ペーパームーン

主に大人になって習い始めたピアノについてのブログです。 その他日常雑記。腐女子のため、たまに内容注意(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
8月も今日で終わり、あっと言う間に明日から9月です。
9月と言えば「大阪クラシック」の時期、今年もいよいよ近づいてきました(^^♪
ご存知でない方のために簡単に説明すると、この「大阪クラシック」と言うのは、
大阪フィルハーモニー交響楽団が毎年9月初めごろに1週間に渡って行うイベントで、
御堂筋を中心に街のあちこちで30分のミニコンサートを行うものです。
ほとんどの公演が無料で聴け、一般の人も来やすいとても敷居の低いコンサートです♪
今年も9/4(日)~9/10(土)まで行われ、公演数は今年は全83公演
ミニコーンサートの梯子!と考えただけでワクワクしてきます♪
私は毎年3日間会社の休みをもらいこのイベントを聴きに行ってましたが、
今年は忙しい事もありどーしよーかな~とかなり迷っていたのですが、
忙しい中頑張ってたんだし!と思い直し、なんとか2日間休みをもぎとりました(笑)。
土日を合わせて丸々4日間は参加出来ますし、とても楽しみです
しかし、今年は仕事が忙しい上に他にも問題があり、
大阪クラシック最終日の翌日の日曜(9/11)がなんと教室全体の発表会…(大汗)。
日程が発表になった時にはもう泣きそうになりました~
去年、大阪クラシックの翌日にレッスンがあったのですが、
疲れでヘロヘロでさんざんな出来だった覚えがあるのですよね
一週間に渡ってこのお祭り騒ぎに参加すると、さすがに体力消耗するのです(-“-)。
去年は休みもらえなかった日も夜の公演聴きに行ってましたし
今年は仕事が忙しいので、仕事の日は夜の公演も聴きに行けなそうですし、
2日間しか休みもらわなかったので大丈夫かなとは思うのですが、
やっぱり聴きに行く公演数セーブしないとなーとは思います
…そもそも、コンサート聴きに行ってる場合か?と自分で突っ込みたくなりますが(笑)。
しかし、これをプロデュースしている音楽監督の大植さんが来年から大フィル離れますし、
そうなると来年からどうなるか分からないので、今年はなにがなんでも参加します!
でも、セーブをして余力を残しつつ、ピアノの練習も頑張ります~(*^_^*)
という訳で、今週末の「大阪クラシック」開始に向けて体調整えておかないとです(笑)。

しかし、この「大阪クラシック」はホントに楽しいイベントです。
下に大阪フィルのサイトのリンクを貼っておきますので。
興味のある方はチェックしてみて下さいね♪

大阪フィルニュース 大阪クラシック


スポンサーサイト
1日遅れですが、昨日は大阪フィルハーモニー交響楽団の
パートナーズパーティーに行ってきました(^^ゞ
このパートナーズパーティーというのは、
大阪フィルが定期会員を招待して行う交流会で、毎年年1回行われています。
実は今年初めて参加したのですがとても楽しかったですー♪
大阪フィルハーモニー会館(大フィルが普段練習している場所です)でのリハ見学の後、
隣の西成区民センターに場所を移しての立食パーティーだったのですが、
団員の方たちを同じテーブルでお食事を頂いて、
普段あまりお話したことのない団員の方たちとお話できてとても楽しかったです(*^_^*)
お目当ての長原さんや佐久間さんは人に取り囲まれていてお話出来なかったのですが、
あまり知らなかった方たちとお話出来てこれはこれで良かったですね^^;
しかも、リハーサル見学も初めてだったのですが、これがすごく良かった❢
明日シンフォニーホールでやるブラームスのピアノコンチェルトの2番だったのですが、
指揮者の大植さんがちょっとやっては止めて指示、ちょっとやっては止めて指示、
それに対してコンマスの長原さんなんかが時折言葉を返してさらに確認、
だんだん作り上げていっている感じが伝わってとてもワクワクしました!
ピアノの方も、言われるとおりに弾くだけかと思ったら、
こうした方が良いのでは?みたいな感じのことも言っていて
あたり前ですが、本当に皆で音楽を作っていってるんだなぁと実感しました(^-^)
楽しくて、1時間あっという間でしたねー!
実は明日の本番、もちろん聴きに行く予定なのですが、
一人お休みで仕事がともて忙しくひょっとしたら聴きに行けないかもなので、
リハだけでも聴けて本当に良かった(泣)。
来年のパートナーズも、このリハだけでも聴きにいきたいなぁ。
しかし、こんな交流会を催してくれて、大フィルの方たち本当に素晴らしいです


ヴァイオリニストの五嶋みどりさんの、
‘タングルウッドの奇跡’という逸話をご存知でしょうか。
まだみどりさんが14歳の頃にタングルウッド音楽祭に出演した時、
演奏中にヴァイオリンの弦が切れるというハプニングがあり、
演奏の合間にコンマスの人のヴァイオリンと素早く交換、
しかしそのヴァイオリンの弦も切れてしまい、
さらにもう一度交換して演奏を続けたという逸話です。
話には聴いていたのですが、今日とあるブログにお邪魔したら
その動画がUPされていて、初めてその場面を見ました。
その動画が下の動画です。
すごい…!と久々に手に汗握ってしまいました(@_@)
弦が切れたにも関わらず、慌てず冷静に交換して弾き続けるみどりさん。
しかも、彼女が普段弾いていたのは子ども用の少し小さいサイズのヴァイオリンなのに、
交換したのは大人用のサイズの違うヴァイオリン。
それを何事もなかったかのように演奏を続ける姿に、会場がどよめく。
演奏もさることながら、とにかく演奏を止めない、弾くんだ!
という子どもとは思えないゆるぎない意志を感じてただ圧倒されました。
演奏に対する意識があまりに違う、とそのブログの方は仰ってましたが、
本当にそう思います。
子どもにこんな姿を見せられて、何も感じないわけがない。
大人から始めたし、と、楽しいけど半ば上達を諦めていた感のあるピアノでしたが、
ちょっと私も本気で頑張ってみようかな、と久々にピアノ熱にとても火がつきました。
…うん、練習しよう(笑)!




以前にも記事に書いた大阪クラシックが、いよいよ明後日から開催されます!
大阪フィルハーモニー交響楽団が毎年行うこのイベント、
御堂筋を中心に街中のあちこちで30分のミニコンサートを行うもので、
明後日から一週間、公演数はなんと全87公演❢
ほとんどが無料で聴ける、クラシックファンにはたまらないイベントです!
ホールでやる公演以外はすべて無料。
ホールもだいたい500円くらいで聴けてしまいます。大フィル本当に太っ腹
来週は火~木曜の3日間お休みをもらい、土日を含めて5日間は1日中公演をはしご(笑)!
音楽三昧の一週間です
なので、ブログを更新するのがちょっと難しくなるかもです
1日中あちこちへ歩き回ってヘロヘロになりますし、弾き合い会の練習もありますし
でも、出来るだけブログにはお邪魔させて頂くつもりですのでよろしくお願いします<(_ _)>
終わったらまた更新していきたいと思います^^;
しかし、1週間バタバタと忙しくなりますが、隙を見て練習はちゃんとやらないと~


興味のある方は、下のリンクから詳細チェックしてみて下さいね♪
大阪フィルハーモニー交響楽団 オフィシャルHP


いつもお邪魔しているブログに行ったら、
のだめのラプソディー・イン・ブルーの動画がUPされていて、
それを聴いていたら無性にベートーヴェンの交響曲第7番も聴きたくなりました(^^ゞ
動画を探したらあっさりのだめのドラマ版のを発見(笑)。
あまりメジャーではなかったこの曲を一躍有名にしたのは
この「のだめカンタービレ」だと言っても過言ではありません。
例にもれず私ものだめでこの曲が大好きになりました^^;
明るくて軽快、そして妙に可愛い曲でのだめにぴったりです♪
だからこんなに人気が出たんでしょうねー。
ドラマでは、千秋が学生生活最後のコンサートで振るのがこのベト7。
ドラマでのこのシーンは今見てもちょっとうるっと来ます(@_@)。
しかしこの曲、また生で聴きたいなぁ。
ちなみに交響曲で一番好きな曲は他の曲なんですが、
それについては…また今度です(笑)。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。