ペーパームーン

主に大人になって習い始めたピアノについてのブログです。 その他日常雑記。腐女子のため、たまに内容注意(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今週は久々にピアノのレッスンがなく、ゆっくりした休日。
今日は予定もなく、まったりと過ごせました~(^^♪
ヴァイオリンのパールマンのCDを引っ張りだして聴いたりしたのですが、
その中でこの間ご紹介したのとは別の曲でお気に入りの曲が1曲あるので、
今日はそれをご紹介したいと思います。
ポーランドの作曲家、ヴィエニャフスキの「スケルツォ・タランテラ」。
これもパールマンのCDで聴いて一気に大好きになった曲です。
やはりとても華やかで、ヴァイオリンらしい技巧に満ち溢れた名曲で、
有名な曲とは言えないかも知れませんが、私は大好きです
パールマンの演奏で動画を探したのですが見つからず、
代わりになんと、ハイフェッツの演奏を見つけました!!
ハイフェッツは20世紀を代表するヴァイオリニストで、
「世紀のヴァイオリニスト」と呼ばれた演奏家です。
以前に記事に書いた帝国ホテルのチャペルコンサートで、
大阪フィルのコンマスの長原さんが名前を出していたヴァイオリニストです。
ハイフェッツの演奏、良かったら聴いてみて下さい。
しかし、You Tubeってスゴイですね…





スポンサーサイト
10月2日に行われるJapan Open 2010のメンバーがぞくぞく発表になっています!
欧州メンバーも発表されましたね♪
今現在発表のメンバーは


  ■日本チーム    浅田真央、安藤美姫、橋大輔、小塚崇彦
  ■北米チーム    ジョアニー・ロシェット(カナダ)、長洲未来(アメリカ)
               ジェフリー・バトル(カナダ)、アダム・リッポン(アメリカ)
  ■欧州チーム    ラウラ・レピスト(フィンランド)、サラ・マイアー(スイス)
               エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)、ミハル・ブレジナ(チェコ)
  ■ゲストスケーター 本田武史、キャシー・リード&クリス・リード ほか


欧州チームには、プルシェンコの名前も(@_@)!
今年はたくさん日本に来てくれて嬉しいですね♪
どのチームも本当に豪華で楽しみすぎます(*^^)v
競技プロ初お披露目の選手も多くそれもまたとても楽しみです
シーズン開幕の大事なものですが、みんなが良い演技を見せてくれると良いですね(^^
それにしても見に行きたい~(>_<)!

あ、チケットのことなど詳しいことは下のリンクからどうぞ
明日からチケット発売のようです!

Japan Open 2010


宝島社の「このミステリーがすごい!」の2008年度版、
国内編第10位にランクインしたこの作品。
ちょっと気になっていたので文庫化を機に買って読んでみました。


時給11万2000円 。
このとんでもない時給をみて、普通の人ならどう思だろうか。
何かの間違いと思うか、それともこれは怪しいぞ、と疑うか。
暗鬼館という地下の施設で7日間を過ごせば、
時給11万2000円×7日分を支払うと約束され、
この高額なアルバイトに応募してきたのは12人。
暗鬼館に足を踏み入れるや否や、
入口は固く閉ざされ7日の間外に出ることは許されないと告げられる。
暗鬼館は地下にあるため窓はいっさいなく、照明も極限にしぼられ、
そのような外界と一切隔てられて、光に乏しい状況の中で生活を強いられる。
しかし、そこには「人を殺せばボーナスとして報酬が2倍になる」などというルールが存在した。
さらに参加者各々には武器が与えられていた。
ある者は鉄の棒、ある者は毒物、さらに別の者は拳銃、といったように。
だが、ただ寝て過ごしても高額な報酬は約束されている。
あえて危険をおかす者などいないだろうと、誰も危機感を抱く者はいなかった。
だが、2日間は何事もなく平穏に過ぎるが、
三日目の朝、遂に一人目の犠牲者が出て状況は一変する…。



あまり、期待しないで読んだのですが、予想に反してとても面白かったです❢
クローズド・サークルは使い古された感のあるシュチュエーションですが、
ミステリ好きとしてはやはりワクワクせずにはいられません
閉じられた空間の中でさまざまな思惑が交錯し、それが思いがけない展開を見せる。
久々に、途中からページをめくる手が止まりませんでした。
お陰で少し寝不足です~(+_+)。
途中少しだれているところもありますが、最後まで一気に読ませてしまいますね。
ミステリ好きなら買って損はしない作品だと思います!
映画化もされるそうなので、そちらを楽しむのも良いかもですね♪

しかしこの作品、クリスティの「そして誰もいなくなった」へのオマージュにもなっていて、
クリスティファンの私はところどころでニヤリとさせられました(笑)。

519JyVWDfVL__SL160_.jpg


先日、堂島ホテルでの記事を書いてから、
何人かの人から「ツィゴイネルワイゼンってどんな曲?」
と聞かれたので動画をUPしてご紹介しようと思います。
この曲はスペインのヴァイオリニストだったサラサーテが作曲した曲で、
とても華やかで技巧的な曲です。
サラサーテの代表作でヴァイオリンの名曲中の名曲ですが、
プロでも弾くのが難しい難曲でもあります。
私が大好きなヴァイオリニストのイツァーク・パールマンの演奏でご紹介♪
8分30秒ほどと少々長い曲ですので、お時間のある時にでもゆっくりお聴き下さい(^^
私は彼ほどこの曲を軽々と、また楽しそうに弾く人をみたことがありません。





ついでにサラサーテでもう1曲大好きな曲をあげておきます。
『サパテアード』という曲で、同じくパールマンの演奏です。
こちらも、お時間のある時にでも聴いてみて下さい^^;
とてもカッコイイです





私の会社は、広い道路を挟んでほぼ向かい合わせの2つのビルに間借りしています。
1つは新しくて綺麗なビルで、もう1つはかなり年季の入ったビル
当然、私のいる部署は年季の入った(古いとも言う)ビルのほうにあるのですが、
新しい方のビルの他のフロアに入っている会社が別のところに移るそうで、
それを機に古い方のビルに入っている部署も新しい方のビルへ移ることになりました^^;
正直、とても嬉しいですいえ、今のビルは本当に古いので~
入社前、人事の面接は新しい綺麗なビルの方でやったので、
この綺麗なビルで働けるんだ~♪と喜んでいたら、
入社初日、古い方のビルへ案内されてとても愕然とした記憶があります(-"-)
今はビルに愛着もありますが、綺麗なビルはやっぱり嬉しいヽ(^。^)ノ
引っ越しはとても大変だと思いますが頑張ります~♪

しかし、この重要な案内が書面の回覧ではなくさらっとメールで来ててびっくり
しかも、重要度【普通】。
ええっ(@_@;)!!これ普通?!普通なの?!とみんな突っ込んでました(笑)。
うちの会社って…


一日遅れですが、昨日は堂島ホテルの中の堂島倶楽部というバー(?)の中で行われた演奏会に行ってきました(^^ゞ
ここでは月1回程度の頻度で大阪フィルハーモニー交響楽団のメンバーが演奏会を行っているのですが、今回の出演者はコンマスの長原幸太さん❢
プログラムがなく口頭で曲が紹介され、メモの用意もなく書きとれなかったのですが、
覚えている限り書いてみたいと思います。

  ガーシュイン/3つのプレリュード
  ガーシュイン/パリのアメリカ人
  バルトーク/ルーマニア民俗舞曲
  マスネ/タイスの瞑想曲
  サラサーテ/ツィゴイネルワイゼン
  ポンセ/エストレリータ


とりあえず、長原さんブラヴォー!としか言えません(笑)。
相変わらず良い音で、うっとり聴き惚れてきました~
彼のヴァイオリンは高音も綺麗で本当に素晴らしいです
安心して聴き惚れているうちにあっという間に終わってしまったのですが、
少し曲が短かったのか予定より早く終わって、「ちょっと早いですね」
と仰ったのでまだ弾いてくださるのかと期待したら、
ここで無茶振りの長原が炸裂(笑)。
ピアニストの藤井さんの譜めくりに駆りだされていた大フィルの2ndヴァイオリントップの
佐久間さんにツィゴイネルワイゼンを弾けと言いだしました
ここでちょっと付け加えると、ツィゴイネルワイゼンはかーなーり難曲です!
決していきなり弾けと言える曲ではないのですが~
結局弾くことになったものの、佐久間さん、
動揺のあまり自分のヴァイオリンを持ってきているのを忘れて
楽器を借りにいくところでした(笑)!佐久間さ~ん(笑)。
でも、ちょっと怪しいところはありつつも最後まで弾いた時は大拍手でした❢
本当に最後の最後、長原さんが1曲弾いて、やっぱり持ってっちゃうんですけど(笑)。


名古屋のモリコロパークで昨日、今日と【THE ICE】というアイスショーがあるのですが、
そのショーにプルシェンコ選手が出演。
真央ちゃんとのコラボがあり、そのニュース動画が早くもUPされていたのでご紹介します。
ニュース動画なので、ちらっとしか見れないですけど
やっぱり埋め込みだと切れてしまうので、下のリンクからどうぞー♪

THE ICE 2010 浅田真央&プルシェンコ


2人とも可愛いです~真央ちゃんもプルも楽しそう!!
真央ちゃんがとっっても楽しそうで、こちらも思わず笑顔になりました(^^ゞ
こんなに楽しそうに滑る真央ちゃん久々に見た気がします。
この2人のコンビがとても好きかもと今さら気づきました(笑)。
なんか仲の良い兄妹みたいで微笑ましくないですか、この2人
もっとこの2人の共演が見たいです♪
しかし、THE ICE のTV放送はこっちではやってくれないのでしょうか。
見たすぎます~(>_<)!

ところで、この2人のコラボの時の曲名が『JUMP』。
とてもらしいです(笑)。
20100724-608782-1-L.jpg



土曜日なので、ピアノのレッスンに行ってきました(^^
しかし暑いですね~
歩いて数分の教室に行くのがちょっと辛かったです(笑)。
今日は『ハノン』とスメタナの『モルダウ』。


【ハノン 19番】
一度弾いて、自分的にはかなり良く弾けた?と思ったのですが、容赦ないダメ出しが(笑)。
ポイントは1点のみ

  ・登りの右手の15345の3の指がちゃんとあがりきっていない時がある
     →あがりきっていなくても音が残ってなければOKだが残っている     
     →鍵盤が戻るところまできっちり指をあげる
     →片手で鍵盤戻っているか確認しながら練習を

片手練習を何回かやって、片手は一度OKだったのですが、
いざ両手でやると元に戻るみたいです~
下りは綺麗に弾けてるし、上りも半分くらいは指ちゃんとあがってるし、
時々なんだけどな~とおっしゃいつつも、
片手からもう一度だけやって来てね、と持ち越しになりました。
先生、やっぱり厳しいです~(T_T)


【モルダウ】
レッスン前の練習ではかなり調子よく弾けていたのですが、
先生の前だとやっぱり緊張するのか何度か大きなミスタッチが
今日のポイントも右手でした。

  ・AパートもBパートもかなりメロディ聴こえるようになってきた
     →和音の上の方に重心のかかる弾き方になってきた。この調子!
     →Aパート、少し音が強いかなとも思うがあまり気にならないのでこのまま  
  ・Aパートのメロディの始まり、最初の音少し大きく出てしまってもそのままの音量で
     →次の音で小さくならない
  ・Bパートの11小節目の右手、ソド#ミソの和音に4の指でファの音が混じる
     →和音が崩れるのでとても気になる。4の指下がらないよう注意。
  ・Cパート、5小節目から音色の変化を
     →盛り上げていっておいて、5小節目からふっと弱める。その方が綺麗

Bパートの11小節目の部分のことでやっぱり今日も片手練習
意識しないとどうしても4の指がさがってファの音が入ってしまう
この曲右手も難しいです~(-"-)
しかも、何度か通したのですが、左手の分散和音も崩れる時があります
もっと弾きこまないとですね~(;一_一)
来週はお休みで2週間間が空くので、じっくり練習したいです。

     
写真にあまり興味のない私ですが、大好きな写真家が一人います。
キム・アンダーソンさんという写真家をご存知でしょうか。
ドイツの写真家で、主に子どもの写真を撮ることで有名です。
ある日自分の子どもたちを見ている時、
ひどく感動を覚えて写真を撮ったことがきっかけとなり、
それ以来、子どもたちの世界を撮り続けることになったそうです。
彼の撮る子どもたちは、大人びていて、でもどこか可愛らしくて、とても魅力的です
さまざまな表情を見せてくれる彼らをついいつまでも眺めていたくなります^^;
3枚だけご紹介させて頂きますが、可愛いですよね~

しかし、私の通っているピアノ教室のアップライトの置いてある部屋のカレンダーが、
キム・アンダーソンさんのカレンダーだと今日気づいてびっくり(@_@;)!
遅いって(笑)。

018s.jpg wg-3775.jpg 5176JNSWRVL__SL160_.jpg








追記:
私が携帯の待ちうけにしているお気に入りの写真の画像も見つけたので載せます♪
タイトルは『小さな天使』❢可愛いなぁ~
C小さな天使





一昨日に記事にした会社の弾き合い会の日程がもう決まりました(早っ)
9月16日で、仕事が終わったあと夕方6時からということで確定です。
しかし、弾き合い会について予想外のことが
なんと、社員だけではなく、名誉顧問のピアノの先生も来られるとのこと!
ピアノの先生?!えっ、うそ~!\(゜ロ\)(/ロ゜)/
と、一人でおたおた動揺してました
いやだって、ピアノの先生だったら、
すっごく細かく聴かれたり見られたりしそうじゃないですか?
もれなく緊張度さらにUPです~(>_<)!
本当にどうしよう…
と、とりあえず練習します~(;一_一)

うちの部署で一人が急にしばらくお休みすることになり、
先週の末からとてもバタバタしていました
少し前から娘さんの具合が悪く、高熱がでてなかなか下がらないとのことで
心配ですねと話していた矢先に、娘さんが入院。
休みの連絡の電話を私が最初に受けたのですが、
入院しちゃったと言われた時にはもうびっくりしました(@_@;)!
判明した病名にまたびっくり。川崎病だそうです。
全身の動脈が炎症を起こして高熱を発する原因不明の病気で、
病名は知っていましたが、こんな身近で聞くとは思いませんでした。
でもこの病気、かなりの数の子どもがかかる病気のようでまたまたびっくり
適切な治療を受ければ2~3週間で完治し、
後遺症もまれでそれほど怖い病気でもないようですが、
とにかく早く良くなるといいなと思います。
今日聞いたところによると、熱はもうさがって元気いっぱいで
入院に退屈しているとのことでちょっとほっとしましたが(^^ゞ
ん~、でもしばらく仕事大変です~
今日、会社のピアノの弾き合い会のご案内が来てしまいました
私が働いている会社で、年2回ほどピアノの弾き合い会があります。
こう言うとたいていの人に驚かれますが、
うちの会社の名誉顧問がとても音楽好きの人で、
社員の中でピアノをやっている人を集めて行っているものです。
ピアノを習い始めたのがばれた2年くらい前から私もひっぱりこまれて(笑)、
すでに4回ほど参加させて頂きました(^^ゞ
たいてい3月・9月で、いつもならもうとっくに案内がきている時期なので
今年は9月のはもうないのかと思って油断していたら今日来ました~
時期は9月の中旬か月末あたりの平日とのこと。
いつもは9月は小さなレストランを借り切ってやる少し大規模なもの、
3月は会社の旧館(アップライトピアノがあります)でやるごく小規模なものなのですが、
今回は大規模にはやらず旧館でごく内輪でやるみたいです。
で、またまた迷うのが選曲です(-"-)
発表会で弾く曲をやれば良さそうなものですが、
問題は発表会なんか比じゃないくらい緊張するんです~(>_<)!
自信がない曲はボロボロになるのが目に見えています
今回発表会で弾くモルダウはちょっと自信がないので(発表会で弾くくせに・笑)
前にやった『楽しみを希う心』(映画「ピアノ・レッスン」より)にしようかと思います!
とても大好きな曲なので練習も楽しいし、
つい前回の発表会で弾いた経験もあるのでまだ緊張しなさそうですし^^;
とても素敵な曲なので良ければ下の動画で聴いて見て下さい♪
しかし、結局2曲練習ということになるんでしょうか…(;一_一)
8月もピアノに追われてあっという間に終わっていきそうです




昨日、叔母と従姉弟と神戸で異人館めぐりをしたのですが、
山手八番館に来た時ものすごい行列でびっくり(@_@;)!
係の人が「順番に並んで下さい!2時間待ちで~す!」とか叫んでいたので
根性のない私たちは次に行こうと即スルーしました(笑)。
でも気になったので次の館で係の人に聞いてみると、
願いごとの叶う椅子というものがあってそれに座るための行列で、
『世界仰天ニュース』で紹介されて話題になったとのこと。
「椅子に座らず見学だけだったらすぐに入れますよ」とのことで、
戻って山手八番館に入ったのですが、いやもう本当にすごい行列❢
あの暑さの中そんなに待ってまでも願い事したいのかな~。
ある女性が座って願い事をするとろこを見たのですが、
祈りの形に手を組み、瞳を閉じて怖いくらい真剣に願い事をしていて、
本当にそんなにご利益があるのかなとちょっと気になりました(@_@)
本当に叶うんだったら私も願い事したいです
今だったら願い事はピアノが上達しますようにですねー。
切実です。神頼みでもなんでもしたい気分です
今度またこっそり行ってこようかな(笑)。
しかし、名前がサターンの椅子
名前からしてやばそうな椅子なんですけど~(笑)。
002677.jpg




一日遅れですが、昨日はピアノのレッスンでした(^^
親戚の家へ行く予定があり、いつもより早く12時半からして頂きました。
休みの日のこの時間はやっぱりまだちょっと眠いです(+_+)。
今日は練習曲集の『ルクーペ』とスメタナの『モルダウ』。


【ルクーペ 8番】
指くぐりのための練習曲で、いやってほど指くぐりが出てきます(-"-)
どうも苦手なようで、1回通して弾くも今一つ
ポイントはやっぱり指くぐりですが、新たな注意点も出てきました

  ・ところどころ指くぐりで音が気になるところがまだある
     →上りのところ、くぐった後の1の指の音が大きいところがある
     →くぐって1に行く直前の3や4の指の音がちょっと弱いのでよけい大きく聴こえる
      その3や4をしっかり弾くよう意識。
  ・左手もしっかり強弱を
     →右手に気を取られて左手の強弱が弱い
     →5小節目の初めはもっと思い切り出しても良い
  ・左手の5・1の和音→2・3の和音になる形で2の指の音がちゃんと出てない時がある
     →右手と左手合わせて3和音になるところなのでしっかり音をだす

前回には出てこなかった注意点も出てきましたー(;一_一)
これらに注意して何度か弾くもOKは頂けず
片手練習を中心にもう一度練習をということで持ち越しでした。
練習曲も思いのほか難しいです~(>_<)


【モルダウ】
ん~、やっぱり難しいです、モルダウ(-"-)
先週は割と調子良かったのですが、今日はミスタッチちょっと多かったです
でも、ポイントは先週に引き続き右手。
  
  ・Aパートの6連符、気を抜くと少し音が大きくなるので注意  
  ・Aパートの右手は良くなったが、Bパートの右手はまだメロディはっきりしない部分がある
     →和音の下の音は良く聞こえるが、上の音がメインなのに良く聴こえない
     →弾く時の重心はあくまで上の指にかかるように
  ・Cパートの分散和音で、下りてくるときの指くぐり後の1の指で音が跳んでる部分、音が
   少し大きくなっている
      →やっぱり指くぐり直前の3の指の音が弱いのでしっかり弾くよう意識
      →分散和音の6音、3音で1つの塊ではなく、2音・4音の塊で意識


片手練習の後何度か両手で通すも、片手練習だと出来る事が両手だと途端に出来ない
のはなぜなんでしょう(T_T)。
右手、和音でメロディを弾いていくのはやっぱり難しいです~
でも、音はほとんど弾けていて細かい部分の注意になってきているので、
こういう細かいことに気をつけて綺麗に弾けると良いですね、とおっしゃって頂けました^^;
が、頑張ります~
今日は帰りが遅く、もうこんな時間なので動画のご紹介だけ。
浅田真央ちゃんとプルシェンコの動画です。
すみません、埋め込みだと切れてしまうので下のリンクからどうぞ♪

魂が似ている二人をシンクロさせてみた

この二人は根っこのところがとても似ていると私も思います。
製作者の方、素敵な動画をありがとうございます


追記:
この二人の可愛い画像を見つけたのでペタリ♪
癒されます
126737447496016328397_purumao.jpg






新しく曲を決める時に、毎回必ず頭に浮かびながら諦めてきた曲があります。
SING LIKE TALKINGというグループの『La La La』という曲。
今まで聴いた歌の中で一番と言うほど大好きな曲なのですが、
なぜか楽譜がみあたらない~
SING LIKEの楽譜集の中にもなかったりします(T_T)
こんな名曲なのになぜ…人気もあるのに~!
この曲は本当に名曲だと思います
恋愛のことを歌うものが多いPOPSの曲の中で
とても珍しく自然を歌ったメッセージ性の強い曲です。
メロディはもちろんですが、とにかく歌詞が良い!
ちょうどはやっていたころに湾岸戦争が起こり、
油まみれの鳥の映像にこの曲が被せられているのを見た時には鳥肌がたちました…!!
とてもとても弾きたいと思っているのですが楽譜を見つけられずにいるので、
もしこの楽譜をご存知の方がいらっしゃったらぜひ教えて頂きたいです^^;
アレンジするのが難しい曲だと思うのでないのかな~とも思いますが
しかし、クラシックからちょっとはずれた曲ばかり弾きたがって、
先生には申し訳ないです~(>_<)




今日、私がコンビニで買った小説、「レイン 8  孤高の戦士」。
間違いじゃありませんよ?’書店‘ではなく’コンビニ’です(笑)。
このレインという小説、とある個人のサイトで連載されていた小説で、
口コミでとても人気が出て書籍化に至ったというちょっとびっくりな小説です(@_@;)
サイトで連載されていた時から読んでいたので、
本になった時にはとても驚きましたが(いえ、とても面白かったですけど)、
今日コンビニで売られてるのを見て同じくらい驚きました(@_@;)!
少し書籍に力を入れているコンビニなのですが、
それでもコンビニで売られるってとても人気のある証拠ですよね。
個人のサイトで書かれている小説って、
商業誌に載っている小説と違って一定の水準をクリアしていないものも多く、
本当にピンキリで当たり外れが大きいです。
この小説もやはりところどころ粗はあるのですが、
魅力的なキャラや世界観、ストーリーなど、
一気に読ませてしまう力を持っています。
特に、主人公が努力を重ねて成長していくという設定の多い中、
最初から最強で、反則的な強さをもつレインは文句なしにカッコイイ
このレインが今後どのような運命をたどるのか、とても気になります。
急展開の第8巻。次巻がとても待ち遠しいです
43406820.jpg







発表会がだんだんと近づいてきて、
次の曲を考えなければいけない時期にきました
早いと思われるかも知れませんが、
なかなか決まらないのでいつも早めに考え始めるようにしています。
で、次の曲ですが、フィギュアの真央ちゃんの使用曲から
何か弾こうかなーとかちょっと考えてます(^^
真央ちゃんの使うあまりメジャーでない曲は、
鐘といい仮面舞踏会といいとても良い曲多いですし♪
以前に弾いたポル・ウナ・カベーサも思いのほか評判良かったです^^;
よく教室で練習してたのですが、耳に残るメロディなのか、受付のお姉さんに、
「すごい良い曲だよね!メロディめっちゃ覚えた(笑)!何人か口ずさんでるのも聴いたよ~」
とか言われたり、知らない人がいきなり練習中に入ってきて、
「練習中にすみません!この曲すごく探してたんですがなんて曲ですか?
楽譜どの本に載ってるか教えてもらいんですけど!」
とか言われたりしました(笑)。
それにすごく好きな曲もあるのでそれにしようかなーと。
「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジア」好きです~
フィギュアの曲を集めた本にも載ってますしこれにしてしまおうかと。
また結構むずかしそうなのでちょっと迷ってますが(-"-)

しかし、なにか弾きたい曲なかったかなーと考えて、
まっさきに浮かんだのはファイナルファンタジーⅩ(←ゲームです)の
「ザナルカンドにて」だったりしました
そんな馬鹿な~(笑)。
でも、とても綺麗な曲です恥ずかしくて言えないですけど




Mizumizuさんというブロガーさんをご存知でしょうか。
フィギュアスケート関係でとても有名なブロガーさんで、
この人のブログが大好きで楽しみに読んでいました。
彼女の深く鋭い洞察は小気味良いほどです。
いつも更新されるのをワクワクしながら待っていたのですが、
彼女も最近のジャッジのおかしさに激怒し、あきれ果てて
フィギュアの記事をほとんど書かなくなりました。
しばらく覗いていなかったのですが、
そのMizumizuさんのブログを覗くと久々のフィギュアネタ更新❢
しかもいくつか記事がUPされているようで思わず小躍りしました(笑)!
浅田真央ちゃんや高橋大輔選手の記事がUPされていますので、
興味のある方は下のリンクからどうぞ♪
お時間のある時に、過去の記事もぜひ読んでみて下さい。
彼女の考察は本当に凄いです(@_@;)!
絶対元フィギュア関係者だ、と思っている人は私を含め大勢いるのですが、
真相は未だに闇の中です(笑)。
しかし、ISUには彼女のブログを見てぜひお勉強してもらいたいですね(苦笑)。


Mizumizuのライフスタイル・ブログ


本当ならレッスンは土曜日なのですが、
昨日は先生のご都合が悪く今日のレッスンでした。
今日は『ハノン』とスメタナの『モルダウ』。


【ハノン 19番】
とりあえず、1回通して弾くものの、何ヶ所かつっかかりました(-"-)
やっぱりだんだん弾きにくい形になってます
練習ではOKでも先生の前でまたしてもボロがでる結果に~。
でも、問題なのはつっかかったことではなかったです。
今日のポイントは、  

  ・上りの右手と、下りの左手、手が少し浮いていて指先だけで弾いている
     →そのために少し軽い音に聴こえる     
     →もっと手の重みを指先に感じるように弾く
     →ゆっくりで良いので、一音一音指先に重さを感じながら弾く練習

片手練習するも、弾きにくい形のためか難しいです先生
もう一度両手で合わせてみるも、OKはもらえませんでした。
もう一息、ということで次回持ち越し。
ハノンも最近は一回じゃ合格無理ですね…(;一_一)


【モルダウ】
曲を変えてしまおうかと思っているモルダウ。
今日やってみてから先生に相談しようと思い、とりあえず一通り弾いてみました。
で、そう思っている日に限って、割とすんなり弾けてしまうんですね(-"-)
今日のポイントは右手につきました。

  ・AパートもBパートも右手のメロディーで聴こえにくいところがある
     →単音のところは良いが和音で弱いところがある
     →和音の上の音がメロディなのに上の音が弱いのが原因
     →片手練習で上の音のメロディをはっきり出す練習を
  ・Bパートからの左手の分散和音、両手だとOKだが片手だとまだ少し怪しい
     →もう少し片手練習した方がより確実になる
  ・Bパートからの左手の分散和音、大分良いが、もう少し1小節で1つの塊を意識
  ・Bパートの最後のディミヌエンド、もう少し強く

分散和音、先週褒められたので油断してあまり片手練習しなかったら途端に言われる
やっぱり左右の片手練習させられて、その後何度か両手で通し。
いつもよりすんなり弾けましたが、先生的にはやっぱり今一歩のよう(-"-)
特に右手のメロディぼやけるところがあるので、片手練習徹底!とのこと。
でも、ミスも減ってきたし徐々に弾けてきているとおっしゃって頂けました(@_@;)!
ちょっとびっくりしました。でも嬉しいヽ(^。^)ノ!
その後、曲変更のことを言ってみるももちろん却下…
せっかくここまでやってきたのにもったいない、とのことでこの曲でいくことになりました。
ものすごく後ろ向きな気持ちになっていて曲変えようと思っていましたが、
今日の感じだったら頑張ればいけるかも!と思えたので頑張ってみようかと思います^^;
現金な奴ですみません~m(__)m


おとといの大フィルの定期に行った時、
ロビーのところに山積みのチラシが…
何かなと思って見てみると大阪クラシックのチラシ(@_@;)!
詳しいプログラムが発表になったようです
あ、大阪クラシックというのは大フィルが行うイベントで、
毎年9月初めごろの一週間(今年は9/5~)
御堂筋を中心に街中のあちこちで30分のミニコンサートを行うものです。
1週間で、今年の公演数は全87公演❢
ほとんどが無料で聴ける、クラシックファンにはたまらないイベントです!
ホールでやる公演以外はすべて無料という太っ腹ぶり。
ホールもだいたい500円、シンフォニーホールでやるものでも
最高1500円で聴けてしまいます。
毎年ものすごく楽しみにしていて、3日ほどまとめて休みをもらい、
土日を含めて5日間は1日中公演をはしご(笑)!
至福の一週間です
詳しいプログラムが決定したので明日は友達と作戦会議(笑)。
全部の公演は聴けないので(移動の時間を考えると、連続している公演は聴けない)
どの公演をとってどの公演を捨てるか非常に悩みどころです(>_<)
しかし、贅沢な悩みですね(^^ゞ
熱い一週間、今年もまた楽しみです!!


詳細は下をクリックして大フィルニュースを参照♪
大阪フィルハーモニー交響楽団 オフィシャルHP


1日遅れですが、昨日はシンフォニーホールで行われた
大阪フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会に行って来ました!
指揮は、待ってましたの大植英二さん♪
プログラムは、


  バルトーク/管弦楽のための協奏曲
  シューマン/交響曲 第2番 ハ長調 作品61


昨日は、とても珍しくポディウム席に座りました。
ポディウム席というのは、オケの正面ではなく、
後ろ側にある2階席のことです。
正面から聴くのではないので音はあまりよくありませんが、
指揮者を正面から見れるのでこれはこれで面白い席です。
久々にこの席に座ってとても新鮮でした♪
大植さんの熱い指揮ぶりがとても良く見える(笑)。
クラシックにハマる前は、誰がやっても一緒なんじゃ、
などと思っていた指揮者ですが、
やっぱり指揮者によって曲は変わってくるし、
こうして指揮者が良く見える位置で見ると、
オケの音楽って指揮者が創っているんだな~と実感します。
オケの様子も上から良く見えて楽しかったです
たまにはこの席も良いなぁと思いました(^^
でも、シューマンは後ろから聴いてもとても良かったので、
次はぜひ正面からちゃんと聴いてみたいです!
つい数日前の記事に、くじけている場合じゃありません
などと書いておきながら、
発表会の曲を今練習している曲のままでいくか
非常に迷いはじめてしまいました
というのも、今やっている『モルダウ』、
私にはやっぱり難しいです~(-"-)
発表会までに仕上がる気が全然しません
なんとか仕上がったとしても、弾いていて余裕がない曲は
発表会の緊張でボロボロの演奏になりそうで怖いです(>_<)
なので、今までやった曲で発表会で弾いたことのない曲に
変更してしまおうかな、と
発表会の参加申し込みは今月末までなのでまだ猶予はありますが、
変更するなら早い方が、とちょっと焦ってます
でも、今まで同じパターンで何度か先生に却下されましたし、
一度やってしまうと癖になりそうでそれも怖いですが。
いっそのこと今回は聴き役にまわって、弾かないでおこうか、
なんてとても後ろ向きな考えもよぎりました…(;一_一)
とりあえず、非常に後ろ向きな考えは置いておいて(笑)、
曲をどうするか、次のレッスンまでに考えたいと思います。
変えることになったら、先生すみません~m(__)m
こんなタイトルでなんですが本の話です(笑)。
最近ちょっと忙しくて疲れているからか、
本も癒し系のものが読みたくなるようで、
ここのところ繰り返し読んで癒されているのがこれ。


51SFMKY1ZHL__SL500_AA300_.jpg






「コーセルテルの竜術士物語」


本と言っても漫画ですが^^;
この漫画は、竜と精霊と獣人、そして少数の人間が暮らす国
コーセルテルを舞台に展開する、ほのぼの子育てファンタジーです(断言・笑)。
主人公マシェル(竜術士=子竜を預かり育てながら術の使い方を教えていく)と
彼が預かる7匹の子竜の賑やかで、でも穏やかな日々が描かれています。
この子竜たちがとにかく可愛いっ
元気いっぱいで、元気が良すぎて困らせたりもするけれど、
マシェル大好きな子竜たちがひたすら可愛い
普段は穏やかなのに、子竜の危機ともなると
切れて最強の強さを見せるマシェルも素敵です(笑)。
癒し系漫画と思われるのは作者の予想外だったようですが、
どう考えても癒し系ですね^^;
本当に癒されます~

この漫画は第一部と第二部でタイトルが変わり、1部が「コーセルテルの竜術士」、
第二部が「コーセルテルの竜術士物語」となっています。
そして最近、第三部「コーセルテルの竜術士物語 子竜物語」が始まったのですが、
この第三部で、子竜たちは少し成長しました。
成長した姿を見れるのも嬉しいのですが、
小さい子竜たちがひたすら可愛かっただけにちょっと寂しい~(T_T)


少し前の記事で言っていたように、
今日から新しく売上さんの仕事を教えてもらってました。
でも、新しい仕事を覚えるのって、
やっぱり思っていた以上に疲れますね
ホントに久々に仕事終わってぐったりでした(-"-)
夕飯食べたあと、気づいたらうたた寝していてびっくり
いつもは宵っ張りですが、
今日はもう寝てしまおうと思います~。
ピアノの練習ほとんど出来てないのですが…
明日からまた頑張ります
フィギュア関係のサイトを覗いていて、
面白いページを見つけたので思わずご紹介。
その名も「フィギュアスケーター アンサイクロペディア」。
その昔もの凄くはやっていた格闘ゲーム
「ストリートファイターⅡ」(略してストツー)をパロッた
フィギュアの格闘ゲーム「フィギュアスケーターⅡ」(略してスケツー・笑)
が発売されたというコンセプトで、
そのゲームの細かーい設定が書かれているのですが、
これが、もうっ!久々に爆笑しました(笑)!!
いやー、ここまで良く作ったと思います(笑)。
こういうパロディを嫌う方もいらっしゃるかと思いますが、
私はフィギュアに対する愛をものすごーく感じました。
ぜひいろんな方に見て頂きたいと思います。
気になる方はぜひ下のリンクからどうぞ♪
あ、でもキム・ヨナファンの方は見ない方が良いと思いますのでご注意を!

フィギュアスケーター アンサイクロペディア

しかし、このゲーム本当に出ないかな。
出たら絶対買うのに(笑)!
250px-Figure_Skater_II.jpg
土曜日なのでピアノのレッスンに行って来ました(^^
昨日少し遅かったので、ちょっと眠かったです(+_+)
実は昨日先生がメインの室内楽の演奏会がありまして、
それを聴きに行ってました♪
先生素晴らしかったです
でも、2時間もの演奏会の次の日に普通にレッスンなんて、
先生すごくタフです~(@_@;)
それは置いておいて、今日はルクーペとスメタナのモルダウ


【ルクーペ 8番】
細かい音符の上り下り。
右手の指くぐりをスムーズに出来るようにするための練習曲です。
ところが、この指くぐりが曲者。
今日のポイントはこの指くぐりにつきました
先生曰く、「まるで何事もなかったかのように」その個所を弾かなければいけない(笑)。
私のはやっぱり少し手がかくっとなって音が微妙に大きくなり、
指くぐりしたのがすぐわかるんだそうです
指くぐりの時の指の準備が遅いとのことで片手練習。
何回も繰り返し弾かされましたが、意外と難しい(;一_一)
右手の片手練習を徹底してもう一度ということで、
また次回持ち越しです~。


【モルダウ】
この曲に苦手意識が出来てしまったのか、
練習で調子よく弾けても先生の前だと緊張して練習どおり弾けません(T_T)
今日のポイントは、

  ・Aパートの左手の6連符音が大きい。出来るだけ小さく
     →左手の音が大きいので左右のバランスが悪い
     →多少テンポ落としても良いので左手小さく
  ・右手のメロディやっぱり聴こえにくいので全体的にもっとメロディ出す
     →右手の和音の下の音が強く出てるのも聴こえにくい原因
     →右手のメロディの和音の上の音をもっと出す
      (その上の音が主旋律)
     →右手の上の方に重心を置くような弾き方
      (下の親指に重心をおいて弾く方が弾きやすいがそれではダメ)
  ・Bパートの左手の分散和音、もう少し確実になると良い
     →かなり良いがもう少し。パターンが変わるところ時々ミスるので確実に。
     →片手だけだとかなり綺麗に弾けているので、さらに片手練習。
      (大分、1小節で1つの塊のように聴こえるようになった)
  ・曲の最所の部分(左手の6連符に入る前まで)のところとても綺麗に弾けていた
     →今までで一番綺麗に弾けていたので、この感じを忘れないように

今日、初めていくつか褒められました~(*^^)v!
苦戦続きなので凄く嬉しかったです!
でも、今日は右手を中心に言われましたね
特にBパートから、左手の分散和音に気を取られて、
やっぱり右手に注意がいっていないとのこと(;一_一)
左右の片手練習の後、Bパートからを何度か弾かされました
しかし、和音でメロディを出していくって凄く難しいですね
左手は結構やっていたのですが、
右手の片手練習ももっとしようと思います。
発表会まで約2ヶ月、くじけている場合じゃありません(笑)。
私の部署は、営業からまわってきた注文書のデータ入力、
入力したもののチェック、そのデータを倉庫に送信して出荷指示、
というのが主な仕事です。
つまり、物流関係の部署な訳ですが、
その中で売上(うりあげ)さんといって経理関係の仕事をしているい人が2人います。
この売上さんたち、同じ部署内ですが私たちと全く違う仕事をしています。
売上さんたちの仕事には私たちは全くノータッチで、
どんな仕事をしているか大まかなところは分かりますが、
詳しいやりかたなどは知らなかったりします。
ところが、来週から私も売上さんたちの仕事を覚えることになりました
一人が体調良くないようでちょっと休みがち、
なにかあった時のためにもう一人仕事を知っている奴がいた方がいいだろう、
と上は判断したようですが、なんで私ですか~\(゜ロ\)(/ロ゜)/
もっと若い子いるしその子の方が覚えも早いし良いのでは?!
と言ったのですが私の方が経験長いからと…
今さら全然知らない仕事を1から覚えるのはものすごく嫌です~(-"-)
朝一でこの話聞いて、朝からちょっとブルーになってました
まぁ、売上さんに仲良い子がいるので、それだけが救いです
しかし、一応目を通しておいてね、と仕事内容まとめたファイルを渡されたのですが、
さっぱりわかりませんでした…(;一_一)
売上の仕事出来るのか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。