成形で来るのかと思っていたら、パーツに分解されていて、
私の部屋で組み立てて納品、ということでちょっとびっくりしました(@_@)
そして、組みあがって所定位置に収めてもらった最初の感想は、でかい…(汗)。
デジピを見に行った時には全然気付かなかったのですが、
前のデジピより一回り大きい感じで…
ぎりぎりでしたが、想定していた場所に収まって良かった~とかなりホッとしました
狭い部屋がさらに狭くなり、ベランダへは横の隙間を通って出なければなりませんが(笑)、
タッチと言い音と言い、かなり満足です!タッチが全然ちがう~
前のはちょっと軽い感じでしたが、これはちゃんとヤマハらしい重さを感じて、
弾いててとても気持ちが良いです(^^♪
唯一の不満は、ヘッドフォン少し良い目のものを使っていたのですが、
差し込みの所の規格が違って今までのヘッドフォンが使えなかったこと。
付属品でついて来ましたがそれがちょっと安っぽいもので、
買い替えたいと思うのですが、この規格って普通にあるのかな(大汗)。
でも、とりあえずはすごく満足です
あくまでデジピ、生ピアノには及ぶべくもないですが、ぜっかく買ったものですし、
このピアノで思い切り練習に励みたいと思います^^;

ちなみに、下の画像が今回買ったデジピ。
私の部屋に置かれるとよけい大きいです(笑)。
部屋がこちゃこちゃしてるところは目をつぶって下さい(大汗)。

ニューデジピ1   ニューデジピ2


今度の土曜に新しいデジピが部屋に来ますが、
その前日の金曜に、今のデジピが引きとられて行きます。
本当は新しいデジピが来た時に引きとって行ってもらおうと思っていたのですが、
新しいデジピは某大型電気店で買ったのですが引きとりはやっていないとのことで、
古いデジピの処分に思いのほか頭を悩ませることになりました(ーー゛)
でも、なんとか、とあるリサイクルショップに引きとってもらえることとなり、
金曜に引きとりに来られます。
壊れていても構いません、とのことで、1ヶ所音の出にくいところはありますが、
そこが直せたらもしかしたら他の方に使って頂けるかもしれません♪
高くない、ペダルも後付けで1個しかないような安物のデジピですが、
音はすごく好きでしたし、ピアノを始めた時から使っていたもので愛着があります。
他の場所で使ってもらえるならとても嬉しいです^^;
このデジピがなくなると思うとちょっと寂しいですが、新しいデジピでまた練習頑張ります
あと数日、思い切り弾き納めしようと思います(^^ゞ


今日は土曜日なので、ピアノのレッスンに行ってきました(^^ゞ
今日はレッスンの直前の一時間は部屋空いてなくて、
その前に練習しに行って一旦部屋に戻ってまたレッスンに行きました
歩いて2・3分なんでいいですけど(笑)。
今日は『ハノン』、ギロックの『古典形式によるソナチネ』、そして『バイエル』。


【ハノン 32番】
合格ー(*^^)v!
でもやっぱりすんなりとはいかず
2の指からの指くぐりなんですが、左手1の指の音が強く、2の指の音が小さい、
1の指を支点にして弾いてる感じなので、
2の指にももっと重心を掛けて粒を揃えるようにとのこと。
左手の片手練習の後、両手で合わせてOK頂きました♪
まぁいいかな、とのことでちょっとオマケっぽかったですけど~(汗)。


【古典形式によるソナチネ】
6ページまで譜読み。3楽章まで全部譜読み終わりました~!
でも、やっぱりまだまだいっぱいいっぱい
今日は、2楽章の32分音符のこと結構言われました(汗)
今日のポイントは、

  ・1楽章5小節目、pなの意識してしっかり小さくする
  ・1楽章7小節目、音階の指くぐり、1の指の音が大きく出ないよう気をつける
  ・1楽章19小節の終わり~20小節、23小節の終わり~24小節はppなのでもっと小さく
  ・2楽章、よく出て来る32分音符は決して慌てないこと
     →1拍がちょっと長くなっても良いので慌てた入れ方にしない
  ・2楽章16小節目、この16分音符はもっと早く入れる。テンポ注意
  ・3楽章は軽やかに!2楽章との違いを出す。

とりあえず、譜読みは完了♪
思っていたより早く終わってちょっとびっくりです^^;
これですこし楽になります♪あとは弾きこむだけ、嬉しい♪
でも、問題はこれからですよね~
今日は2楽章の32分音のこと結構言われ、
2楽章が32分音符も含めて綺麗に弾けると良いですね、とのこと。
頑張ります~


【バイエル 90~92番】
92番まで、それとイ短調の音階合格ー♪
持ち越しなしでした(@_@)
イ短調の音階と91番は弾きにくくて、ちゃんと弾けた感じがしなかったのですがOK。
え~と、ハノンといい、先生今日は甘い?笑
でも嬉しいです(^^♪
来週は先生の都合が悪くてお休みで、珍しく2週間開くので、
新しい曲しっかり練習しようと思います。


前回のおんそうずの時、演奏を‘オトコマエ’と評されたりしましたが、
自分では自覚がなく、そうかなぁ??と疑問に思っていました。
ところが昨日、教室に練習に行って偶然友だちに会い、
お互いに隣り合った部屋で練習していて、私はギロックの『古典形式によるソナチネ』
を練習していたのですが,音が聴こえてたらしく、終わってから言われたのが、
「楽譜見せてもらった時もっと難しいのやれば良いのにと思ったけど、
ギロック良いね!ちょっとバッハっぽいし、エラニユースさん弾くとカッコイイわ~」
という言葉。
思いもかけない褒め言葉に一瞬すごーく喜んだのですが、
あれ?でもちょっと待って?このソナチネは‘可愛い’曲のはずなんだけど~
軽くさらっと弾きたいと思っていたのに友人の評価は‘カッコイイ’…(汗)。
いえ、友だちは純粋に褒めてくれてるので確かに嬉しいんですけど
……10月の本番までに‘可愛い’演奏目指して練習頑張ります(笑)。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。