ペーパームーン

主に大人になって習い始めたピアノについてのブログです。 その他日常雑記。腐女子のため、たまに内容注意(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
B’zのライブが近づいてきて、ものすごくソワソワのエラニユースです
予習としてB’zを聴きまくってて、久々に感動を思い出した曲があったので、
今日はその曲を紹介したいと思います。
曲名は「Brotherhood」
アルバム『Brotherhood』の中のタイトル曲で、やっぱりこれもシングル曲ではありません。
ですが、発表当時からファンの間ではとても人気がある曲で、
ベストアルバム『B'z The Best "ULTRA Treasure"』では中間投票、最終結果共に1位、
(これはファン投票で選ばれた曲を収録したベストで、つまりその時点のファン投票1位曲)
この曲に因んでB’zファンのことをBrotherと呼ぶのが定着しているほどです。
ただ、この曲を特別な曲にしたのは、なんと言ってもMステ出演時のパフォーマンスでした。

東日本大震災から一月もたたない、2011年4月1日、
「ミュージックステーションスペシャル 最強の元気ソングBEST120」
という番組の放送がありました。
未曽有の被害にあった日本に勇気をくれる曲、元気の出る曲を届けよう、という企画で、
3年半ぶりにMステに出演したB’zの演奏が圧巻としか言いようのないものでした。
この時B’zの選んだ曲がこの「Brotherhood」。
仲間との絆をテーマとした曲で、今歌わせて頂けるならこれかなと思い選曲しました、
と稲葉さんが仰ってましたが、まさにこれしかない!というような選曲だったと思います。
B’zの曲の中に「PRAY」という、震災の事を思うとタイトルからしてそのものずばり、
という曲があり(これも大大大好き♪)、この曲を予想していた人が多かったのですが、
振り返ってみれば本当にこれしかない、という選曲だったと思います。
そして、渾身のパフォーマンス。
音楽には力があると思っている私ですが、こんなに圧倒的な力を感じたのは初めてでした。
この日のメンバー全員の渾身のパフォーマンスは、今でもファンの間で語り草になってます。
国外に脱出する外国人が多いなか来日してくれたシェーンとバリー(←B’zのサポメン)、
その姿を確認しただけでも泣きそうだったのに、力いっぱい演奏してくれた2人。
普段コーラスをしない松本さんの、力強い「We’ll be alright」のコーラス。
(この言葉でこんなに泣けるなんて思わなかった・涙)。
そして、少し目を潤ませながらの、思いをぶつけるかのような稲葉さんの絶唱。
元気ソング、なんて生易しいもんじゃありませんでした。
全身全霊、それこそ祈りとも思えるような渾身のパフォーマンスでした。
この曲を届けたい、という彼らの思いが痛いほど伝わってきて、
泣いた、泣けました…!
終わった後、残りの曲の発表も残っていましたが、
そんなランキングのことなんか吹っ飛ぶほど圧倒的でした。
歌い終わった後の、ただただ圧倒されたようなスタジオの空気を私は忘れません。
それまでも大好きな曲でしたが、これ以降、
この曲は私の中で特別な位置を占める曲になりました。
多くのBrotherたちにとってもきっとそうだと思います。
B’zにとって、今やなくてはならない曲。そんな名曲です。

  
  Brother 生きていくだけだよ
  ためらうことなど何もないよ 今更
  どうか教えてほしいんだ
  苦しい時は苦しいって言ってくれていいんだよ
  baby, We’ll be alright, We’ll be alright






ちなみに、この動画はそのMステの音源です。
削除対策のために映像は編集されてますが、その編集がまた素晴らしいです。
あ、この曲も歌詞がすごく良いので、
気になる方は下のリンクからチェックしてみて下さい。


http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=12004

スポンサーサイト
2013.09.08 00:59 | B | トラックバック(-) | コメント(4) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。