ペーパームーン

主に大人になって習い始めたピアノについてのブログです。 その他日常雑記。腐女子のため、たまに内容注意(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は土曜日なのでピアノのレッスンに行ってきました(^^ゞ
でも、あれ、今月は土曜は5週あるので本当ならお休みのはず?
それに気づいたのは昨日なのですが、
先生、来週もいつもの時間で大丈夫?って聞いてたしなぁ、
と思いながら行きました。
行って確認したら、11月の最後の土曜日が先生都合悪いらしく、
その分みたいで間違ってなくて良かった~
今日は、練習曲の『ルクーペ』とヘンデルの『サラバンド』。


【ルクーペ 9番】
合格―(*^^)v!!
私にしては珍しく、2回目のレッスンで割とすんなり合格頂けました!
最後ちょっとつっかかり、そこをもう一度弾き直してOK♪
しかし、次の10番は苦手な音階
また苦戦が予想されますが、どうなるでしょう~


【サラバンド】
1度通すも、ペダルに気を取られてかちょっとつっかかりましたね
今日のポイントは、

  ・1ページ目の主題、同じ和音が2回続くところジャンジャンと軽く弾いてしまっている
     →もう少しゆっくりでも良い
     →特に2回目もう少し重みを感じながら弾く
  ・2ページ目の第1変奏、主旋律また切れるところがある。
     →先週は良かったが、ペダルに気を取られてまた少し主旋律が切れるところがある。
     →メロディラインの繋がり意識すること
  ・2ページ目の第1変奏、22小節の終わりから23小節の初めにかけてのラレをもっと強く
     →このラは内声部なのと同時に主旋律なので強く出す。その直前のレは小さく。
  ・3ページ目の第2変奏、もっと右手の和音を響かせる
     →左手のメロディは良いが、それに気を取られて和音が軽い
     →もっとしっかり、重く響かせる

やっぱり、簡単そうに見えて難しいですね~。
主題のところのペダルも少し直してもらってその後2回ほど通しましたが、
第1変奏のところ、一瞬のペダルに気を取られてメロディにまで気が回りませんでした
もっと練習します(;一_一)

しかし今日、先生から、「これもう少しで終われそうですね♪発表会どうしましょうか。
また次の曲考えてきて下さいね^^;」とのお言葉が(@_@)。
…発表会、この曲やるつもりだったんですがダメかな、と思ってお聞きしたら、
別に発表会は弾きたい曲で構わないけど、4月の発表会までこの曲やるのもだれるので、
他の曲もしましょうとのこと。
うわー、予想外の展開になりました
次の曲どうしよう 
しかしまた楽しい悩みです(*^_^*)


スポンサーサイト
次のソチオリンピックにおいて、
フィギュアスケートに新種目「団体」が採用される見通しが強くなったそうです。
各国が男女シングルとペア、アイスダンス各1組のチームを組み、
それぞれの順位によるポイントの合計でメダルを争う方式の団体戦で、
以前から話は出ていたのですが、それが今回具体化してきました。
実は以前に試験的に試合も行われていて、
それが2009年4月に東京で行われた国別対抗戦(World Team Trophy)。
この国別がとても良くて、団体戦とても楽しみになっていたりします(^^
最初はこんなシーズン最後のお祭りのような大会に疲れている選手を出すなんて、
ここで怪我でもしたらどうするんだ、と反対意見も強かったですが、
リンクサイドに設置された応援席で皆で一緒に全力で自国の選手を応援し、
キスクラでは全員で得点発表を待ち得点に一喜一憂し、騒ぎ(笑)、
普段ではありえないチームで戦うという事を選手たちはとても楽しんだようでした。
和気あいあいとした雰囲気の中リラックスして滑れたらしく、
とても良いパフォーマンスをしてくれた選手が多くハイレベルだったのも印象的でした!
真央ちゃんも、この少し前の世界選手権ではとても調子が悪かったのに、
この国別はショート、フリーともにノーミスの神演技❢
やっぱり精神的なものって大きいのかな、と思いました。
オリンピックの団体戦も、オリンピックという大会では無理なのかもしれませんが、
この国別のように和やかなムードで、お祭りムードで楽しく行われるといいなぁ、
と思わずにはいられません。
来年4月にはまた第二回目の国別対抗戦が行われる予定ですので、
それを楽しみにしつつ続報を待ちたいと思います^^;

ちなみに、下の動画は前回の国別の時の真央ちゃん。素晴らしいです







前回の記事は、気持ちがかなり落ち込んでいて、
その気持ちのままにだらだらと書いてしまいました
読んでて気分の良いものではなかったなーとちょっと反省(-“-)
もう少し冷静に書かないとなのですが、
真央ちゃんの事になるとすぐに冷静さがなくなります、すみません(>_<)。
気をとり直して。
1日遅れですが、昨日はイシハラホールで行われた
ファゴット奏者の井村裕美さんのコンサートに行ってきました(^^ゞ
え~、また~?と言う声が聞こえてきそうですが(笑)。
プログラムは、


  テレマン/ソナタ ホ短調
  サン・サーンス/ファゴットソナタ
  プーランク/オーボエ、ファゴットとピアノの為のトリオ
  ドゥヴィエンヌ/ファゴット四重奏 ハ長調
  フランセ/ファゴットと弦楽五重奏の為のディヴェルティシメント

  ≪アンコール≫
  ビゼー/『カルメン』より「花の歌」


全然行く予定のなかったコンサートだったのですが、
ピアノの先生に誘われて急遽行くことになりました。
でも行って良かったです!
ファゴットのリサイタルなんて珍しいし行ってみようかな、くらいの軽い気持ちで
正直あまり期待してなかったのですが、予想外にとても良かったです♪
曲が良かったからかなー。
ファゴットの曲なんて詳しくないのですが、どの曲もすごく素敵でした
特に1番最初のテレマン、後期バロックの作曲家ですが、
いかにもバロックな響きでとても好きになりました(^^ゞ
後、東フィルの音を聴けたのも凄くラッキーでしたねー。
この井村さんは現在東京フィルハーモニー交響楽団に在籍されていて、
共演された方たちは東フィルのトップの方たち。
やっぱり大フィルの人たちとは音が違うな、と思いました。
友達曰く、品の良い(?)演奏。
大フィルの方たちは良くも悪くもちょっと泥臭い、人間臭い演奏
(あくまで私の印象ですが)をされるので、それと好対称でしたね。
アンサンブル綺麗でしたが、やっぱり大フィルの方が好きかな(笑)。
でも、とても楽しませて頂きました!
ファゴットのリサイタルなんて今まであまり興味なかったのですが、
機会があったらまた聴きに行きたいと思いました(^^ゞ


一昨日からのフィギュアのNHK杯が終わりました。
真央ちゃん、とても残念な結果に終わってしまいましたが、
やはり矯正というのは難しいものなんですね。
1種類の矯正でも難しいのに、真央ちゃんの場合ジャンプ全部の見直しをしている。
今期、成績が振るわないのは覚悟していましたが、
実際真央ちゃんの辛そうな顔を見ると本当に胸が痛みました…。
でも、昨日のフリー、ジャンプ以外の要素はとても素晴らしかったと思います。
ジャンプが決まらなくても、最後まで諦めず滑り切った真央ちゃんに拍手を送りたいです。
そして、NHKの刈谷アナウンサーにも本当に感謝したいです。
彼はいつもとても選手を気遣い温かいコメントをして下さいます。
ルールも良く勉強されて、他の民放のアナウンサーのような的外れなことを言わず、
的確なコメントをして下さいます。
昨日も、真央ちゃんがジャンプを矯正中であること(しかも全てのジャンプ)を繰り返し仰って、長い目で見なければならないことをファンも分かっていると強調して下さってました。
ルールの変更の事にも触れ、分かりやすく説明して下さっていたのもとても良かった。
八木沼さんも、PCS、技術点は高いのだから、後はジャンプだけ、
ジャンプが戻ってくるのを待ちましょうというような事を言って下さり、
彼女は他の番組でも、今はジャンプの矯正中、もう少し待ってあげて下さいと仰っていて、
このお二人の温かいコメントは本当に涙が出るほど嬉しかったです。
特に、八木沼さんの待ってあげて下さいの言葉に、
それまで我慢していたのに思わずぼろ泣きしました(T_T)。
こういう気持ちは、真央ちゃんがここ数年どれほどの逆風の中を戦ってきたのか、
その真央ちゃんに対してマスコミがどれほどひどい報道をしてきたか、
それをファンがどれほど我慢してきたか、
それを知らなければ理解して頂けないかも知れません。
と、これ以上書くととても感情的になってしまいそうなので、ここでやめておきます。
とにかく、今は真央ちゃんを信じて待ちたいと思います。
グランプリファイナル出場は難しくなりましたが、
これで矯正に集中できる時間も増えて却って良かったような気がします。
もう十分すぎるほど頑張ってる真央ちゃんに頑張ってとは言えませんが、
全日本、世界選手権に向けて気持ちを切り替えて欲しいですね。
その前に1ヶ月後のエリック・ボンバール杯。
また真央ちゃんの演技を楽しみにしたいと思います。

ああ、でも先ほど「豊の部屋」に真央ちゃんが出ていて、
豊先生が真央ちゃんに会うなり言葉を詰まらせてちょっと泣かれたのを見て
私もまた思わずもらい泣き(T_T)
だめだ~、昨日からまた涙腺緩いです~(T_T)
でも、真央ちゃん笑顔でしっかり受け答えしていて、ちょっと安心しました。
真央ちゃんはきっと大丈夫!!







今日は土曜日なのでピアノのレッスンに行ってきました(^^ゞ
今日は『ハノン』とヘンデルの『サラバンド』。


【ハノン 21番】
合格(*^^)v!
持ち越さずの初回合格は久々でした♪
でもやっぱり1発合格はないですね…
左手の3・4・5意識してもう少しきっちり弾くようにと言われ左手だけ弾き直し、
その後両手で弾いてOKを頂きました。
厳しいなぁ(;一_一)


【サラバンド】
1度通し、なかなか良い感じにいったのに、最後の最後でミスってこけました
終わりに近づいて油断するのか、最後の最後で大きなミスをすることが多いです(笑)。
今日のポイントは、

  ・1ページ目のテーマ、和音の上の音弱くなることがある
     →上の音が主旋律だからもう少し強い音が欲しい。意識して上をだす。
  ・2ページ目の第1変奏、主旋律がだいぶ綺麗に繋がって聴こえるようになってきた
     →ただ23小節目、楽譜と違う指使いをしていて切れているので指使い直すこと
  ・2ページ目の第1変奏、右手の3→4、3→5で下りてくるところペダルで繋ぐ。
     →3から4の指、5の指は弾きづらいのでどうしても切れる。ペダルで繋ぐ
     →ペダルは一瞬だけ。伸ばして踏むと濁る。(一瞬だけって…
  ・1ページ目のテーマ、全体的にペダルOK(ただし浅く!)
     →バッハやこのヘンデルのような古典でもペダルは別にOK
     →ただし、浅く、濁らないような付け方を。
     →2・3ページ目の第1・第2変奏は、ところどころ必要な部分にだけ付ける。
  ・2・3ページの第1・第2変奏の最後の盛り上がり、主旋律以外の音もう少し小さく
     →クレッシェンドしようとするあまり少し大きく出している
      主旋律が4・5の指でなかなか強く出せないので埋もれがちになっている

今日からペダルのことを言われたのですが、これがもう難しいです(>_<)!
全体的に付けて踏み替えとかなら今までやってきたので出来ますが、
必要な部分だけ、しかも一瞬って…
何度か練習したのですが、難しかったです。
そのあと2・3回通したのですが、ちゃんと出来ませんでしたね~
意外なところで苦労しそうです(-“-)


今日、会社帰りにピアノ教室へ練習しに行って、
同じ教室のUさんに久々にお会いしました。
時々練習しに来られててたまにお会いするのですが、
この方、ピアノを習っているのをご家族に内緒にしていて、
家での練習はこっそり紙鍵盤
私が教室に入って数ヶ月くらいの頃、
レッスン中にベートーヴェンの「月光」が隣の部屋から聴こえてきて、
先生にお聞きしたら、入って間もない人で今まで独学でピアノやっていて、
しかも家では紙鍵盤で練習していると聞いてとてもびっくりしました(@_@)❢
紙鍵盤の練習で月光弾けちゃうものなんですね…
今もまだご家族には内緒で、相変わらず紙鍵盤での練習だそうです。
今日はショパンのノクターンの2番を練習されててとてもお上手でした
紙鍵盤での練習って効果あるのかも(笑)。
しかし、こういう方もいらっしゃるのだから私も負けてられないな、と思います。
久々にお会いして、ちょっと刺激を受けました(^^ゞ


今日は、少し遅くなりましたが
10月1日でうちの部署から異動になったTさんの送別会でした^^;
本当ならいるうちに送別会をしてあげたかったのですが、
余りに急な話で異動してからの送別会となってしまいました
でも、新しい部署のお話も聞けたのでこれはこれで良かったかな♪
新しい仕事を1から覚えるのはやはり大変のようですが、
仕事自体は彼女に合ってるようでホッとしました(^^ゞ
うちの部署はずっとバタバタしているとても忙しい部署で、
少しおっとりしている彼女は今思えばとても大変だったかも(;一_一)
新しい部署はとても静かで落ち着いているところなので、
彼女も落ち着いて仕事が出来ると思いますし頑張って欲しいですね^^;
うちの部署も人数が減って大変ですが頑張ります~
しかし、新しい部署は静かすぎて最初とても違和感あったそうです(笑)。


先々週に引き続き、ラファウ・ブレハッチのコンサートに行ってきました(^^ゞ
今日はコンチェルトなしのソロのリサイタルでした。
もちろんオールショパン。
プログラムは、


  フレデリック・ショパン
    バラード第1番 ト短調 OP.23
    3つのワルツ Op.34
      1.変イ長調
      2.イ短調
      3.ヘ長調
    スケルツォ第1番 ロ短調 Op.20
    2つのポロネーズ Op.26
      1.嬰ハ短調
      2.変ホ短調
    4つのマズルカ Op.41
      1.嬰ハ短調
      2.ホ短調
      3.ロ長調
      4.変イ長調
    バラード第2番 ヘ長調 Op.38

  ≪アンコール≫
  フレデリック・ショパン
    ポロネーズ第6番「英雄」変イ長調
    夜想曲第20番 嬰ハ短調
    マズルカ第31番 変イ長調


前回のがとても良かっただけに、今日はどうだろうとちょっとドキドキして行ったのですが、
余計な心配でしたね(^^ゞ
今日もとても素晴らしかったです!
やっぱりすっごい音綺麗~
今回も前から6列目の手がばっちり見える位置で、しっかり見ておこうと思ってたのに、
思わず目を閉じて音に聴き入ってしまいました。
しかも、今日は初っ端からバラード1番でガツンときて持っていかれました(笑)。
でも、今日はなんと言っても生で英雄ポロネーズが聴けたのが嬉しかったです❢
ブレハッチのCDやDVDで聴いて、いつか絶対生の演奏が聴きたいと思っていた英雄。
まさかアンコールでしてくれるなんて思ってなくて大興奮でした(@_@)❢
pでの左手のオクターブの連続凄すぎます~
歌い方も上手すぎ!やっぱりこの人の英雄が一番好きですね^^;
これには皆大興奮で、終わった後にはスタオベしている人がかなりいてびっくり(@_@)!
私ももう気持ち的にはスタオベだったのですが、恥ずかしさに負けて出来ませんでした(笑)。
しかも、2曲目もあの有名なノクターンの20番だったので、
それが終わっても拍手が鳴りやまず急遽(?)3曲目もしてくれました。
疲れも見せずにホントに素晴らしかったです!ありがとう~(>_<)!

しかも、サイン会も凄かったです(笑)。
サイン会は裏口の方でやるのですが、
私がホワイトボードに書かれたアンコール曲をなんとか写真に収めて向かったら、
列が正面の入口のところまで続いてました(つまり、建物をぐるっと半周)
え、この列まさか…と思ったのですが、間違いなくサイン会の列でした
かなり待ちましたが、今日は楽譜を持っていってしてもらえたので大満足❢
ワルツ集の中表紙にしてもらったのですが、楽譜を見てにっこり笑ってくれました
バラード1番の楽譜を買って、とも思ったのですがとても恐れ多くて無理でした(笑)。
ワルツならまた挑戦できそうですし、頑張ります(^^ゞ

5019006_61s.jpg








今日はピアノのレッスンに行ってきました(^^
本当だったら明日の土曜日なのですが、
明日がちょっと予定が入ってしまったため今日に振り替え。
自分の都合で行けなくなったのでお休みでと思っていたのですが、
今日に振り替えということにして頂けました♪
先生、ありがとうございます^^;
今日は、練習曲の『ルクーペ』とヘンデルの『サラバンド』。


【ルクーペ 9番】
6連符による同一音型の繰り返し。
3、4、5の指の訓練を目的としてるだけあって妙に弾きにくいです
まだ全然弾きこめてなくて、弾くだけで精いっぱいでした(;一_一)
今日のポイントは、

  ・後半の左手がメインになる部分、もっと1音1音しっかり弾く
     →この部分が1番弾きにくそう。不安定なので1音1音しっかり
  ・9~11小節目、6連符の一番最初の音をもっと強く出す
     →6連符の中の1音であると同時に、その最初の音が繋がっていっている
      他の音より強く弾いてその繋がりを出す
     →わざわざ左手の2の指という強い音を出しやすい音で弾くことに注意
  ・5・8・18小節目からの転調をもっと意識する
  ・8小節目の後半から9小節目にかけてもっと一気にクレッシェンドする
     →全体的に強弱が弱い。ここは一気にクレッシェンドしていく
  ・テンポは今くらいでOK
     →あまり早く弾かなくても良いので確実に弾けるように

左手がメインのところ難しいです(-“-)
何度か練習させられましたが、やっぱり弾きにくいですね
他は割と弾けているので、この部分と全体的な強弱に注意して練習ということで持ち越し。
最後に2回ほど通して終わりました。


【サラバンド】
1回通すも、つっかかることが多く(主に2ページ目)ちょっと凹みました(;一_一)
問題は相変わらず2ページ目。
今日のポイントは、

  ・1ページ目、3、11小節目の右手のドファラの和音のラが弱い時がある
     →上の音がメロディなのでそれを強く
  ・2ページ目の第一変奏、やっぱり主旋律が音が切れてしまうことがある
     →伸ばす音はしっかり伸ばす
     →音の長さを確認をしつつゆっくり練習
  ・2ページ目の第2変奏、23~24小節目の盛り上がりもう少しクレッシェンド強く
  ・3ページ目の第2変奏、左手をもっと歌わせる
     →左手がメインで印象的なのだから左手をもっと歌わせる

1ページ目はテンポも良いしほとんどOKと言って頂けたのですが、
2ページ目は相変わらず
今日も片手練習をやって、片手だとOKなんだけどなぁ。
そのあと2回通しましたが、2回ともやっぱり切れるところがあるとのこと。
主旋律をいかに綺麗に弾くか、難しいです(-“-)
もう一度きちんと音を確認しつつゆっくりから練習をしてみたいと思います。



ハノンが楽しいです(^^♪
第1部が終わり、第2部に突入したハノン。
1部の終わりではだんだん弾きにくい形になりかなり苦労しましたが、
2部に入り長さは倍になったものの最初の頃の弾きやすい形に戻り、
これがとても楽しいです♪
しかも、ハノンを始めた頃は1回弾くだけでも腕がしんどかったですが、
今は長くなってても割と平気で何回か弾けること発見し、
多少なりとも鍛えられてるんだ、と思うと俄然やる気が出てきました(笑)❢
練習曲そっちのけでついハノンの練習をしてしまう始末です
しかし、今やってる21番から31番までは右左の3・4・5の指を鍛えるものらしく、
3・4・5を鍛える練習がそんなに続くのかとかなりびっくり(@_@)
これらの指がそれだけ重要だということですが、
4・5の指が弱いのでやっぱり苦労するんだろうなぁ(;一_一)
とにかく、やる気のあるうちに練習頑張りたいと思います^^;
って、練習曲もっと頑張らないと(笑)!


またまた、巻爪で足が痛いです(-“-)
私の足の爪は巻爪で、爪が伸びるとたまに炎症を起こして痛くなったりします
しばらく前にも痛んだことがあり、
前は右足の親指でしたが、今度は左足の親指
前の様に化膿した訳じゃありませんが、
靴を履くとちょっと痛くて、素足でも爪を押すと結構痛い
よく見てみたら、爪が喰い込んでで角の所が切れてて、血も出てました~
爪を切ってなんとかしたいところですが、下手に切ると悪化しそうで…(汗)
明日病院に行って見てもらおうと思います。
う~んでも、連休明けで仕事すごく忙しいだろうし、
遅くまでやってるところだけど診察に間に合うかな(;一_一)
しかし、この巻爪ってなんとかならないんでしょうか
今回は左足で、ピアノのペダル踏むのに影響がないことが救いです


土曜日なのでレッスンに行ってきました(^^ゞ
今日はかなり雨降りで、教室静かかも、と思って行ったのですが、
予想に反していつもの合唱団の方たちが部屋を借りていて、
レッスン前の生ピアノ10分くらいしか弾けませんでした
しかも、グランドじゃなくアップライト(T_T)
レッスン前にグランド弾けなかったし出来悪くてもしょうがないよね、
と自分に言い訳しつつ今日は『ハノン』とヘンデルの『サラバンド』を見て頂きました^^;


【ハノン 20番】
合格―(*^^)v!!
とうとう第1部終わりで嬉しいです♪
でもやっぱりというかなんというか、これも弾き直しての合格。
一度弾くも、左手がしっかり弾けていなかったのか左手だけもう一度と言われ、
そのまま左手に右手をそえる形でもう一度両手で、と言われて弾き直してOK頂きました^^;
音のバランスが、微妙に右手に傾いていたようです…む、難しい(;一_一)
とにかく、ハノンの第1部はこれで終わりです❢
このまま第2部に入り次は21番。
ページ数も増えて(倍の2P)さらに大変になると思いますが、頑張ります


【サラバンド】
一応通して弾くも、う~んまだまだですね(-"-)
今日のポイントは、

  ・一定のテンポで
     →全体的なテンポは良いが、ところどころ早くなる所がある。焦らない。
  ・2ページ目の第一変奏の終わりの盛り上がり、変に溜めて弾かない
     →リズムがおかしくなっている。変に溜めずそのままスッといく
  ・2ページ目の第一変奏の終わりの盛り上がり、主旋律が分かりづらくなっている
     →もう一度、メロディの確認をしておくこと
  ・2ページ目の第一変奏、右手の主旋律以外の声部をさらに小さく
     →まだ少し大きい。もっと主旋律を浮き立たせる。
  ・2ページ目の第一変奏、最初小さく→少し大きく→また小さく→だんだん盛り上がりfへ、
   の流れ注意
     →強弱をもっと意識すること
  ・3ページ目の第2変奏、最初レガート、繰り返しはノンレガートで

やっぱり問題は2ページ目の第一変奏ですね。注意点がいっぱいです(-"-)
さらに片手練習して、主旋律とそれ以外の声部をきっちり弾きわけられるように、とのこと。
やっぱり片手練習、大事ですね


ジャパンオープンのプルシェンコの「ニジンスキーに捧ぐ」を見てから、
胸のもやもやが治まりません。
JOでのニジンスキーは、かつてのニジンスキーからかなり変わっていましたが、
それは新採点方式に対応してプログラムを手直ししたから。
今の新採点は、旧採点と違い細かく点数が明確化された加点方式なので、
確実に点を重ねられるようにプロを変更するのは正しい判断だとは思うのですが、
お陰でこのプロの良さが減ってしまったように思います(;一_一)。
今のニジンスキーにはかつての優雅さがあまり感じられず、
このプログラムが大好きだっただけにちょっと残念でした。
JOを見た直後は、もう一度このプロを見れただけで嬉しいと思ったのですが、
時間がたつにつれて胸がもやもやしてきました
下に新・旧のニジンスキーの動画をあげておくので見比べてもらいたいと思うのですが
プルシェンコの演技の出来の差ももちろんありますが、
でもやっぱり、旧採点のニジンスキーのプログラムの方が良いと思いませんか?
選手の個性が際立ってそれが武器にもなった旧採点、
フィギュアは今より面白かった気がします。
選手がもっと伸び伸びと滑れたら、と思わずにはいられません。








この間の土曜日に、フィギュアのシーズン開幕戦であるジャパンオープンが行われ、
真央ちゃんの今期のフリーの「愛の夢」が初披露されました。
このジャパンオープンは普通の競技会と違い地域対抗の団体戦で、
ISU公認とはいえ半分お祭りのようなものですが、
ここで今期のプログラムを初披露する選手も多く注目度が高いです!
真央ちゃんも今期のフリーを初披露したのですが、
矯正の影響かジャンプがなかなか決まらず残念な結果に(>_<)
でも、シーズン始めはいつも調子悪いですし、
矯正しているにも関わらず鬼のようなジャンプ構成で挑んでいるので、
しかたないかなーと思います。
なんと言っても、6種トリプル(トリプルアクセル含む)に3-3の復活❢
矯正も抱えているので、もう最初からうまくいく方が不思議な構成です
でも、いつも真央ちゃんは立て直してきて、
最後にはプログラムを自分のものにしてしまうので、
このプログラムの完成もとても楽しみです(^-^)
エキシビジョンのアンコールで滑った愛の夢のジャンプとステップは
とても優雅で素敵だったので、滑りこめばきっと大丈夫。
仮面舞踏会を振りつけしたタラソワさんの振りつけのほうが私は好きですが、
この愛の夢を振りつけたローリーさんの振りつけの方が、
多くの人の持っている真央ちゃんのイメージに近いのではと思います♪
下にJOの真央ちゃんの動画をあげておきますので、
良かったら見てみて下さい。
ファンの声が入っている素敵な動画で、
温かいコメントの数々に、思わずうるっとしました(T_T)

さ、次はNHK杯!真央ちゃんがどう立て直してくるか本当に楽しみです(^^


しかし、私的にこのJOで一番びっくりしたのは、
プルシェンコの伝説のプログラム『ニジンスキーに捧ぐ』の復活!
何を滑るのか楽しみにしてたのですが、これがくるとは本当にびっくりでした(@_@;)!
さすがに、全盛期のような演技は出来ませんでしたがそれでも嬉しかったです
もう音楽が始まった時点で不覚にも泣きそうになりました…(>_<)








1日遅れですが、昨日はシンフォニーホールで行われた
ラファウ・ブレハッチのコンサートに行ってきました!
あまり有名ではありませんが、2005年のショパンコンクール優勝者です。
軽い気持ちで彼のショパンコンクールのCDを買って聴いて以来
彼のピアノの音色の虜になりました
その彼のオールショパンのプログラム、喜び勇んで行ってきました(^^ゞ
プログラムは、


  フレデリック・ショパン
    2つのポロネーズ Op.26
      1.嬰ハ短調
      2.変ホ短調
    
    4つのマズルカ Op.41
      1.嬰ハ短調
      2.ホ短調
      3.ロ長調
      4.変イ長調
    バラード第1番 ト短調 OP.23
    ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調 OP.21
      ・指揮:大友直人
      ・管弦楽:大阪センチュリー交響楽団

  ≪アンコール≫
  フレデリック・ショパン
   夜想曲 第20番 嬰ハ短調
   マズルカ 変イ長調 Op50-2


なんていうか、もういちいち音が綺麗です~
柔らかくて、でも1音1音がクリアなこの音はブレハッチ特有だと思います。
大きな音を奏でてもうるさく感じさせないピアニストなんてそうはいません。
しかし、なにより凄いのはp、ppの美しさと歌わせ方。
彼のp、ppの音は本当にため息ものの美しさです
そして、曲の歌わせ方がとても自然で上手い。
やっぱりとても好きです、この人の弾き方!
しかも、なんだか今回はとても調子が良いようで、とにかくどれも素晴らしい出来でした
中でもバラード1番は本当に圧巻の一言。
あの長めの曲が本当に一瞬に感じました。
これを聴けただけでも、高いチケット代払った甲斐があったと思いましたね!
最後は嵐のような拍手とブラヴォーで終わった大満足の演奏会でした❢

実は2週間後にまた、シンフォニーでブレハッチのリサイタルがあるので行きますが、
本当に待ちきれません~
でも、彼は今回日本の各地で10回ほどもコンサートを行う予定で、
昨日のコンサートはその第1回目だったのですが、
次回のは後の方のコンサートなので疲れていないかがとても心配です(>_<)
ぜひまた、素晴らしい演奏を聴かせてもらいたいです。

flyer.jpg







土曜日なので、ピアノのレッスンに行ってきました(^^
ちょっと予定があったため、いつもより早めのレッスンにして頂きました。
今日は、『ルクーペ』とヘンデルの『サラバンド』。


【ルクーペ 8番】
合格(*^^)v!!
やっと合格しました!嬉しいです~!
なんでこんなに、と思うほど苦戦しました
今日もやっぱり1発合格ではなく、弾き直しての合格。
1度目、自分的には結構良く弾けたのですが、
かなり良いが、左手の5・1→3・2の形の2の音が鍵盤が下りきらずに
きちんと音が出てないところがまだちょっとあるとのことで、
注意してもう1度弾き直してやっと合格頂きました^^;
次の曲は、もっと早く合格をもらうようにしたいと思います。
っていっても、やっぱり苦戦するんでしょうけど~


【サラバンド】
3ページまで譜読みして、譜読みは完了。
一応通して先生にみて頂きましたが、やっぱり問題は2ページ目ですね(-“-)
今日のポイントは、

  ・全体的にもう少しゆっくりのテンポで
     →もう少し、ゆったりと。焦った感じにならない。
  ・2ページ目の右手の主旋律、音が切れるところがある
     →伸ばす音がきちんと伸ばされていない。音の繋がり注意。
  ・1ページ目の右手はノンレガート気味でOKだが、2ページ目はきちんとレガートで

う~ん、問題はやっぱり2ページ目ですね
もう一度全体通した後、2ページ目右手と左手両方を片手練習。
先週よりはちゃんと弾けてるようなのですが、まだまだのようです(ーー゛)。
右手をもう少し主旋律とその他弾きわけられるよう片手練習してくるようにとのこと。
先生がお手本で右手の部分弾いて下さったのですがとても綺麗でした
このお手本に近づけるよう頑張ります~


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。