ペーパームーン

主に大人になって習い始めたピアノについてのブログです。 その他日常雑記。腐女子のため、たまに内容注意(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
少し遅くなりましたが、一昨日の日曜日は滋賀の高島市にあるカフェで行われた、
ホルン、歌(ソプラノ)、ピアノのコンサートに行って来ました(^^ゞ
実はこのピアノを弾かれたのが私の先生で、
伴奏だけではなくソロも弾かれるとのことでとても楽しみにして行きましたっ♪
先生あまりこういう外でのお仕事のことは話されないので、
うっかり知らずに聴き逃すところでした~
プログラムは、


  【ホルン&ピアノ】
    1.F.シュトラウス/テーマとヴァリエーション
  【歌&ピアノ】
    2.アルフレッド・ニューマン/慕情
    3.岡野貞一/もみじ
    4.小林秀雄/落葉松
  【ピアノ】
    5.ショパン/幻想即興曲
    6.シューマン/トロイメライ
  【ホルン&ピアノ】
    7.P.デュカス/ヴィラネル
  【アルプホルン】
    8.演奏とお話
  【ピアノ連弾】
    9.大野雄二/ルパン3世
  【歌&ピアノ】
    10.プッチーニ/ムゼッタのワルツ
  【ホルン&ピアノ】
    11.久石譲/君をのせて(天空の城ラピュタより)
    12.フォーレ/夢のあとに
  【ホルン&ピアノ&歌】
    13.F.サルトーリ/タイム トゥ セイ グッドバイ

  ≪アンコール≫
    琵琶湖周航の歌(作詞:小口太郎、原曲:吉田千秋)


アンコールもう1曲あったのに度忘れしてしまいました
それは置いておいて。
とても素敵なコンサートでした♪
オーナーさんが音楽好きの方で、年2回ほどこのようなコンサートを行っているそうです。
こじんまりとしたカフェなのですが、ぎっしりのお客さん(@_@)!
でも皆さん音楽好きのかたばかりのようで、また常連さんでもあるようで、
とてもアットホームな感じの雰囲気の良いコンサートでした(*^_^*)
ホルンの方もソプラノの方も、プロの方ではありませんが、
ほとんどセミプロと言えるほど上手で予想以上に楽しめました^^;
ソプラノの方とても良い声でしたね~!
しかし、私の一番のお目当てはやっぱり先生。先生とても素敵でした~
初めて先生の幻想即興曲が聴けて大興奮でした!!
先生やっぱり凄いです(@_@)!
グランドじゃなくアップライトだったのに、やっぱり音良いんですよね。
弾き方も、私の先生は音楽にのめり込むような弾き方じゃなく、
どこか一歩引いて音をコントロールしてるような感じがあり、
そんな弾き方が私も理想です。
ただ、普段あまり弾いてくれないんですよね~。
今回2曲もソロが聴けて大満足でした(^-^)
このコンサートは毎年行っていて先生出られているようですし、
ちょっと遠い場所なのですが、また来年もぜひ聴きに行きたいです♪
美味しいケーキと紅茶を頂きながら、またまた贅沢な一時でした(^^


スポンサーサイト
フィギュアのグランプリシリーズのエリック・ボンバール杯(フランス杯)が終わりました。
真央ちゃんは総合5位!
NHK杯よりかなり立て直してきました(^^
ジャンプ着実に良くなってきています!
練習が順調にいっていたようで、優勝を目指したいような発言もしていましたが、
ショートは調子が出ず7位。でも、フリーは良かったです♪
何より、フリップのコンビネーションがクリーンに決められたことに心底ホッとしました!
少し補足すると、真央ちゃんはルッツというジャンプにエッジエラーを抱えてて、
その矯正もしているのですが、このルッツはフリップというジャンプと表裏一体。
ルッツの矯正を始めるとフリップの調子も崩れ、
真央ちゃんも得意だったはずのフリップも上手く跳べなくなっていました。
それがフリップからのコンビをクリーンに降りれた!
ルッツも2フットとはいえ着氷!
何より、フリーでは転倒なしでした!
個人的にすっぽ抜けよりちゃんと跳んだ上での転倒の方が良いと思っていたのですが、
この方が流れが止まらず演技の印象的には良いのかも。
トリプルアクセルと単独のフリップがシングルになったとは言え、
ジャンプは本当にあと少しの印象を受けました。
荒川さんも言っていましたが、タイミングの問題だと思います。
新しいタイミングがまだ身体に馴染んでないのかな、と。
でも、あとちょっと!
矯正中なので、多分まだ波があり足踏みすることもあるかもですが、
なんだか出口が見えてきたようで嬉しくなりました!
フリップを決めてくれた時には本当に涙がでました~
次は全日本。
5連覇がかかってますし、きっと全力で戦ってくれると思います。
後、約1ヶ月。真央ちゃんが充実した練習が出来ますように。
とりあえずは本当にお疲れ様でした!
エキシビジョンにも出れるようでとても嬉しいです~ヽ(^。^)ノ






フリー、ジャンプミスはありますが、全体的に流れがあり美しいです


昨日、実家の親から荷物が届きました(^^ゞ
リンゴです。それもまるまる1箱
いえ、毎年のことなので驚いてないですが(笑)。
実家では毎年11月に長野へリンゴ狩りに行くのですが、
いつも行く農家のリンゴが蜜がたっぷりで凄く美味しい!!
ここのリンゴが大好きなのですが、
私は関西に住むようになってからさすがに行けなくなりました。
そこで、両親が私のところへ送ってくれるのですが、
初めて送ってもらって箱が届い時はさすがに驚きました(@_@)。
ちなみに一人暮らし。
友達とかにおすそ分けするとしても食べきれるかな~と思ったのですが、
食べれちゃうんですねー、これが❢
それ以来、毎年箱で送ってくれます(笑)。
今年も、友達におすそ分けした後、2~3週間くらいかけて頂きます
リンゴが長持ちするもので良かった♪

2010112615520000 (2)





ところで、いよいよ明日はフィギュアのフランス杯。
今からもうドキドキしてます(>_<)。
真央ちゃんの出番は朝の4時頃。
眠れない夜になりそうです


一日遅れですが、昨日も神戸の三宮にあるバー『ピア・ジュリアン』へ行ってきました(^^ゞ
前にも言ったようにクラシックの生演奏を聴かせてくれるお店で、
昨日はヴァイオリン、チェロ、ピアノのトリオでした。
メンバーは、ヴァイオリン:佐久間聡一さん(大阪フィルハーモニー交響楽団)、
        チェロ:高橋宏明さん(大阪センチュリー交響楽団)、
        ピアノ:藤井快哉さん(佐久間さんとよくコンビ組んでます)
プログラムは、


  シューマン/ピアノ三重奏曲 第2番 ヘ長調 Op.80
  ブラームス/ピアノ三重奏曲 第1番 ロ長調 Op.8
 
  ≪アンコール≫ 
  クライスラー/オールドリフレイン

  ≪おまけ~藤井さんのソロ≫
  ガーシュイン/3つのプレリュード


……佐久間さーん、いつもとキャラ違いましたよ?
いつもはおちゃらけキャラなのに昨日はすごーく真面目に!
いったいどうしたんですか!みたいな感じでした(笑)。
でも演奏はとても良かったです❢
シューマンとブラームスのピアノトリオをじっくり聴かせてくれましたね~
やっぱり佐久間さんの音も好きですね
長原さんのようにガツンとくるような鮮烈な音ではありませんが、柔らかくて綺麗です♪
曲の良さも相まって、やっぱりうっとり聴き惚れてきました
このトリオいいなぁ。
ピアノはいつも組んでる藤井さんだし、チェロはピアジュリアンの社長が、
高橋さんの音は佐久間さんの音に絶対合うから!と勧めたそうで、
勧められただけあってアンサンブルとても綺麗でした
1日だけじゃ本当にもったいない!また組んで欲しいですね^^;
昨日はさらにおまけで、藤井さんのピアノのソロも聴けてしまいました
友達も来てるし、明日(11/24)リサイタルの本番があるので、
練習も兼ねて1曲弾かせて下さい、とのことでガーシュイン。
ブラヴォーでした!
しかし、藤井さんのソロはもうそろそろ帰ろうとしていた時に始まったんですが、
ピアジュリでは、もう終わりと思わせておいていきなり弾いてくれたりするので、
全く油断ができません~(笑)。


このブログを見て頂いている方はご存知のように、
私はフィギュアスケートの浅田真央ちゃんの大ファンです。
忙しい時の私の活力と癒しの源は真央ちゃんだったりするのですが、
今年はNHK杯以来ぱったりメディアに姿が見えず
メディアに追いかけられることなく練習に集中出来ている証拠だとは思うのですが、
いい加減真央ちゃん不足で、ここ最近はYOU TUBEで動画を漁る日々でした(笑)。
そこでとても素敵な動画を見つけたのでちょっとご紹介。
タイトルは‘Ordinary Miracle’





この動画を見て、心の底から「真央ちゃんの演技が早く見たい!」と思いました。
たとえジャンプが決まらなくても、彼女の演技にはとても引きつけられるものがあります。
それは、彼女の動き(身のこなし)の美しさゆえ、だと私は思っています。
しかも、身体全体の動きの美しさ。
この動画は最近ものが中心なのですが、
動きや滑りが数年前と比べて本当に洗練されて綺麗になったなぁと改めて思いました。
他の選手には真似の出来ない美しさだと思います。
あー、本当に真央ちゃんの演技が早く見たい!

でも、今週末はいよいよエリック・ボンバール杯(フランス杯)。
多くは望みません。
真央ちゃんが少しでも手ごたえを感じることが出来る試合でありますように。

土曜日なので、ピアノのレッスンに行ってきました(^^ゞ
今日は『ハノン』とヘンデルの『サラバンド』。


【ハノン 23番】
合格―(*^^)v!!
しかし、ひやひやものの合格でした
54345434、と3~5の指の繰り返しがあるのですが、
左手の4の指、指の力ではなく手の動きで弾いてしまっている時がある、
もっと意識して1本1本しっかり動かして指の力で弾くように、との事。
左手の練習の後両手で合わせてなんとかOK頂きました(*^_^*)
次は24番。345の指を鍛えるものがまだまだ続きます~


【サラバンド】
1度通すも、3ページ目の第2変奏でつっかかる。
案の定、今日は3ページ目の第2変奏がダメ出しでした(-“-)
今日のポイントはただ1つ。

  ・3ページ目の第2変奏、もっと右手をしっかり弾いて主張させる
     →左手に意識が行き過ぎ。右手が左手の伴奏のようになっている。
     →左手が動きのある変奏だが主役な訳ではない。右手と左手両方が主役の意識を。
      (主旋律に主旋律が重なる意識)
     →左手頑張りすぎない(頑張らなくても動きがあるので聴こえる)

1ページ目の主題と2ページ目の第1変奏はとても綺麗に弾けるようになってきた、
と褒められたのですが、今日は3ページ目の第2変奏かなり言われました
何度か通しましたが、やっぱりノンレガート時左手に意識が行ってしまって今一つ(;一_一)
もう一度だけやりましょうということで、持ち越しになりました。
来週はお休みなので、次は12月。11月で終われませんでした~
次こそは終わりたいですが、次で終われるでしょうか


次回の12月のレッスンからは時間を延ばして頂いていよいよバイエルも始めます。
先生は、他に何か良い教材があればそちらでも良いしまた探してみますね、
と仰っていたのでひょっとしたら変わるかもしれませんが、
とりあえずバイエル頑張りたいと思います(^^ゞ


すみません、仕事の話です。
今日はかなりドキドキしながら会社に行きました
実は今日は今年入社の新人を対象とした研修があり、
うちの部署の新人2人がいなかったんです。
さらにもう一人、健康診断で午前中いない人がいて(←日にちの決定は会社)、
いつも6人(これでも結構ぎりぎり)でやってるところを今日は半分の3人
最初聞いた時は聞き間違ったかと思いました。
なんで一気に3人もいない状態にするんだ~❢
午後も4人で、ものすごーく忙しいだろうことを覚悟していきました(-“-)。
うちの部署は他の部署がまわしてくる注文書の入力&チェックが主な仕事ですが、
溜めずにすぐに注文書をまわしてくれるよう上司が他部署へ依頼、
さらに上司も少しですけどチェックに入るという常にない非常事態でした(@_@)
それは私たちの仕事で、上司は普段そんな仕事はしません(当然ですが)。
上司が入力されたもののチェックをしている姿を見た時にはどうしようかと~(笑)。
でも、終わってみると……あれ、いつもの時間に終われてる?意外と仕事まわせてる?
もちろんとても忙しかったのですが、ほとんど残業もなくあがれて皆???でした。
でも、とても追い詰められてたのですごい集中力を発揮したのかも(苦笑)。
やるじゃん、私たち!と健闘を称えあったのですが、
もう2度とこんな限界に挑戦するようなことはやめて欲しいですね(;一_一)
会社に行く時のドキドキがはんぱなかったです~(笑)。
ホントに無事に終わって良かった


12月10日はピアノ教室のクリスマスコンサートなのですが、
昨日練習に行ったらもうチラシが出来ていました。
いつも遅いのに珍しい(@_@)!
ピアノ教室のクリスマス会は生徒のミニ発表会的なところが多いと思うのですが、
うちの教室は生徒が先生たちの演奏を聴きに行くまさしくコンサートです♪
言ってみれば先生方の発表会でしょうか(教室の中でやるのが惜しいですが)。
しかも、大人の生徒の多い教室なので、コンサートは夜の7時から始まり、
ワインなんかもちょこっと飲める大人のためのコンサートです(*^_^*)。
終わった後は忘年会になだれ込み❢
自分が弾くわけではないので気楽に先生の演奏を聴けるので、
とても楽しみにしてるんですよね~
しかし今年はチラシ早い…先生方、気合い入ってる(笑)?
私も、忙しい金曜ですが頑張って仕事片付けて早目に駆けつけたいと思います
あ、プログラムはまたコンサートの記事の時にご紹介したいと思います^^;
しかしいま気づいたんですが、先生のソロっぽい曲がない…。
え~、今年は連弾やアンサンブルだけなのでしょうか~
チラシには全部の曲を載せるわけではないのですが、ソロの曲なさそう
先生のソロが聴きたいです~(T_T)。


少し遅くなりましたが、一昨日の土曜日の夜は、
神戸の三宮にあるピア・ジュリアンというお店に行ってきました(^^ゞ
こじんまりとしたバーなのですがグランドピアノが置いてあり
毎日なんらかのライブが行われていて、クラシックの生の演奏が間近で聴けるお店です。
出演者は楽団に所属しているれっきとしたプロの方も多く、
とても本格的な演奏を聞かせてくれます。
大フィルの方たちも時々出られるので、友達といつも楽しみにしているのですが、
昨日の出演者は大フィルのコンマスの長原幸太さんでした!
長原さんの出演は久々。人気を反映してとても多くのお客さんでした(@_@)
プログラムは、


  ヘンデル/ヴァイオリンソナタ NO1
  モーツァルト/ヴァイオリンソナタ ト長調 K301
  ワックスマン/カルメンファンタジー
  ジンバリスト/リムスキー=コルサコフの歌劇「金鶏」の主題による演奏会用幻想曲
  カステルヌオーヴォ=テデスコ/
    ロッシーニの「セビリヤの理髪師」より‘私は町のなんでも屋’
  サラサーテ/ツィゴイネルワイゼン

  ≪アンコール≫
  クライスラー/前奏曲とアレグロ
  グラズノフ/メディテーション


プログラムがなくて慌ててメモったので抜けてる曲があるかも(汗)。
長原さんブラヴォーでした❢
相変わらず良い音で聴き惚れてきました~
高音やっぱり綺麗!この人の音はとてもクリアで綺麗です
でも、やっぱり技術もすごくて、ツィゴイネルワイゼンは圧巻でした(@_@)
うーん、さすが佐久間さん(←大フィルの2ndヴァイオリントップ)とは余裕が違う(笑)。
いつも左手の動きから目が離せないのですが、すごく近い席だったので今回もガン見(笑)。
やっぱり左手ものすごいです
ただ少しお疲れだったのか、らしくないミスをされたところがありちょっと心配でした
とてもお忙しい方なので、身体だけは気をつけて頂きたいですねー。
しかし、今回はあまりなじみのない曲も多くそれがとても新鮮でした(*^_^*)。
ジンバリストの曲などは、ここ数年で演奏されるようになった曲だそうで、
とても素敵な曲なのに埋もれてたなんてもったいないなーと思いながら聴いてました。
次は12月30日の年末に出演されますが、またその時にも新しい曲が聴けるかな。
長原さんの演奏でいろんな曲が聴きたいなぁと思います。

土曜日なので、ピアノのレッスンに行ってきました(^^ゞ
先生が用事があるということで、少し早目の時間でした。
今日は『ルクーペ』とヘンデルの『サラバンド』、急遽『バイエル』(驚)。


【ルクーペ 10番】
苦手な音階の練習曲。この曲も苦戦しそう~
1度通すも、まだやっぱり弾くだけで精一杯でした
今日のポイントは、

  ・指くぐりの時1の指の音が少し大きい(←また言われた
     →手がすとんと落ちる。手を動かさないように指だけスッと移動させる
     →そこだけ大きくならない。あくまで何事もなかったかのように(笑)。
  ・左手の音階も1の指の音が強く出て、その前の音が弱い
     →やっぱり指だけスッと移動させる
     →もっと粒をそろえる。符点や逆符点の練習を。
  ・もっと強弱をつけて、曲の流れを意識する。

やっぱり音階は苦手ですね~。いつも同じような注意をされるのに治らないです(-"-)。
片手での練習もするようにとのことで持ち越し。
この曲もなんだか長期戦になりそうです~(;一_一)


【サラバンド】
繰り返しを入れて、楽譜の指示通りに一度通す。
なかなか良い調子で弾けたと思ったのに、先週と違い2ページ目の第1変奏でダメ出し(汗)。
今日のポイントは、

  ・3ページ目の第2変奏、繰り返しのノンレガートもう少し音切れる感じでも良い
     →変化をつける意味で、もう少し音が切れる感じでもOK。
     →ただし、音の流れは切れないように
  ・2ページ目の第1変奏、やっぱり主旋律の音の流れが切れる時がある
     →先週の方がメロディ繋がっていた
     →意識して弾くとOKなので、常に意識するように。
     →特に、23小節目のレ→ファ、4→5で弾くので切れやすいので注意

ノンレガートが意外と難しいです
第2変奏の主旋律の切れは意識すれば大丈夫なので、
3ページ目の第2変奏のノンレガートをもう少し練習とのこと。
11月中にこれ終われるかな~。


【バイエル 12~15番】
そして今日、まさかのバイエル(笑)。
前の記事に書いたことを含めていろいろ先生に相談して、バイエルやることになりました!
一応持っていったけどまさかいきなりやることになるとは思いませんでした(@_@)
今日ちょっとやってみましょうかと仰ってかなり焦りました~
先生、もっと後の番号からやろうとしたのですが、
見ながら弾く練習が目的なのですごく簡単なところから!と懇願してこの番号から(笑)。
12~15番をやって一応OK頂きました(^^ゞ
でも、やっぱり1度目はつっかかるんですよね~
もう一度弾くとOKなんですけど。
先生曰く、弾くのが早い、もう少しゆっくり弾いても良いとのことでした。
弾くの自体は簡単なのでスラスラ弾いてしまうが、
譜読みが追いついてないのでちょっと止まるんだそうです。
もう少しゆっくり弾いて譜読み慣れるようにとしたら良いですとのことで、
この続きからまたやることになりました。
次は16番から。3曲くらい練習していこうと思います。
視奏、ちょっとづつ慣れるように頑張ります~


以前に記事にも書きましたが、私は楽譜を見ながら弾くということが出来ません(-“-)
なので必然的に暗譜で弾くことになるわけですが、
このままでは読譜力がほとんどつかないままに楽譜だけが難しくなってしまいます。
そうなると近いうちに必ず壁にぶつかります。
なので、そうなる前にちょっと本気で改善したいと思い、
少し前から視奏(見ながら弾く)の練習を始めました。
読譜力をつけるにはとにかく多くの楽譜をこなすことだということで、
簡単めのもので曲の数が多いものを探して買おうと思ったのですが、
ふと手許にバイエルがあるのを発見してこれを使うことにしました。
実は私、バイエルを経験せずに来てたのでちょうど良いかな、と(^^ゞ
ヤマハの時は曲だけやっていて(「大人のハノン」は少しやりましたが)、
今の教室に移ったらバイエルは良いだろうということで次のルクーペになり、
バイエル思い切り素通りしてきてるんですね~
これは良い機会かも!と思ってやり始めたのですが、
片手の時は良かったのですが、両手になるとたんにあやしい
両手に入った初めのほうでもう初見は無理でちょっと練習が必要なのに、
自分で愕然としました(;一_一)
どんだけ読譜力ないんでしょうか(汗)。
でも1曲1曲が短いし、続ければ最低限の力はつくかなと思うので続けてみようと思います。
でも、ちゃんと弾けてるか分からないし、先生に見てもらおうかなーとも思案中。
しばらくはバイエル続けるつもりですが、
他になにか良い楽譜をご存知の方は教えて頂けるととても嬉しいです(*^_^*)


一日遅れですが、昨日はNHK大阪ホールで行われた、
NHK交響楽団の演奏会に行って来ました(^^ゞ
指揮は、アンドレ・プレヴィン。
オールブラームスでプログラムは、


  ブラームス/交響曲 第3番 ヘ長調 Op.90
  ブラームス/交響曲 第4番 ホ短調 Op.98


N響の演奏を生で聴くのは初めてだったのでかなり期待していったのですが、
期待したより良かったですね~
指揮者のプレヴィンは80歳を超える高齢で椅子に座って指揮をするような様子で、
大丈夫かな~、と最初はかなり不安でしたが余計な心配でした^^;
長い交響曲2曲をちゃんと振りきってましたね!
指揮者に応えるようなN響の演奏も素晴らしかったです
上手い!音綺麗!っていうのが率直な感想でした。
弦では大フィルの演奏も負けてないと思うのですが、
管が少し弱くてファンの私も聴いててたまにハラハラする時があります(笑)。
でもN響は管も安定して上手かったですねー!安心して聴けました(^^ゞ
ブラームス2曲ともとても良かったです♪
特に4番、こんなに良い曲だったっけと思いながら聴き入ってしまいました
また聴きたいなぁ。
ただ惜しいのは、NHKホールはあまり音響が良くないないんですよね( 一一)
シンフォニーホールに比べたら響きがちょっと弱いかなと思いました。
音楽に特化したホールではないので仕方ない面もあるんですけどね
ぜひぜひ、シンフォニーホールでの演奏も聴いてみたいと思いました。


今日は土曜日なのでピアノのレッスンに行ってきました(^^ゞ
早目に行ったのですが、今日は合唱団の方たちが使っていて
レッスン前に生ピアノ弾けませんでした~(T_T)。
そんな状態で、今日は『ハノン』とヘンデルの『サラバンド』。


【ハノン 22番】
合格―(*^^)v!
ハノンが楽しくて結構練習している成果か、今日も持ち越さずに合格でした^^;
でも、最初右手の方が強く出ていたようで、左手の方を強くする意識でもう一度、
と言われて弾き直してOK頂きました。
うーん、いけた!と思ったのにやっぱりピアノって難しいなぁ(;一_一)
でも、次も持ち越さずに合格もらいたいです。


【サラバンド】
1度通すも、今日はなんだかちょっとつっかかりました(-“-)
でも、2度目は割とすんなり。
なんだか、調子良い時と悪い時の差が激しい感じがしますね(前からですけど)。
今日のポイントは、

  ・1ページ目、主題の3小節目と11小節目、ペダルを踏むのが少し早い
     →前の音が入って少し濁ってしまう。タイミング注意。
  ・3ページ目の第2変奏、左手もっと歌う
     →もっと滑らかに、歌うように。
     →実際に歌いながら、左手だけの練習してみると良いかも
  ・3ページ目の第2変奏、繰り返しの時の左手のノンレガート練習しておくこと
     →その時、スタッカートのようにプツプツ切れたりしないように
     →ノンレガートでも左手歌う

前から結構注意されていた2ページ目の第1変奏はかなり綺麗になってきたと褒められました(*^^)v
そのかわり、今日は第2変奏を言われましたね~
何度か第2変奏繰り返させられました。
ノンレガートはいきなり弾くよう言われて焦りました(>_<)!練習しておきます


でも、あと1・2回で終われそうということで、今日は次の曲も決めてきました。
次は、ハチャトゥリアンの『仮面舞踏会より「ワルツ」』に決めました。
あ、あはは、言わずと知れた真央ちゃんの曲ですね~
いつかやりたい!と思っていた曲なんですが、あまりに有名になって躊躇ってました。
今回も、第一候補としてフォーレの『夢のあとに』も持っていったのですが、
念のためにこれも持っていって見てもらったら、楽譜を確認して開口一番、
「発表会、これ弾く?」と言われました(笑)。
どうもサラバンドだとちょっともの足りないと思ってらっしゃったようです。
夢のあとにも綺麗だけど、この方が舞台で映えるということで、
8ページと少し長くて難しいですが、この曲をやることになりました。
12月くらいからやることになると思いますが頑張ります
譜読み苦手なので、今のうちから譜読みしておきます~(笑)。

415KrlK6N8L__SL500_AA300_.jpg







1日遅れですが、昨日は大阪フィルハーモニー交響楽団の
パートナーズパーティーに行ってきました(^^ゞ
このパートナーズパーティーというのは、
大阪フィルが定期会員を招待して行う交流会で、毎年年1回行われています。
実は今年初めて参加したのですがとても楽しかったですー♪
大阪フィルハーモニー会館(大フィルが普段練習している場所です)でのリハ見学の後、
隣の西成区民センターに場所を移しての立食パーティーだったのですが、
団員の方たちを同じテーブルでお食事を頂いて、
普段あまりお話したことのない団員の方たちとお話できてとても楽しかったです(*^_^*)
お目当ての長原さんや佐久間さんは人に取り囲まれていてお話出来なかったのですが、
あまり知らなかった方たちとお話出来てこれはこれで良かったですね^^;
しかも、リハーサル見学も初めてだったのですが、これがすごく良かった❢
明日シンフォニーホールでやるブラームスのピアノコンチェルトの2番だったのですが、
指揮者の大植さんがちょっとやっては止めて指示、ちょっとやっては止めて指示、
それに対してコンマスの長原さんなんかが時折言葉を返してさらに確認、
だんだん作り上げていっている感じが伝わってとてもワクワクしました!
ピアノの方も、言われるとおりに弾くだけかと思ったら、
こうした方が良いのでは?みたいな感じのことも言っていて
あたり前ですが、本当に皆で音楽を作っていってるんだなぁと実感しました(^-^)
楽しくて、1時間あっという間でしたねー!
実は明日の本番、もちろん聴きに行く予定なのですが、
一人お休みで仕事がともて忙しくひょっとしたら聴きに行けないかもなので、
リハだけでも聴けて本当に良かった(泣)。
来年のパートナーズも、このリハだけでも聴きにいきたいなぁ。
しかし、こんな交流会を催してくれて、大フィルの方たち本当に素晴らしいです


ヴァイオリニストの五嶋みどりさんの、
‘タングルウッドの奇跡’という逸話をご存知でしょうか。
まだみどりさんが14歳の頃にタングルウッド音楽祭に出演した時、
演奏中にヴァイオリンの弦が切れるというハプニングがあり、
演奏の合間にコンマスの人のヴァイオリンと素早く交換、
しかしそのヴァイオリンの弦も切れてしまい、
さらにもう一度交換して演奏を続けたという逸話です。
話には聴いていたのですが、今日とあるブログにお邪魔したら
その動画がUPされていて、初めてその場面を見ました。
その動画が下の動画です。
すごい…!と久々に手に汗握ってしまいました(@_@)
弦が切れたにも関わらず、慌てず冷静に交換して弾き続けるみどりさん。
しかも、彼女が普段弾いていたのは子ども用の少し小さいサイズのヴァイオリンなのに、
交換したのは大人用のサイズの違うヴァイオリン。
それを何事もなかったかのように演奏を続ける姿に、会場がどよめく。
演奏もさることながら、とにかく演奏を止めない、弾くんだ!
という子どもとは思えないゆるぎない意志を感じてただ圧倒されました。
演奏に対する意識があまりに違う、とそのブログの方は仰ってましたが、
本当にそう思います。
子どもにこんな姿を見せられて、何も感じないわけがない。
大人から始めたし、と、楽しいけど半ば上達を諦めていた感のあるピアノでしたが、
ちょっと私も本気で頑張ってみようかな、と久々にピアノ熱にとても火がつきました。
…うん、練習しよう(笑)!




演奏のUPについて、最近つい考えてしまいます。
ブログを始めようと思い立った主な理由はピアノのレッスンだった訳ですが、
レッスンを記録しつついろんな方たちと交流できたらと思っただけで、
演奏を録音してUPするなんて考えもしませんでした。
でも、いろいろなブログを見るようになって驚いたのが、
音楽をやっているほとんどの方がご自分の演奏をUPされていることです(@_@)
え、ピアノのブログ(ってそれだけではありませんが)をやっていて、
演奏をUPしないなんてもしかしておかしい…?
いやでも、こんな演奏さらす勇気ないし、UPの仕方もよくわかんないし、
いやでも、ほとんどの方がUPしてるんだからUPすべき…?
いやでも、あがり症だから録音するだけでもものすごく緊張するし~
と、ちょっとぐるぐるしてしまいました(;一_一)。
でも、少し前までは、録音絶対むりっ!と思っていたのが、
練習の記録として録音するのもいいかな…?とちょっと思えてきました^^;
ほんっとーに小心者なのでするかどうかはまだぜんぜんわかりませんが、
とりあえずボーナス出たら録画の出来るデジカメを手に入れたいと思います
その前にUPの仕方も勉強しないと~(笑)。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。