ペーパームーン

主に大人になって習い始めたピアノについてのブログです。 その他日常雑記。腐女子のため、たまに内容注意(笑)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
毎週日曜日の朝9時にやっている『題名のない音楽会』。
なんだか固い印象のある番組ですが、一昨日の日曜日はなんとゲーム音楽特集でした!
ネットでも話題になっていて楽しみにしていたのですが、今日やっと録画見れました♪
夏といえばたぶん、冒険に熱中した日々と、それを彩るゲームミュージックの思い出。
と製作側が思ったかどうかは分かりませんが(笑)、ゲーマーだった私は確実にそうです^^;
長い休みを良いことに冒険の旅に熱中していた暑い夏の日々。
そんな思い出の曲たちを久々に聴いてちょっと涙がでそうなほど懐かしかったです~
プログラムは、

  ・スーパーマリオブラザーズより“地上BGM”
  ・「ファイナルファンタジー・シリーズ」より“ファイナルファンタジー”
  ・「ファイナルファンタジーX」より“ザナルカンドにて”
  ・「大乱闘スマッシュブラザーズ X」より“メインテーマ”
  ・「ドラゴンクエストIX」より“序曲”
  ・「ドラゴンクエストIII」より“冒険の旅”・
  ・「ドラゴンクエストIII」より“そして伝説へ・・”



スーパーマリオとスマッシュブラザーズ以外は、
ドラクエとファイナルファンタジーという2大RPGが占めているのはさすが❢
人気があるのはもちろんですが、どちらも名曲ぞろいです。
ドラクエはすぎやまこういちさん、ファイナルファンタジーは植松伸夫さん
という方が手掛けられているのですが、どちらも凄いと思います。
特にすぎやまこういちさんは、同時に3音しか鳴らせなかったファミコン時代に
あの音楽を作ったって本当に凄い(@_@;)!
もともとオーケストラの音で考えて、それを3音でどう表現しようかと苦心されたそうで、
考え方がもう根本的に違ったんだと思いました
この方がいなければゲーム音楽というジャンルは確立しなかった、
今聴いても胸が熱くなるドラクエの音楽はなかったと思うと、
この方がドラクエに関わって下さって本当に良かったと思います(>_<)!

ゲーム音楽というと軽く見られがちですが、
こうして久々に聴いてみて思うのは、ゲームと言えど名曲はやっぱり名曲だということ。
ドラクエからフィールド音楽の’冒険の旅‘とエンディング曲の‘そして伝説へ‘
を動画UPしておきますのでぜひ聴いてみて下さい♪
しかし、’冒険の旅‘はフィールドを歩く度にかかっていた曲なので、
本当に頭に刷り込まれるほど聴きました(笑)。






スポンサーサイト
タイトルが、師匠EDの時のテンションとは大違いですが(笑)。
『三国恋戦記』の子龍EDクリアしました!

師匠の時ほど萌えなかったのは、切なさが足りなかったからか。
師匠は切なさMAXでしたからね~。
いやでも、子龍くんルートはとにかく楽しかった
なんて言うか、青い春と書いて青春?みたいな(笑)
とても真面目なのにいろいろお約束をやってくれちゃう子龍くんがかわいいです。
敵に捕らわれた主人公を単身助けに来てくれたのはとてもカッコよかったですが、
その後、今どきお風呂でばったりがあるとは(爆笑)!
お風呂っていうか水浴びでしたが、お約束すぎだろ!と突っ込まずにはいられなかった(笑)。
そのあと花ちゃんにさっきのことを聞かれて、
すごい音がするほど樹に頭をぶつけて動揺しまくる姿がかわいすぎる…
そんな純情な彼ですが、思い込んだら一直線、
ラストは告白すっとばしていきなりプロポーズにいってくれました(笑)
そして、最後の最後はキスで大団円…はいいのですが!
肝心な部分が子龍くんの槍に邪魔されて見えない
ちょ、槍!槍邪魔!なにしてくれてんの~!とまた思い切り突っ込みました(;一_一)
ああ、全年齢対象だから、と腑に落ちたのは後から(苦笑)。
思えば師匠なんかデコチューでしたからね~
後半の、その師匠と子龍くんと花ちゃんの3人のやりとりのところ、
師匠ルートを見てからだと師匠の想いを知ってるだけに切ない~(T_T)
師匠に9年越しの想いをあきらめさせるんだから、
これで花ちゃん幸せにしなかったら許さないです(笑)。


すみません、ゲームの話です(笑)。
mixiのアプリで『myRoom』というのがあるのですが、
最近これにとてもハマってます。
自分の部屋をつくっていく、つまり、
好きな部屋を借り、バイトをしてお金を貯め、好きな家具を買い、
それを部屋の好きなところに配置して部屋をコーディネイトしていく、
それだけのゲームなのですが、これがとても楽しい
グラフィックが綺麗でかなりリアル、自由度も高くとても良くできたゲームです。
そこらのチャチなゲームとはちょっとわけが違いますよ?
配置を考えてあれこれ動かしているとホントに模様替えしている気分です♪
どういう配置にしようか考えるのが楽しすぎ(笑)。
毎日あれこれいじっているのですが、
そこのラインナップにグランドピアノが登場したので即購入!しました
グランドピアノのある広い私室、夢ですね~
グランドピアノと大きな本棚のある部屋になっていて、モロ私の理想の部屋です
リアルでも、電子ピアノじゃなくグランドピアノで練習出来たらなぁ
とにかく、理想の部屋をつくれるこのアプリ、おススメです
mixiやってる方はぜひこのアプリやって見て下さい!
ちなみに、下の画像が『myRoom』の私の部屋です。
ちょこっとだけご紹介♪
room_big.jpg

最近ハマっているパソコンゲーム『三国恋戦記』。
ノーマルEDに続いて、孔明EDクリアしました!

師匠~~(涙)!!涙で曇って画面が良く見えません!
師匠ルートはとにかく切ない……(T_T)
なにが切ないって、とにかく花ちゃんの幸せだけを考えて気持ちに蓋をする師匠がもうっ!
だって9年超しの片思いですよ?!
最初っから花ちゃん寄りで、飄々としててふらっといなくなることが多いのに
花ちゃんが迷った時には必ず現れて、正しい道へ導いてくれる。
いったいどうゆう人?とか思っていたら。
実は花ちゃんが過去に飛ばされた時に出会っていた少年が孔明だったんですねー。
光とともに消えた花ちゃんをその時から思っていて、
花ちゃんが尊敬して頼りにしていると話していた師匠(つまり自分だった訳ですが)
を目指してがむしゃらに勉強して。
諦めかけてたところにやっと再会出来たというのに、
元の世界に戻るのが花ちゃんの幸せなんだと思い込んで、
花ちゃんの意思も確認せずに勝手に帰そうとするんですよ、この人。
不思議な本によって花ちゃんは元の世界に帰れるわけなのですが、
勝手に本を開かれた時には、もうもうどうしようかと
切ないの大好物なので、EDに入るあたりの流れにはやられました(>_<)
本を開き、気持ちを押し殺しつつ帰りなと、この世界に君はいらないと言う孔明と、
その言葉にショックを受けつつもやっぱり傍にいたいと願う花ちゃん。
花ちゃんが残ったと知った時の茫然とした師匠の顔がとても印象的でした。
残った花ちゃんを見て「どうして……」ってつぶやいてたけど、
どうしてじゃないわー!!と突っ込んだ人はとても多かったと思う(;一_一)
どこかのサイト様の花ちゃんの台詞じゃないですが、
ものすごく頭いいくせにときどきものすごくバカです、師匠。
必至に気持ちを言いつのって「…だから、師匠の傍に!」
と言った花ちゃんはとても健気でした~。
とにかくハラハラしましたが、ハッピーエンドで良かったです
しかし、この孔明ルートだけでとても楽しませてもらいましたね~
デイジー×デイジーさんGJ
さ、次は子龍かな!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。